スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

川乗橋~川苔山~鳩ノ巣駅  2012年7月22日 (単独)

夏だ。
大きな山にバンバン行くぜ!(希望)

今回は、そのための足ならし山行。

奥多摩 川苔山 百尋ノ滝

P1030682.jpg


朝一番の電車で奥多摩駅へ。

寒い。
乗り換えの立川駅では夏用のマイクロフリースジャケットを着こむくらい。

東日原行きのバスに乗る。
こんな朝早くからほぼ満員。
登山口の川乗橋(ここはなぜ川苔ではないのかな?)で6割~7割の乗客が下車。

P1030666.jpg

ここで降りるのは本当に久しぶりだ。

川苔山は今回でおそらく4回目。
最近はこの先の東日原まで行って鷹ノ巣山に何度か続けて登っている。

しばらくは林道を進む。

天気は曇り。
山の上の方は霧がかかっている。

P1030667.jpg

雨さえ降らなければいいや。

林道から登山道に入る橋のたもとにトイレと小さな発電施設ができていた。
以前来た時には無かったものだ。

発電施設を管理しているらしきオジサンが沢をじっと凝視していたので真似して見てみた。
オジサンがあそこにヤマメがいると教えてくれた。
実に美味そうなヤマメだった。

このコースの良さは川苔谷の沢に沿って渓谷美を堪能できるところだ。

P1030670.jpg

P1030672.jpg

P1030675.jpg

P1030676.jpg

たくさんの小さな滝、淵、釜が次々に現れて目を楽しませてくれる。

そして石灰岩の岩稜が見えてくると、本日のメインイベント

百尋ノ滝

P1030683.jpg

落差は約40m

滝壺のすぐそばまで近づける。

清涼感たっぷりの動画を見てね。




さて、この百尋ノ滝から先は急登が待っている。

霧が濃くなってきた。

アルプスのための山行だ。
頑張って登ろう。

きのこなんか眺めながら。

P1030685.jpg

稜線から小尾根に取り付いて急坂が緩んでくれば広い山頂だ。

P1030687.jpg

霧で眺望なし。

なんも見えない。

朝早かったので、山頂には自分の他に3人だけだった。

この最近お決まりのiPhoneのGPSアプリを確認し、おにぎりを2個食べたら何も見えないから、とっとと下山開始。

霧の中だから道迷いしないよう、滑らないように下る。

P1030690.jpg

大ダワから本仁田山経由で奥多摩駅に下ろうかと思っていたが、山頂の掲示板に「悪路」と書いてあったので鳩ノ巣駅に下りることにした。

だって、道は濡れてるし、霧は濃いし、疲れたし、早くビール飲みたいし・・・
ま、ヘタレだな。

とはいうものの、樹林・植林の中の単調な下りが続く。
けっこうキツイよ。

大根ノ山ノ神

P1030692.jpg

ここまでくればあと30分

鳩ノ巣駅前の売店で、電車が来るまで缶ビール500mlをグビっとやれば、疲れは吹っ飛び、またすぐに山に来たくなる。

P1030695.jpg

山はいい。

アルプスも呼んでるよ。

ポチッとやれば良いことあるよ。
 ↓
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

テーマ:山登り - ジャンル:趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

辻本孝良

Author:辻本孝良
東京都中央区で会社経営してますがビジネス関係の記事はほぼありません。
山とか酒とかB級グルメとか阪神タイガースとかの、どうにもならないような記事ばっかりです。

50歳を過ぎているというのに志の低いブログでごめんなさい。

会社のサイトは 

http://www.e-crossroad.jp

Facebookは  

facebook.com/takayoshi.tsujimoto

Twitterは  

http://twitter.com/t_tsujimoto

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。