スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014年5月4日~5月6日 南アルプス鳳凰三山 地蔵岳と温泉と旨いもので黄金な3日間

南アルプス鳳凰三山 地蔵岳のオベリスク

IMG_1195.jpg

ゴールデンウィークは上高地から入山し、徳本峠をベースに残雪の霞沢岳に登る計画だった。

そのために交通手段の切符も押さえていたし、小屋も予約していた。

しかし北アルプス方面の天気予報は5月4日の夜から5日にかけては天気が崩れるという。

なにしろこちらのメンバーには気象予報士が1名とそのタマゴが1名いるから、その予報の精度には更に磨きがかかる。

出発日が近づくにつれて、その予報はほぼ間違いなくなってきたし、しかも出発の前日に飛騨を震源とする地震が頻発。

北アルプスでは、雪崩や岩崩れがどこで起きても不思議ではないような状態だった。

悪天候に加えて地震の心配をしながらの頂上アタックは危険と判断し、急きょ山域を変更することになった。

そして色々な候補の中から南アルプスの鳳凰三山に決定。

なかなか踏ん切りがつかなかったけれど、上高地へと向かう全ての切符をキャンセル。

急な変更だったから電車の切符も取れないだろう。

ということでアプローチは車で。

青木鉱泉まで入って5月4日の天気が良いうちに鳳凰小屋まで登り、翌日は早出して三山の頂上を回って中道で戻るということになった。

結局、中道はまだ雪が深くて歩けなかったので、三山のうちの地蔵岳をピストンし、下山後は旨いものと温泉を満喫してきた。

計画が目まぐるしく変わる、エキサイティングで黄金に輝くゴールデンウィークとなった。


■5月4日

早朝5時30分に新宿駅に集合。

メンバーの1人、体育会系気象予報士のネコさんの車(通称ネコバス)に乗り込んで中央高速へ。

あああ~、マジかぁ・・・

すでに数Kmのノロノロ渋滞が始まっていた。

ゴールデンウィークって凄まじい。

しかし、大月を過ぎたあたりからスイスイとなり、韮崎I.Cで降りて青木鉱泉へ。


駐車料金を支払ったら出発。

まずは桜の咲いているなだらかな道を行く。

P1060711.jpg

遠くに目指す残雪の稜線が見える。

ずいぶん遠いぜ・・・

そして、この先には壁のような急登が待ち構えていることも知っている。

このドンドコ沢ルートは2年前にも歩いた。

大小、たくさんの滝を見ることができる。

P1060714.jpg

こちらが今回もオレのようなオジサンに付き合ってくれる良き若者たち。

P1060723.jpg

穂高の名を冠したミホさん、体育会系気象予報士のネコさん、もうすぐ気象予報士のアユミちゃん。

昨年末に金峰山に登った時のメンバーだ。

後ろに見えるのは白糸の滝。


ミツバツツジの咲く登り。

10272512_10152215584738768_231987887622567184_o.jpg

そして急登・・・キツイ。

10275448_10152215586878768_7523542962387943219_o.jpg

でも登らなければ高いところには行けない。

後からミホさんのFBで分かったことだけど、この日は標高1150mの青木鉱泉から2760mの山頂まで、実に標高差1610mを登った。

三大急登のブナ立尾根が標高差1550m。

それを上回る登りで、しかも大きな滝が次々に現れるという直登の道。

樹林帯の中を登って登って登って登る修行の道だ。


そのうち登山道は雪に覆われ始める。

P1060727.jpg

そんな樹林帯から富士山が見えるポイントに出た。

P1060736.jpg

修行のような登りの中の一服の清涼剤・・・って感じだった。


この日、我々は少し急いでいた。

なぜなら、翌日にはほぼ確実に天気が崩れることがわかっていたからだ。

そのために北アルプスよりもアクセス、天候とも少しは良い条件の南アルプスに変更したのだ。

そして鳳凰小屋に到着する時間次第で、できるならば一日目に頂上に立ってしまおうということになった。

だから所々で滝が見えるポイントがあるのだけれど、滝を見ている余裕がなかった。


樹林帯の中、雪と岩の急登が続く。

標高2300m付近で少し視界が開け、正面に地蔵岳の山頂にあるオベリスクが見えた。
(一番高いトンガリがオベリスク)

P1060747.jpg

それにしても遠いじゃないか・・・・

あそこまで行けるのだろうか?

3時までに鳳凰小屋に着き、小屋のご主人の了承を得てから最小限の荷物で山頂を目指し、遅くとも5時までには小屋に入る。
そんな予定だった。
もちろん小屋のご主人にダメと言われなければのハナシ。

とにかく登る。

P1060750.jpg

黙々と登る。

登らなければ小屋には着かない。

着かないと1人だけ雪の上でツェルトにくるまって眠ることになる。

だから登る。

ツェルトは快適じゃないし、それなりの準備はあるけどきっと寒い。


登って登って登って、やっと小屋に到着した。

3時過ぎ。

ここから頂上までコースタイムだと登り80分、下り50分。

ということは2時間以上かかるから小屋に戻れるのは5時を過ぎることになる。
本来の登山では行動すべき時間ではない。

小屋の前では、小屋の常連さんらしきオジサンと小屋のご主人が話しをしていた。

疲れてはいたが、登る自信はあった。

以前の経験で登りは1時間で行けると思った。

下りは雪道だから40分で行けるだろう。

このヘタレなオジサンが登れるならば、ウチのメンバーは問題なく登れる。

まあどちらにしても、小屋のご主人にお伺いをたてる予定だった。

ところが、なんとご主人の方から「明日は天気が良くないから、きょうのうちに頂上まで行けるなら行って来い」と言ってくれるではないか。

ただし5時半までに戻れということだった。
夕飯も5時半まで待ってくれるという。


これ幸いと速攻で4人とも準備開始。

サブザックに必要な物だけを詰めたり、アイゼンを装着したりして出発した。


小屋から先は樹木がなくなってくる。

そして勾配はキツくなり、厳しい登りを強いられる。

P1060753.jpg

このあたりは夏だと砂礫の登りで、雪と同じように登りにくい急斜面だ。

ううぅぅぅぅ・・・・苦しい~。


でも登山って不思議なものだ。

朝から急な雪の斜面を登り続けている。

だから身体はキツイ。

しかし、あと少し頑張ればすごい景色を見ることができるとなると不思議と力が湧いてくるのだ。

明日は天気が悪くなることがわかっているから、きょう登らなければ山頂からの景色を見ることができないこともわかっている。

そして登った先には「オレのカイコマ」(俺の大好きな甲斐駒ヶ岳)の雄々しき金字塔が見えるはずだ。

だから登る。

すごい景色とカイコマに会わなければならない。

夕方だが、気温がそれほど下がっていないので、踏み込んだ雪は崩れて登りづらい。

オベリスクが近づいてきた。

P1060754.jpg

あと少し。

若い衆はずっと先を登っている。
オジサンも頑張る。

う~~~
キツイぜ~~~

それでもついにキタ~!

カイコマ!(甲斐駒ヶ岳)

P1060756.jpg

山頂直下の賽の河原。

P1060761.jpg

上空には幻日。

10349133_10152215590318768_7520876453436323711_n.jpg

地蔵岳の真の山頂は要するにオベリスクのテッペンだ。

オベリスク

P1060760.jpg

北岳方面の景色を見るために賽の河原からさらに観音岳方面に向かって赤抜沢ノ頭まで登る。

そして北岳と間ノ岳の標高日本2位3位のそろい踏み。

P1060774.jpg

雲が垂れこめて山頂は隠れていたけれど、少し待っていたら山頂が見えた。

間ノ岳はいままで本邦4位の標高とされていたのだけれど、今年の国土地理院の調査で3位の奥穂高岳と同じ標高だと発表があったばかり。

圧巻のそろい踏みと言えるだろう。

しかし、穂高を愛してやまないミホさんは、3位は奥穂高岳だけで、間ノ岳は4位であると言い張ってきかない。

現代科学の粋を集めた世界最高水準の測量技術は完全に無視。

それにしても素晴らしい景色だった。

連なる南アルプスの山々にしばし見とれていた。

そして暮れゆく空には幻日。

P1060779.jpg

なんも言えねぇ・・・


そんなわけで、ここからの景色は動画で見てね。



暗くなるまで、ずっと眺めていたいような景色だった。

しかし、我々は5時半までに戻らなければならない。


取り急ぎ賽の河原まで戻って記念撮影。

P1060786.jpg

そしたら一気に小屋まで下る。

雪は凍っていないから雲の上を歩いているように下れる。

しかもグリセードもどき&シリセードを使って早い早い。

なんとか5時半に小屋に着いた。

荷物を運び、寝床を作ったらすぐに夕食。

カレー

P1060790.jpg

これが旨かった。

もちろん、ビールで乾杯も。

ご飯を食べたら宴会だ。

ワインを買おうと思ったら、な・な・なんと!

まだ上げていないから無いよだって。

ガ~ン!

以前、この山小屋に泊まった時にはワインをしこたま買って飲んだし、実は予約した時に確認したらワインはあるって聞いていたのだけど・・・

まあ小屋に直接ではなかったし、電話を受けてくれたのは、おばあちゃんだったから仕方ないね。

そんなわけで、ビールでプチ宴会。

8時には疲れて横になり、3秒後には眠りに落ちた。


■5月5日

朝4時には目がさめた。

やはり天気は曇り。

もちろん景色は見えないだろう。

昨日のうちに頂上まで登って正解だった。

5時半に朝食を食べて、準備ができたら出発。

中道の雪が深くて通れないということだったので、観音岳と薬師岳には登らずに登ってきた道を青木鉱泉まで下る。


気温2℃。

P1060796.jpg


小屋の前で記念撮影したら下山開始。

P1060792.jpg

登りの際に見れなかった大きな滝を見ながら。

五色の滝

P1060803.jpg

南精進ヶ滝

P1060810.jpg

などなど。

5月5日だから、鯉が昇っているのが見えた(ら面白いね)。

下るにつれてツツジもたくさん咲いていた。

P1060814.jpg

そしてまた下って下って

青木鉱泉手前の新緑。

P1060817.jpg

山にも遅い春。

昼前には青木鉱泉に下山した。


お腹も空いていたから、ここで鉱泉に入っても良かったが、ネットで色々調べたところ、韮崎の白山温泉っていうのが良いらしい。

行ってみた。

良かった。

そして隣接する「そば処 上小路」っていう店がまたGood!

そば、天ぷら・・・味・量・価格の3拍子そろったイチロー的な店だった。

10295515_10152215600523768_6823723475317558452_o.jpg

さて、お腹がいっぱいになったところで、これからについて会議。

このまま高速道路の渋滞の中を東京に帰るか、それともどこかにもう一泊するのか。

後者になった。

そもそも皆さん霞沢岳に登るため、5月6日まで休暇をとっている。

だから、石和温泉の観光協会に電話で問合せ。

できれば美味しい地元の居酒屋で飲みたいということで、素泊まりできる宿を探してもらった。

「みなもと旅館」という良い宿を紹介してくれた。

「本当は夕飯も召し上がっていただきたいんですがねぇ・・・」という女将だったけど、それでもとても親切で、ワイン風呂もあって、高級じゃないけど小奇麗な宿だった。

居酒屋はネットで色々調べて(オレ以外の皆さんが)、ぷらぷら宿から歩いて石和温泉駅前の「鳥勢」という店に行った。

ここがまた良かった。

「あんたら見かけない顔だな」的な店。

大将にも本当にそう言われた。

しかし、すぐ仲良しになれる。

馬刺しが旨いから「旨い、旨い」と食べていたら、大将がデカイ馬刺しの元を持ってきて、他店の馬刺しとは何が違うのか、どう違うのかプレゼンテーションが始まった。

しかし何がどう違うのかは忘れた。

10286849_10152215601498768_7374029707692436885_o.jpg

もちろん「鳥勢」ってくらいだから鳥も美味しいし、他の料理も美味しい。

追加で注文した馬刺しは、初めに注文したものの倍くらい盛ってあった。

帰る頃には楽しい大将と超仲良しになって、外で記念撮影もして、最高の気分で宿に帰った。


■5月6日


朝早く石和温泉を出発。

高速道路が空いているうちに東京に帰った。

山と温泉と旨いものを堪能し、初めにも書いた通り、黄金に輝くメチャ楽しいゴールデンウィークだった。

毎度のことだけど、同行のメンバーに心から御礼申し上げます。

山はいい。

馬刺しもね。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

うちのは他と全然違うんだよ・・・ってか。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

辻本孝良

Author:辻本孝良
東京都中央区で会社経営してますがビジネス関係の記事はほぼありません。
山とか酒とかB級グルメとか阪神タイガースとかの、どうにもならないような記事ばっかりです。

50歳を過ぎているというのに志の低いブログでごめんなさい。

会社のサイトは 

http://www.e-crossroad.jp

Facebookは  

facebook.com/takayoshi.tsujimoto

Twitterは  

http://twitter.com/t_tsujimoto

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。