スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神宮前 和食の名店「樋口」の蕎麦

樋口の蕎麦

o0369027711221994635.jpg


正統派日本料理の素晴らしさ、滋味深さを堪能できる。

そして締めの蕎麦は、本格的な専門店を超える美味しさだ。


---------------------------------------------

ミシュランのガイドブックがレストランを選ぶ際の、ある程度の指標になることは否定しない。

味覚がお子ちゃまな人たちが気軽に書き込んでいる「食べログ」とか「ぐるなび」よりはずっとマシだ。

しかしミシュランの日本版が出版されて以来、好きな店の予約が取れにくくなってしまった。

荒木町の 車力門 ちゃわんぶ
神楽坂の 虎白
丸の内の モナリザ
湯島の くろぎ などがそうだ。

極め付けは銀座の焼き鳥「バードランド」

昔はぷらっと行けば、ちょろちょろっと、そこそこ美味しい焼鳥を食えた(「食べられた」ではなく「食えた」)のに、いまではネットや電話で予約を入れなければならない店になってしまった。

しかも満席です、って言われることも多い…

ちっ、ミシュランめ!

みんな、ミシュランからオファーがあったら断ってくれー!
というわけにもいかないだろう。

星の獲得は売上と利益に直結だ。

まあ、和食の王者「京味」のように三つ星を断る店も中にはあるが、それは名店中の名店だからこそだ。

常連さんがたくさんいるし、基本的には一見さんお断りだし、その常連は政財界の大物だったりするから迷惑をかけたくないっていうことなんだろう。


そんなミシュランの一つ星をキープしている神宮前の「樋口」は、京料理を踏襲しながらも関東の和食を織り交ぜ、繊細な味を楽しめる佳い店だ。

そもそも、4万円5万円といった大金を払えば美味しいものが食べられるなんて当たり前なんだよ。

先に書いた「京味」なんて、普通で4万円、松茸とか、蟹とか、鱧の季節に調子くれて食べていると、高級クラブ並みの価格になる。

大金握りしめてカンテサンスやらロオジェやら、鮨ならかねさかやらすきやばし次郎かなんかに行けば最高のおもてなしで、超絶美味しい高級食材の料理にありつける。

それって当たり前のハナシだ。


しかし「樋口」は、そこそこ酒を飲んでも1人2万円程度。

料理の質の高さからすればとても適正な価格、というより安いくらいの店だ。

(2万円が安いってことじゃないくて、費用対効果のハナシね)


先日、その「樋口」を再訪問。

もちまわりの幹事を務めた経営者の会に使用した。

もちろん季節の素材を活かした素晴らしい和食を堪能。

1403010002.jpg
1403010003.jpg
1403010004.jpg

そして、冒頭に書いた通り締めの蕎麦が実に素晴らしかった。

前回この蕎麦を食べて以来、ずっと食べたいと思っていたから尚更だ。

こちらが蕎麦の専門店だったとしても大成功したことは間違いない。

さらにデザートに食べたくずきりも猛烈に美味しかった。


あんまり教えない方がいいのかもしれないけど、VIPの接待にも、記念日なんかにも、オススメの店だ。

ということで、結局はミシュランの片棒を担いでしまった・・・

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ:日本料理・寿し・割烹料理 - ジャンル:グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

辻本孝良

Author:辻本孝良
東京都中央区で会社経営してますがビジネス関係の記事はほぼありません。
山とか酒とかB級グルメとか阪神タイガースとかの、どうにもならないような記事ばっかりです。

50歳を過ぎているというのに志の低いブログでごめんなさい。

会社のサイトは 

http://www.e-crossroad.jp

Facebookは  

facebook.com/takayoshi.tsujimoto

Twitterは  

http://twitter.com/t_tsujimoto

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。