川崎 天龍の酸辣湯麺(スーラータンメン)

きょうで一応仕事納め。といっても私は明日も明後日も仕事が入っている。
山にはいけないかもしれない。
きょうは午前中、虎ノ門と新橋で仕事をする。
午後から京急川崎駅からすぐのお客様へ、オフィス内装工事のプレゼンテーションを提出しに行った。来年の3月の工事だが、前向きに検討していただけるとのこと。
それは非常に嬉しいことです。

さて、このお客様を訪問する際に気になっていた中華屋さんがあった。
昼時はいつも並んでいるし、狭いカウンター席はいつもいっぱいの店だ。
SN390128.jpg


しかも看板には天下一「いずま」と書かれている。のれんの文字は「まずい」が逆さまになっている。
SN390126.jpg

なんて時代遅れの駄洒落なのだ!しかし、それがきっと戦略なのだ。このベタな広告宣伝こそ、最近のイメージばかりを前面に出している看板と一線を画し、効果をあげているに違いない。
その証拠に私は行列に並んでいた。

天龍 銀座街店というらしい。
待つこと約5分。カウンター席しかないので回転率が良いのだろう。けっこう早い。
店内に入る。隣のオジサンは「餃子」と「焼きそば」を食べている。旨そうだ。反対隣は「タンメン」これも旨そうだ。「タンメン」を注文している人が多いようだった。
しかし、外にも店内にもオススメは「スーラータンメン」850円と書いてある。ならば初めての客としてはソレから食すべきだろう。

で、これ。
SN390125.jpg


新陳代謝の良い私は、カプサイシンにも酢酸にも非常に良く反応する。これらを摂取すると顔面、首の後ろ側、頭皮から汗が噴き出すのだ。
リンガーハットの「皿うどん」に酢をいっぱいかけて食べたり、テグタン・キムチなんかも汗がバンバン噴出す。
その双方を併せ持ち、さらに冷めにくい「あんかけ」で熱々だから効果テキメン。汗だくで食べた。
いや、誤解しないでくださいよ。体に汗をかくわけではないのです。まずは、目の下あたりから徐々に汗が出てきて、それから首筋から汗が流れ出し、そして頭皮からも・・・カプサイシンと酢酸の効果なのです。

それで肝心のスラータンメンはといえば、まあ美味しかった。
舌をヤケドしそうになりながらも美味しくて早く口に入れたくてゆっくり食べていられない。麺と具をかっ込む。ものすごく凝っているわけではないのだけど、なんだかクセになってしまう感じだ。

後からネットで調べて分かったのだけど、ここは川崎で昔からある庶民的な店のようだ。
確かにディープな川崎という雰囲気がある店だった。そばに本店があるらしい。
また京急川崎で昼ごろならば寄るだろう。夕方ならば餃子とビールだ。
あとは何が美味しいのだろうか?ご存知の方は教えてください。

永ちゃんもここで食べたのかなぁ~・・・



テーマ:B級グルメ - ジャンル:グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

辻本孝良

Author:辻本孝良
東京都中央区で会社経営してますがビジネス関係の記事はほぼありません。
山とか酒とかB級グルメとか阪神タイガースとかの、どうにもならないような記事ばっかりです。

50歳を過ぎているというのに志の低いブログでごめんなさい。

会社のサイトは 

http://www.e-crossroad.jp

Facebookは  

facebook.com/takayoshi.tsujimoto

Twitterは  

http://twitter.com/t_tsujimoto

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク