鉄人の涙に涙した日 ― ありがとう金本!

虎ノ門の客先を出てiPhoneを見ると、猛虎会メンバーのY君からメールが来ていた。

Sp20120912014201.jpg


件名に「アニキ引退!」と書かれている。

は?金本が引退?
嘘だろ・・・

本文にコピペされているURLにアクセスすると

「阪神の金本が今季限りで引退表明―午後から記者会見」

という記事。

ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!

車に戻って情報収集する。
どうやら本当のことらしい。

胸が締め付けられるし、なんだか泣ける。

あの日もそうだった。

2010年4月18日、金本のフルイニング出場が止まった日も・・・


どうも仕事が手に付きそうもない。
しかし、次の仕事に向かわねばならない。

その前にクロスロード猛虎会のメンバー(パーティション屋さん、保険屋さん・・・その他)と連絡を取り合い、神宮球場で行われる東京最終戦のチケットをゲットしようと話し合う。
とりあえずチケットとりはメンバーに任せて、次の仕事に向かう。(というかどうやってとるか知らない・・・)

ところがタイガース戦のサイトにアクセスできないというメールが次々に入る。
金本特需だ。

諦めかけた時、こうなりゃ10月5日の最終戦、甲子園球場に行こう!ってことになり、運良くチケットが取れたという報告メールが来た。

よーし、やった!

金本の現役最後の日を、しかと見届ける!
そして「ありがとう!」と、どうしても伝えるのだ。


夕方までに、やらねばならない仕事を全て終わらせ、その後は記者会見をチェック。

--引退を決意した今の率直な気持ちは
 
「うーん。ホッとした一面もあるし、悔いもありますし、寂しい気持ちもあります。いろんな気持ちが混ざっているが、ホッとしたのがかなり占めている」

--悔い、とは

「悔いは悔いといってもいろんな悔いがある。若いときにもっとバットを振っておけばよかったとか、もっともっと自分を鍛えたり、練習したりしておけば、もっともっといい数字が残ったのではという悔い。やっぱり、肩をけがしてから全盛期のプレーをめざしてやってきたが、数字的にできていなくて、悔いがあった。多少は来年もチャレンジしたいという悔いもある」

アスリートの多く、いやほとんどが、引退の記者会見では表現の差はあれ「全力を出し切ったので悔いはない」と言う。

しかし、あれだけストイックに自身を鍛えてきた男が、もっと練習し、もっと鍛えておけば良かった・・・
だから悔いがある、とは!


きょうは夜のニュースで記者会見を何度も見た。
そして金本の涙を見ては泣いた


同じように「悔いがある」と記者会見で言った男がいた。

野茂英雄だ

この二人に共通しているのはボロボロになっても持ち続けたプロフェッショナルな、本物の「負けじ魂」だったような気がしてならない。

フルイニング出場が止まった日、横浜にいた時の記事は→ ここ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ:阪神タイガース - ジャンル:スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

辻本孝良

Author:辻本孝良
東京都中央区で会社経営してますがビジネス関係の記事はほぼありません。
山とか酒とかB級グルメとか阪神タイガースとかの、どうにもならないような記事ばっかりです。

50歳を過ぎているというのに志の低いブログでごめんなさい。

会社のサイトは 

http://www.e-crossroad.jp

Facebookは  

facebook.com/takayoshi.tsujimoto

Twitterは  

http://twitter.com/t_tsujimoto

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク