敷島の大和心を人問はば 朝日に匂ふ 山桜花

山桜ではないが、茅場町さくら通り。

CIMG4148.jpg

散り

そして、積った

おびただしい数の花びらと

遅く帰ってから見た「龍馬伝」に

大和魂が刺激されて

タイトルにある本居宣長の句が頭から離れない。


Twitterボタン
Twitterブログパーツ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

まだ

もっと

何か成せるんじゃないのか?

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

コメントの投稿

非公開コメント

この歌の解釈、諸説あるようですが、散り際の美しさを歌ったものではなく、
朝日に匂ふ、山桜を称えたもの、と読みたいと思います。

そう考えれば、まだまだ、もっともっと、いろいろなことができる。

アントレプレナーシップ。クロスロードさんから感じます。

桜花ふかきいろとも見えなくにちしほにそめるわがこころかな
本居宣長

宣長さんは、桜に愛着というか、本当に好んでいた人のようですね。

私・・・花より団子・・かな

新渡戸稲造の「武士道」の影響で「敷島の・・・」という歌が気に入ってしまい、街でも山でも、桜を見ると思い出します。
桜には日本人としての、精神の拠り所的なところがあるような・・・

桜花ふかきいろとも見えなくにちしほにそめるわがこころかな

という歌も、ネットでいろいろと調べてみました。
知らなかったものですから。
本当に宣長さん、桜が好きだったようですね。

私の場合、アントレプレナーシップなんて立派なものじゃなくて、ただ単になんか新しいことをやってみたいなーと、いつも思っているだけです。
本業が忙しすぎると、なかなか前に進まないですけど・・・
プロフィール

辻本孝良

Author:辻本孝良
東京都中央区で会社経営してますがビジネス関係の記事はほぼありません。
山とか酒とかB級グルメとか阪神タイガースとかの、どうにもならないような記事ばっかりです。

50歳を過ぎているというのに志の低いブログでごめんなさい。

会社のサイトは 

http://www.e-crossroad.jp

Facebookは  

facebook.com/takayoshi.tsujimoto

Twitterは  

http://twitter.com/t_tsujimoto

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク