ヤフーはマイクロソフトに買収されるのだろうか?

毎日毎日、たくさんのニュースが次々に発生する。
「ギョーザ」「雪山での遭難」「スキー場の雪崩」「道路特定財源」「株安」…他にも犯罪、スポーツ、芸能など、現代はニュースの洪水の中で生きているようだ。
今、その中でも非常に気になるニュースが「マイクロソフトがヤフーを買収するかも!」というニュース。

ネットに溢れるニュースや情報を整理し、検索可能にするのが「検索エンジン」だ。
ヤフーはこの分野で日本で高いシェアを持っている。弊社も「複合機 リース」というキーワードでヤフーから高い評価をいただいている。当然それなりに秘密の対策をしているからだ。また「パーテーション 工事」などでも比較的良い評価だ。
しかし、これが世界のシェアではグーグルが1位。日本でもヤフーを猛追している。
もちろんグーグルでも弊社のサイトは検索できる。それなりの対策もしている。だが、ヤフーよりは弱い部分がある。
だからといってヤフーを応援するということではなく、今回の買収で検索エンジンの高度化がますます進むのであれば、少なからずネットでビジネスをしている者なら歓迎できることだろう。

なにしろ今回の買収金額が4兆円超だって…小国の国家予算より多いのでは?
マイクロソフトは「ウェブ進化論」の著者である梅田望夫さんが言うところの「ネットのこちら側」では圧倒的に強かったが「ネットのあちら側」ではヤフーやグーグルに大きく差をあけられている。そこでヤフー買収によってグーグルを追撃するということだ。
この買収金額は天文学的な金額でピンとこないが、ヤフーはどうするのだろう?今までどちらかといえばアンチMSというスタンスだったはずだ。
そしてグーグルはMS批判とヤフー支援を表明している。
会社同士の買収に対して、他の企業が公式な声明を発表するのも異例ですよね~

で、グーグルが言っているのは、MSとヤフーが合体すれば、インターネットの根底的な原理である開放性と革新性を脅かし、e-mailアカウントの部分でアンフェアなほど圧倒的なシェアを握ってしまうということ。
今後の動向が気になる。

まあ、両社ともユーザーにとって有益なサイトでなければ上位に表示できないように工夫しているのだから、われわれが目指すのは「ユーザーが欲しい情報を提供する」という単純なことだけなんですけどね。

それにしてもグーグルって凄い。
ビル・ゲイツを過去の人にしてしまったのかも…

テーマ:ビジネス - ジャンル:ビジネス

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

辻本孝良

Author:辻本孝良
東京都中央区で会社経営してますがビジネス関係の記事はほぼありません。
山とか酒とかB級グルメとか阪神タイガースとかの、どうにもならないような記事ばっかりです。

50歳を過ぎているというのに志の低いブログでごめんなさい。

会社のサイトは 

http://www.e-crossroad.jp

Facebookは  

facebook.com/takayoshi.tsujimoto

Twitterは  

http://twitter.com/t_tsujimoto

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク