大晦日 塔ノ岳 (単独)

年末年始のまとまった休みには、できれば山小屋に泊まったり、停滞したりしながら雪山を楽しみたい。しかし、娘に言われた。カウントダウンは家族そろってするべきだと。どっちが親だかわからない。
まあ娘にモテていられるのもあとわずかだろうから仕方ないか。
で、大晦日に日帰りで丹沢の塔ノ岳へ。5月以来だ。
今回は大倉から大倉尾根をやる。通称「バカ尾根」といわれる1200mの標高差を登って登って登り続けるルートだ。
これがきつい。オーバーユースのために登山道が整備され、階段や木道が多い。そのために歩幅を合わせることに苦労する。
11時 山頂着。
寒い。マイナス10℃。三脚にデジカメをセットし、セルフタイマーにするためにグローブを外すと、手がかじかんでうまくセットできない。だからと言ってグローブのままでもうまくできない。デジカメのボタンは小さすぎる。
しかし、なんとか撮影
tounodake

小雪がチラホラ舞い始めた。でも、降り続くような雪ではないようだ。
富士山の絶景は見えない。麓が少し見える程度。
大山方面と、相模湾方面、丹沢山方面はよく見える。特に相模湾は日の光りが反射して奇麗だ。
(下の写真は下山途中の花立山荘付近で撮影)
sagamiwan

ストーブ(コンロ)を出してお湯を沸かすのも面倒なので、行動食のカロリーメイトか魚肉ソーセージで済ませようかとも思ったが、寒いし疲れたので尊仏山荘で休むことにする。ここに泊まりたかったのだが・・・
カップラーメン350円をいただき、下山。鍋割山経由のルートも考えたが、大晦日ということもあり、なるべく早く帰った方が良いと思い大倉尾根をピストン。
途中すれ違う登山者の多くは今夜はどこかの山小屋泊なんだろうなぁ…
2時前には大倉に戻り、バスで渋沢駅へ。ビールを買って、持っていたナッツで一杯。
小田急線車内では代々木上原あたりまで熟睡。

夜は鍋で飲み、さらに年越し蕎麦を食べる。
チャンネル争いには敗れ、格闘系は観れずに紅白歌合戦。
美空ひばりと小椋桂のバーチャルデュオはナット・キング・コールとナタリー・コールの真似ではあるが、なかなか良かった。他にも、若いアーティストたちが良かった。
バックの脈絡があるとは思えないダンスやド派手な衣装…
必要ですか?

そんな大晦日。
カウントダウンは娘が好きなジャニーズさんの番組でした。
稼いだお金の一部がジャニーさんに渡っている・・・
やっぱり来年からは山に籠るしかないな。

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

辻本孝良

Author:辻本孝良
東京都中央区で会社経営してますがビジネス関係の記事はほぼありません。
山とか酒とかB級グルメとか阪神タイガースとかの、どうにもならないような記事ばっかりです。

50歳を過ぎているというのに志の低いブログでごめんなさい。

会社のサイトは 

http://www.e-crossroad.jp

Facebookは  

facebook.com/takayoshi.tsujimoto

Twitterは  

http://twitter.com/t_tsujimoto

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク