2014年4 月13日 谷川岳 (天神平より天神尾根で一ノ倉沢上部ノゾキまで・単独)

トマの耳からのパノラマ

中央がオキの耳

IMG_0989.jpg

山頂

P1060694.jpg



車を駐車場に停めて谷川岳ロープウェイに一緒に乗り込んだのは自分の他に 3人の登山パーティーのみ。

しかし、後続には8人くらいのB.Cスキーヤーもいるし、決して登山者が少ないわけではない。


天気はまずまず。

残雪の森を上空から眺めながら高度を上げていく。

一応は登山をかじっている身として、積雪が無い季節ならば西黒尾根とか巌剛新道で登るべきところだが、この歳になると積雪期はちょっとインチキだけどロープウェイを使うことを許してもらいたい。

山頂駅の中で雪山用ブーツの紐を締め上げ、スパッツを着ける。

さらに外に出て雪の上でアイゼンを装着。

まずはダブルストックでスキーゲレンデの右端を天神尾根から派生する田尻尾根に向かって登る。

P1060636.jpg

谷川岳の双耳、オキとトマがはっきりと見える。


田尻尾根は越して一旦鞍部に下り、そこから今度は天神尾根に出るために登る。

朝のウォーミングアップにしてはキツイ。

右手には白毛門と朝日岳が大きい。

P1060637.jpg


谷川岳も全容を現す。

P1060638.jpg


地形図上で1441mの小ピークの先で、その昔、雪洞を掘って泊まったあたりを通過する。

その頃の、若き頃の体力が懐かしい。

谷川岳にはB.Cスキーでも、登山でも、積雪期に何度も登っている。

自分には、ここは雪山入門みたいな山だ。

それでも、また何度も来てしまうのは、やはり天気が良ければ見ることができる山岳風景のためだろう。

この天気ならば、今日はきっと素晴らしい眺望を見ることができるに違いない。

そう思うと登る気力も湧いてくる。


朝なので雪は、やや締まっていて、それほど消耗はしなかったが、下って来る頃には気温も上がってザラメ状になっていることだろう。


その先の熊穴沢の避難小屋は完全に雪に埋もれていた。

谷川岳がいかに豪雪地帯にあるかがわかる。

一箇所だけ岩とクサリが露出していて慎重にこなす。


やがて樹木がなくなって、広大な斜面に出る。

P1060641.jpg


気温は高めで、シャツ1枚で登っていた。

肩の小屋まで登ると苗場山方面の山々もスッキリと見えた。

P1060643.jpg


このあたりは霧が出ていると非常に迷いやすいのだが、きょうは全く問題なし。

ただ、東側にクラックがあるので、ガスっている時は要注意だ。

振り返って見た写真

P1060646.jpg


南側の山頂、トマの耳に到着。

P1060647.jpg


これから向かうオキの耳と一ノ倉岳、茂倉岳方面のパノラマ

IMG_0988.jpg


東側には白毛門と朝日岳、その遥か先には尾瀬の至仏山、東北で一番高い山である燧ヶ岳、日光白根山に上州武尊山。

その反対は万太郎山から仙ノ倉山、平標山へと続く谷川連峰がよく見える。

素晴らしい景色だった。


風が出てきたのでアウタージャケットを着て、行動食を少し食べて先に進む。

オキの耳に到着

P1060660.jpg


トマの耳を振り返る

P1060663.jpg


風はあったが寒くはない。

ここでおにぎりを2個食べた。

P1060667.jpg


こんな山岳風景を眺めながら食べるおにぎりは、なんだってどうだって旨い。

白毛門も上州武尊山も大きく見える。

実は、谷川岳と上州武尊山のどちらに登るか迷っていたのだが、まあどちらにしても素晴らしい雪山山行になっただろう。


さて、ほとんどの登山者は、このオキの耳で天神平に戻る。

しかし、スキーを担いだB.Cスキーヤー達は芝倉沢を滑るために一ノ倉岳に向かう。

オレも若いころよく滑ったよなぁ・・・

少し歩き足りなかったし、時間も早かったので一ノ倉岳の手前、通称「ノゾキ」まで行くことにした。


東側には雪庇が張り出している。

P1060673.jpg


誤って踏み抜けば300m~800m落ちる。

西側ならば落ちてもピッケルで止まりそうだ。

P1060674.jpg


前方に一ノ倉岳と茂倉岳が大きく見えてくる。


P1060675.jpg


ノゾキの手前

P1060678.jpg


さて、いざ一ノ倉沢の上に来たけれど、雪庇が張り出しているから俯瞰するために覗くわけにもいかない。

間違いなく下に岩がある部分で一生懸命に手を伸ばして撮った写真がこれ。

P1060681.jpg


一ノ倉沢の高さがわかるだろうか・・・

振り返ればオキの耳。

P1060689.jpg


素晴らしい山岳風景を楽しむことができた。


その景色がこれ

360°のパノラマでどーぞ!





景色を堪能したら来たルートを戻る。

オキ、トマに再び立ち、天神平まで一気に下る。

P1060698.jpg


グリセードもシリセードも、なかなか有効だった。


天神平まで戻ると、一般の観光客がたくさんいた。

ここでさえ、谷川岳や白毛門の絶景を楽しむことができる。

ロープウェイ山頂駅で長靴を無料で貸してくれるから、子どもたちがそれを履いて雪だるまを作って遊んでいた。

アイゼンをはずしていると、おばちゃんに話しかけられた。

どこに行ってきたのか?

どれくらいの時間がかかるのか?

といったことだった。


ロープウェイで駐車場まで戻り、高速道路が混む前に帰ろうと思った。

温泉には寄らずに水上インターチェンジに急ぐ。

しかし、予想に反して渋滞はなさそうだったので、某S.Aに寄る。

お腹が空いていたからラーメンを食べた。

美味しくなかった。

だから、まる天のタコ棒も食べた。

締めにワッフルとコーヒーを買ってから出発した。

しかし、その間に渋滞が始まってしまい、25km+7km巻き込まれた。

ワッフルとコーヒーと、サザンの「海のYeah!!」があって良かった。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

辻本孝良

Author:辻本孝良
東京都中央区で会社経営してますがビジネス関係の記事はほぼありません。
山とか酒とかB級グルメとか阪神タイガースとかの、どうにもならないような記事ばっかりです。

50歳を過ぎているというのに志の低いブログでごめんなさい。

会社のサイトは 

http://www.e-crossroad.jp

Facebookは  

facebook.com/takayoshi.tsujimoto

Twitterは  

http://twitter.com/t_tsujimoto

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク