赤岳 2011年12月30日~2012年1月1日(単独)

八ヶ岳連峰 赤岳 2899m

P1020977.jpg

2011年12月31日に登頂
P1020962.jpg


ゆっくりゆっくりの登山だった。

というより宴会山行か?



【2011年12月30日】


朝8時ちょうどに新宿を発つ特急あずさは2号ではない。5号である。
しかもスーパーあずさ号だから停車駅が少ない。
だから速い。
まあ、兄弟デュオ狩人の歌を知らなければ 訳のわからないことだし、どうでもいいことだな。

その、あずさの車中でコーヒーを飲みながら車窓から見える山々を眺める。
きょう麓まで入る八ヶ岳も見えている。

雲が全くかかっていない。
天気は良さそうだ。
明日も明後日も同じような天気なら申し分ないのだがな・・・

10時少し過ぎに茅野で下車。

バスに乗り換え、登山口となる美濃戸口に着いたのは11時過ぎ。

そこで登山計画書を提出し、装備を調えたら出発。
冬山装備はなんだかんだで結構な時間がかかる。

しかし、この日は急ぐ必要がない。
赤岳鉱泉小屋まで、ゆっくりのんびり歩けば良い。

天気はスーパーあずさから見た通りで全く問題なし。
ある程度の登りはあるが、雪も少なくて快適なハイキングだ。

写真を撮ったりしながら1時間くらいで美濃戸。

ここの赤岳山荘で肉そばを食べる。

P1020904.jpg

このワンコにずーっと見つめられながらのランチタイム。

P1020905.jpg

一部の山ヤに人気のワンコだ。


腹ごしらえができたら北沢のルートへ。

沢は所々で凍っていたが、雪は本当に少ない。
日当たりの良い場所は雪が着いていないのでカモシカ君たちが草を食んでいた。

P1020915.jpg

歩き進むうち次第に雪も増えてくる。

横岳の大同心と小同心が大きく見えてきた。

P1020918.jpg


風も無くて最高のコンディション。
明日もこうであって欲しいと祈っているうちに赤岳鉱泉に到着。

名物のアイスキャンディーにはアイスクライマーがへばり付いていた。

P1020922.jpg


赤岳鉱泉は綺麗な小屋だ。

P1020927.jpg

マムート、ノース、ミレーなど有名ブランドギヤの展示などもあった。
でも冬期は風呂に入れないよ。

チェックインを済ませ、先ずは寝床を確保。

そしてビアだ。

P1020925.jpg

おつかれちゃ~ん。

5時の夕食までまだまだ時間がある。

ビール2本の後は、ペットボトルに入れて持ってきたウイスキーをサーモスのお湯で割って、同じテーブルにいた方々と話などしながらチビチビ飲んでいた。

夕飯はこれ。

P1020930.jpgP1020931.jpg

食後は大部屋に戻ってまたウイスキー。

隣にいた会津若松の方と話が弾む。

スノーシューを2年前に買ったが、まだ一度も使っていない。
だから早くスノーシュートレッキングに行きたいという話をしたら、猫魔ヶ岳や雄国沼などの良いコースをたくさん教えてくれた。

近くの方も話に加わって明日予定しているコースの話しになる。

自分は、明日は赤岳を鉱泉からピストンで登り、鉱泉にもう一泊して元旦に硫黄岳に登って帰る予定だと話した。

すると、元旦までいるのにご来光は見ないの?と・・・

天気は元旦の午前中までは安定しているのではないか?
ならば初日の出を見る絶好のチャンスではないか?

その方は赤岳展望荘で初日の出を見るという。

なーるほど。
言われてみればその通り。

予定変更!

明日は赤岳展望荘泊だ。
赤岳鉱泉さんには了解を得た。

大晦日の展望荘は、日本酒とワインが飲み放題なのだそうだ。
それを聞いたので持参した自分のワインも皆さんと全て飲んだ。

好い加減に酔ったが、寝る前に少しだけ極寒の表に出てみる。

星星星星星星星星星星星星星星星星星星星星星星星星星・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

明日も穏やかな晴れであることを祈って9時には床に入る。

スキー以外で本格的に雪山に来た(連れてこられた)のは、この赤岳だった。
テントの中で夜中に首とか肩のあたりが濡れている気がして起きてみると、シュラフとシュラフカバーの間が濡れていた。
カバーをはがすと、それがとたんに凍る。
テントの内側も凍っている。

「なんじゃこりゃ!?」
「こんなところに来とうはなかった!」
と叫んだものだ。

あれからもう30年近くが経つんだなぁ・・・

暖かい布団の中でノスタルジックになっているうちに眠ってしまった。


【2011年12月31日】


大晦日の朝。

朝食の後、ゆっくりゆっくり支度する。

急ぐことはない。
赤岳に登り、体力に余裕があれば阿弥陀岳へ行こう。
そして赤岳展望荘まで戻れば良い。

行者小屋までは必要ないとも思ったが、足馴らしも兼ねてアイゼンを装着。

アウターのパンツとジャケットを着たが、ベンチレーションのためのファスナーはパンツ、ジャケットとも全開。
スパッツ、ゴーグル、バラクラバ(目出帽)、ピッケル。
ザックはワインが無い分、昨日より軽い。

まずは中山乗越に向かって樹林帯を登る。

美濃戸中山に向かう道を行けば展望台だが、そちらには行かずに少し下ると行者小屋。

P1020940.jpg

年末年始は営業している小屋だ。

奥に阿弥陀岳が大きく見える。

ここででアウタージャケットを脱ぐ。
それほど冷え込んでいないし、風が弱いので行動中は汗をかく。

ここからが本格的な登りだ。

水分とカロリーを補給して、地蔵尾根に取りつく。

阿弥陀岳がグングン大きくなってくる。

P1020942.jpg

鉄の階段とクサリは雪に埋まっていない。
その階段が中途半端に出ているから滑りそうでちょいと怖かった。

アイゼンの爪を効かせ、ピッケルを突き刺しながら慎重に登る。

核心部のトラバースなど、転んではいけない箇所があるが、風も弱く、天気が良いから大丈夫。

お地蔵さんがいる地蔵の頭(2722m)に飛び出す。

自分と同じくソロで登っている若いニイチャンがシャッターを押してというので、こっちも押してもらった。

P1020945.jpg

目指す赤岳がデカイ。

P1020947.jpg

地蔵の頭から赤岳展望荘は目と鼻の先。

まずは展望荘で宿泊の予約をした。

時間はたっぷりあるから、ここでコーヒーブレイク。
少し持ってきたお菓子などをストーブにあたりながら食べた。
こんな高所でホントに贅沢だ。

余分な荷物もデポさせてくれるということで、サブザックに防寒用のダウンやサーモス、緊急用品など必要なものだけ詰める。

アウタージャケットも着て、いよいよ赤岳の山頂を目指す。

急登で高度をグングン上げる。

アイゼンが氷に刺さる音、雪を踏むキュッキュッという音、ハアハアという自分の呼吸・・・

ゴーグル越しに見えるとんでもない景色。

転んだらちょいと危ない斜面。

おー、生きている!

しかし動悸息切れ脚力衰退・・・

それでも着いた!

赤岳山頂

2899mは八ヶ岳連峰の最高峰。

権現岳の向こうに南アルプスのドデカイ山塊

P1020960.jpg

富士山

P1020963.jpg

北八ヶ岳まで続く峰々

P1020957.jpg

阿弥陀岳を見下ろし、その先に諏訪湖と北アルプスの山々

P1020976.jpg

言葉では表せない。
表せないから動画もどうぞ。



風は強くない。
そして晴天。
この季節にこの高さでこの条件は奇跡的なのではないか!

しっかり着ていれば、それほど寒くない。

富士山をはじめとして、いままで登ったことがある山々がたくさん見える。
それらをを眺めていた。

いままで、ずいぶんたくさんの山に登ったなぁ~
この赤岳は2007年の夏以来で、冬は何度目だろう?


そして阿弥陀岳まで行くかどうするかも考えていた。

中岳との鞍部まで下ってまた登る。
さらにまた鞍部まで下って阿弥陀岳・・・・
帰りはまた同じアップダウン・・・
うーん・・・

すんげー疲れそうだし、それに危ないかもよー
(それほど危なくないのは確認済みなんだけど)

のんびりお湯を飲み、ナッツやらドライフルーツをポリポリ食べながら思案する。

そうすると、やはりシャッターを押してと頼まれる。
この山頂でヒマそうなのは自分だけだ。

うんじゃ、オイラもお願いね。
と一枚。

P1020971.jpg

時間はまだ昼少し前・・・

よーし、きょうは大晦日だから展望荘でまったりする!

