スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鍋割山の鍋割山荘で鍋焼うどんを食べるのだ!

鍋割山荘名物の鍋焼うどん
CIMG4411.jpg

6月5日 

仕事を休めることになった。
山に行ける!
もうすぐやってくる夏のアルプス大縦走に向けてトレーニングしておかなければいけない!
(しかし毎年アルプス大縦走は実現しないけどね)

しかし、いつものことだが、急に決まったので何も調べなくて済む、アクセスが楽な山。
あんまり楽でもなく、だからと言って翌日は同窓会だからキツイのはカンベン。
そして当然、下山後のビールのために電車とバスで行ける山・・・
さらに、美味しいものが食べられる・・・

そうだ!鍋焼うどんを食べよう!

ということで、単独で鍋割山へ。

2009年の大晦日から今年の元旦まで、年越しで過ごした山だ。
あのスゴイ海鮮鍋も忘れられないなぁ・・・

その時の記事は ここ


いつもの通り小田急線の渋沢駅からバスで大倉の登山口へ。
ここまでは、鍋割山だけじゃなく、塔ノ岳の大倉尾根なんかも、もう数えきれないくらい登っているので、ボーっとしてても来れる。

出発。
長い、ながーい、ながーーーーい林道をひたすら歩く。

二俣を過ぎてしばらく登ると、いつものように鍋割山荘のご主人が置いている水。
もし登山のついでに荷揚げしてもらえたら嬉しいなーってことだ。

CIMG4402.jpg

2リットル持つ。

この日の天気は曇り。
午後から雨の予報だった。
だから、とっとと登って、とっとと降りるのだ。


新緑の中を歩く。
気持ちいい。
そのうち、急な登りでそれどころじゃなくなるのだが。

CIMG4403.jpg

後沢乗越を過ぎると、さらに登りがキツイ。
ああ、助けてくれー
最近、なにしろヘタレだ。
そんな歳だ。

しかし、つつじらしき花とブナの新緑に励まされながら

CIMG4405.jpg

なんとか頂上へ。
山荘着

CIMG4416.jpg

早速、挨拶して鍋焼きうどんを注文。
多くのハイカーが、このうどんを目当てに来ていた。
なんでも「東京ウォーカー」という雑誌に紹介されたのだそうだ。

CIMG4410.jpg

ハフハフいいながら食べる。
あー、うまい!
食材にレトルトは無し。
全てご主人の草野さんがボッカ(荷揚げ)するのだ。

汁まで残さず食べてしまった。
食べ終わって「もう一杯食べられるなー」と言ったら、他にいた皆に笑われた。

食べ終わって小屋の外へ。
しかし眺望は何もなし。

本来ならば、ここにデーンと富士山が見えるのだ

CIMG4417.jpg

しかし、ガスってるだけ。

CIMG4420.jpg

雨が降り出す前に下りる。
登ってきた道をピストン。

二俣を過ぎた河原まで下りれば、あとはまた長ーい林道歩き。

CIMG4432.jpg

河原で記念撮影して、もう単調な林道にウンザリしながら大倉に戻る。
雨には降られなかった。

大倉でビア&枝豆

CIMG4436.jpg

餃子も。
これがまた美味しいのだ。
(ちょっと食べ急いでしまったためにレイアウトが崩れた)

CIMG4437.jpg

大倉の良いところは、こうしてウダウダ飲んでいても、バスは1時間に3本とか4本ある。
だから大丈夫!
安心して飲める。
というわけで、生ビールおかわり。

いつもの通り電車では、ハイクの疲れと、ビールの酔いで心地よく眠れる。
そして眠っているうちに新宿に着く。


新宿駅は、楽しかった山の思い出をもう一度かみしめる場所。

それから「満来」の麺もかみしめる場所。

満来については ここ も読んでみてちょ。

これで、きょうのグルメ山行は完ぺきだ。

CIMG4438.jpg

なんて美味しいのだ、この「ざるらあめん」は!

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

家に帰って体重計に乗ったら、なんと1キロ近く体重が増えていた。

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

行ったんだ~

先週土曜日に鍋割山へ行ったんですか、誘ってくれたら行ったのに・・・
梅雨時は丹沢塔ノ岳や鍋割山周辺はハイカーや尾根上を歩くので日影が少ない為敬遠されがちですが、余り影響の受けない(ハイカーが少なく日陰が多い?)静かなコースがあります。辻本さんのブログを見ていると休暇が取れると手頃な丹沢へ行っているみたいなのでバリエーションルートを増やす目的で行きませんか?、詳細は後ほど・・・。

この鍋焼きうどんの写真と記事、何回拝見したでしょうか。
何度見ても、美味しそうです。
毎回、召し上がっていらっしゃるのですから、本当に美味しいのでしょうね。
もう、見ているだけ、は限界になりつつあります。

夫に、食事に行かない?
なんて言って、誘ってみよう、とひそかに考えております。
やっぱり冬場でしょうかね。
いや、夏に大汗かきながら、もいいかもしれませんね。

つちかね様

なんだか低山に行くのに色々と調べるのが億劫で、ついつい何度も通ったルートしか行かないんですよねー。ま、そのうち是非。

jtstj 様

夏は暑いけど、大汗かいた後に食べるのも、塩分補給が十分できて美味しいに違いありません。まあ、できれば冬場が良いのでしょうけど。
それに新緑の頃も、紅葉の頃もブナの林は非常に綺麗です。
この鍋焼きうどん、下界で食べたらどうなんでしょう?もちろん美味しいのでしょうけど、きっと山の上で食べるから、何倍も美味しく感じられるのだと思います。
なにはともあれ、是非一度ご賞味あれ。
プロフィール

辻本孝良

Author:辻本孝良
東京都中央区で会社経営してますがビジネス関係の記事はほぼありません。
山とか酒とかB級グルメとか阪神タイガースとかの、どうにもならないような記事ばっかりです。

50歳を過ぎているというのに志の低いブログでごめんなさい。

会社のサイトは 

http://www.e-crossroad.jp

Facebookは  

facebook.com/takayoshi.tsujimoto

Twitterは  

http://twitter.com/t_tsujimoto

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。