スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西新宿つけ麺バトル「ほりうち」と「満来」

「らぁめん ほりうち」 の ざるらぁめん

14010800056.jpg


つけ麺が好きだ。

そして自分の中で、つけ麺の最高峰は西新宿の「満来」である・・・ということは何度も書いた。

これはもう二十数年来揺るがない。

昨今の凝りすぎて何だかわけのわからない節・ぶし・ブシ・スープではない、正統の鶏ガラベース清湯醤油スープ。

それなのに味わい深く、麺とベストマッチな「ざるらぁめん」は、シンプルであることこそ王道という老舗のプライドを感じる。


一時期、満来が営業していなかった時期があった。

その時期は毎日、悲しみにくれ、復活した時には歓喜の涙を流したものだ。



きょう西新宿のお客様に新年のご挨拶を済ませたのが午後2時少し前。

昼ごはんはまだ食べていない。


車はオークタワー地下駐車場に駐めているが、そこから歩いて行ける店・・・

つけ麺の王者「満来」か、それとも先日はじめて食べた驚くべき塩ラーメンの「麺屋 翔」か?


やはり満来だ。



2時少し過ぎに到着。

うーん、やはり行列・・・

まあ10人程度だからそれほどは待たないだろう。


しかし、入店しようとしたその時だ!

ラーメンの妖精の呟く声が聞こえた。

「近くに ほりうち もあるよ~」


そうだ、忘れていた。

ほりうちは、数年前、まだ満来が休業してた頃に食べて以来、ずっと食べていない。

そして、いつか満来vsほりうちで、食べ比べてみなければならないと自分に課していたのだった。

きょうがその日だ!


ほりうちは満来の番頭さんたちが満来の味を再現した店だ。

その経緯についてはググればわかる。

ここ にも書いた。

(この記事の最後にもリンク貼ります)

さて「満来」から徒歩10秒で「ほりうち」へ。

3軒くらい隣のビル1階。

行列なし。

すぐに着席。

写真の「ざるらぁめん」850円。



うーん、何が違うのだろうか・・・

見た目は同じっぽい。

しかし美味しいけれどメリハリがないような・・・

アッサリし過ぎている気がする。

酸味も少し強すぎか?

麺が少し柔らかすぎる・・・

というわけで、とても美味しいが軍配は「満来」に。

あ、ほりうちも充分美味しいから誤解しちゃダメだよ。


スープに、かえしに、そして麺に老舗のプライドが注入されているのかもしれないな。


満来とほりうちについては → ここ でチェック

六厘舎で満来を思うは → ここ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

辻本孝良

Author:辻本孝良
東京都中央区で会社経営してますがビジネス関係の記事はほぼありません。
山とか酒とかB級グルメとか阪神タイガースとかの、どうにもならないような記事ばっかりです。

50歳を過ぎているというのに志の低いブログでごめんなさい。

会社のサイトは 

http://www.e-crossroad.jp

Facebookは  

facebook.com/takayoshi.tsujimoto

Twitterは  

http://twitter.com/t_tsujimoto

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。