ということで阿弥陀岳に行くのはやめた。
ヘタレだ。
でもさ、これは今年一年分のご褒美なんだー、これでいいのだ。

赤岳展望荘に向かって下る。
急がず慎重に。

せめて横岳方面の三叉峰までとも思ったが展望荘まで戻ったらその気も無くした。

暖かいストーブのある部屋で飲むビールの誘惑には勝てない。

チェックインして寝床を確認。
その後は早速ビール。

すでに炬燵に入って飲んでいる登山客3名。

もちろん混ざる。

しかもこちらでは、大晦日の打ち上げ用に生ハムを、しこたま削る作業中。
パルミジャーノ・レッジャーノも山盛りだ。

P1020982.jpgP1020985.jpg


この作業を見ながら、バイト君が削る生ハムに「厚すぎる」などイチャモンをつけては持ち寄ったツマミで日中から宴会。
ビールを3本ほど飲んだ後はウイスキーをお湯で割ってウダウダ飲んでいた。

夕日が沈む頃、誰かが夕焼けに焼けた横岳が綺麗だというので小屋から出てみる。

酔いが醒めるような寒さの中で横岳が焼けていた。

P1020987.jpg

そして夕日が沈もうとしている。

P1020990.jpg

2011年最後のお日様が沈むよー

震災と原発・・・
特別な年が終わろうとしている。
それだけではなく様々なことが思い出される。

酔いのせいなのか何なのかわからないけど、壮大な景色がセンチメンタルな気分を助長して不覚にもウルっとしてしまった。

山はそんな場所だ。


赤岳展望荘の夕ご飯。

P1020994.jpg

バイキング形式で有名だ。
この日はスープカレーがウマかった。

たくさん食べられるが、控え目にする。
なにしろ打ち上げには生ハムとチーズが出る。
ワインで食べるのだ。

その打ち上げ&ジャンケン大会は7時から始まった。

小屋の主のごあいさつの後、客代表者の音頭でカンパーイ!

P1020996.jpg

もう、皆が仲間だ。

ワイワイ飲む飲む。

生ハム、パルミジャーノ、クリームチーズ、揚げパンなど。

P1020995.jpg

赤白ワインと日本酒が飲み放題。
蕎麦も食べ放題。

私も日中から一緒に飲んでいたNさんと、ずーっと山とかラグビーとか野球のハナシ、そして酒が止まらない。

Nさんは同年代で明治出身だから、砂村とか、早稲田の奥脇とか、野球だと平田とか仁村とか、岡田とか、法政の西田、木戸、小早川・・・
古いな、どうも。

さてジャンケン大会の司会進行は長野県警山岳警備隊の方が務める。

年齢別と性別と全員など、チャンスは3回。

景品は、マムートのザックやシャツ、Tシャツ、無料宿泊ペアチケット、個室無料券、山の小物など盛りだくさんだった。

結果は、3回とも初戦敗退(あいこはNG)
それにしても、一回も勝てないとは・・・

でも何ももらってない人は展望荘のオリジナル・スタッフバッグがもらえる。

赤岳展望荘万歳!

打ち上げが終わっても、しばらくは食堂で飲んでいた。
夜も早い山小屋も、この日ばかりは大目にみてくれる。

しかし朝ごはんの支度もあるので、客は談話室に移ってまた飲む。

我々も談話室へ。
約10名ほどの呑み助でカウントダウンパーティー。

ビール好きの私としては、締めをビールでと思い、10時半頃なんだかわからないけど仲間にもあげようと思いビールを4本買いにフロントに行った。
すると、きょうはいっぱい買ってくれたからと1本おまけしてくれた。
更にはそれをスタッフバッグに入れて、そのバッグもくれた。

展望荘バンザーイ!バンザーイ!

しかし、カウントダウン寸前の11時過ぎにダウン。
すでに10時間近く飲み続けているから気を失うように眠ってしまったようだ。
あまり覚えてないけど・・・

「明けましておめでとう!」という皆さんの声で起こされた。
そんな情けないカウントダウンとなった。


【2012年1月1日】


6時起床。
山の朝としては遅いくらいだ。

元旦の朝食

P1020999.jpg

雑煮におせち料理もあって嬉しい。

6時55分ごろが日の出なので、それまでに食べ、ダウンもアウタージャケットも着こんで初日の出を待つ。

寒いが外は既に白んでいる。

来た!

P1030003.jpg

2012年の幕開けだ!

富士山と一緒に見れるなんて何と素晴らしい初日の出!

家内安全
商売繁盛
阪神優勝
そして私に関わる全ての人の健勝と幸多きことを祈念す。

初日の出は動画でもどーぞ。



感動の2012年元旦だった。


小屋でのんびりしてから下りたいところではあるが、きょうは家族と両親も待っている。

色々な人に礼を言って山を下る。

まずは登って来た地蔵尾根を行者小屋まで慎重に。

そこからは南沢へ。

しばらくアイゼンを着けていたのだが、石が少しづつ出てきてゴロゴロしている。
歩きにくいので取った。

しかし、凍結している道がけっこう滑る。
特に沢はコチコチに凍っている。

P1030010.jpg

こうした沢を渡らなければならない場所などは恐る恐る歩くことになる。

美濃戸からは、また登って来た同じ道を美濃戸口へ。

冬山装備を全てザックに収め、11時20分のバスで茅野駅に戻る。

一番早い特急あずさの指定席を買い、まだ時間があったので立ち食い蕎麦を食べる。

元日だから、いつもの駅前の蕎麦屋さんは休みだった。

昨日は一週間分くらい飲んだし、夜も飲むから車中でアルコールは無し。
珍しいことだ。
コーヒーを買って移りゆく景色を眺めたり、うとうとしたりしていた。

正月だからと言って特に変わった風景があるわけではない。
昔から変わらない風景・・・
それがどれくらい大事なことか・・・

そして夜、家族や両親ともいつものような、ありきたりの正月を過ごした。
そのありきたりなヘベレケ正月を迎え過ごせることが幸せなのだ。

ただ元旦に山にいられたこと、初日の出を山で見れたことが、ありきたりではなく実に思い出深い正月となった。。

↓クリックすると良い年になるかも。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

行かせてくれた家族に感謝!

2012年、良い年にすっぞ。

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

遅ればせながら・・今年もよろしくお願いいたします。
なんと、夫も後輩たちと一緒に31日、1日と赤岳に行っていました。
31日は赤岳鉱泉に泊っていました。
彼らはアイスクライミングをしていました。

一般ルートを行ってくれれば、私も同行できるのに、
いつも留守番でむくれておりましたが、山小屋に泊って
年越ししたような気分になれました。
富士、日の出、美しいですね。

本当に今年がおだやかな、良い1年になりますように!!

おめでとうございます!
いいですねえ~~!!!
いいっっ!!

jtstj 様

こちらこそよろしくお願い申し上げます。
31日にもし赤岳鉱泉にもう一泊していたらお会いできたかもしれませんね。
もちろん凍った滝に一緒には行けませんが・・・
今年が良い一年になるよう祈念しております。

ichi 様

おめでとうございます。
昨年は震災ボラ、本当にお疲れ様でした。
今年は山も少しどう?
少し雪の山、行こうよ。

なんとびっくり!
私が大天井のバイトの時お世話になった方(今はガイド)、赤岳展望荘で年越ししてました!
似たアングルの写真も多くてホントにびっくり!!
声掛け合ったりしてたのかなあ!?
http://www.go.tvm.ne.jp/~fhiro216/yaplog/yaplog.htm

ichi 様

おお、ガイドさんのブログ見ました!
見かけたような・・・・
まあ、お客さんを連れているのだろうから、グダグダ飲んでるグループには近づかないようにしていたのでは?
写真を見ると、ジャンケンの時は我々と反対側(入り口側)にいらっしゃったようです。
確かに似た写真が多いけど、とてもうまく撮っているなぁ。
よろしくお伝えください。
プロフィール

辻本孝良

Author:辻本孝良
東京都中央区で会社経営してますがビジネス関係の記事はほぼありません。
山とか酒とかB級グルメとか阪神タイガースとかの、どうにもならないような記事ばっかりです。

50歳を過ぎているというのに志の低いブログでごめんなさい。

会社のサイトは 

http://www.e-crossroad.jp

Facebookは  

facebook.com/takayoshi.tsujimoto

Twitterは  

http://twitter.com/t_tsujimoto

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク