スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本当に『告別』なんて・・・  ロバート・B・パーカーの死を悼む

車に乗り込み、出発前にiPhoneでTwitterにアクセスした。
最近の情報入手はこれだ。

ビジネスの情報源としてフォローさせていただいている経営者、友人知人、有名人、「JAZZ」や「登山」といった趣味のキーワードで検索した方、面白そうな面々・・・

いつものように、たくさんの「つぶやき」や「情報の発信」が入っていた。

そして「毎日jp」もフォローしているのでリアルタイムでニュースも見ることができる。

そこに書かれていた記事

「スペンサーシリーズ」のロバート・B・パーカー逝去。ミステリー、ハードボイルドファンには残念なニュースですね。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

うそだろ・・・

しばし言葉を失った。


ロバート・B・パーカーが死んだ・・・・

ショックだった。

それは、探偵スペンサーや、ジェシイ・ストーン、サニー・ランドルの死を意味するのだろうか・・・・

ホークも、スーザン・シルバマンも、もう何も言わないのか?

そんなことが頭の中をグルグル回る。



私は、たいした野郎ではないが、男として恥じることなく、できているかどうかは別としてだが「惻隠の情」をもって生きることを心がけてきた。
それはR・B・パーカーからも少なからず影響を受けたからだ。
初めて読んだ『約束の地』から何年が経つのだろう・・・
そうか、もう30年近くなるわけだ。

そりゃ俺だって年をとるけど、R・B・パーカーも77歳という年齢を考えれば死ぬのも仕方ないことなのだろう。
人はどうせ、いつかは死ぬ。


だが、それにしてもスペンサーやスーザンがいなくなる生活を考えると残念至極だし、まだ本当に信じられない。
まるで生活の一部を引き剥がされるようだ。

だってスペンサーには私が少年から青年になる頃に大きな影響を受け、そして常に一緒にいたのだ。
架空の人物とは思えないのだ。
フィリップ・マーロウと同じなのだ。


きょうは思考能力が著しく低下しているので、このことは後日きちんと書きたいと思う。


ロバート・B・パーカーは、絶対に「燃えかす」のような大人になってはいけないと示してくれた素晴らしい作家だった。

さよなら。

ありがとうございました。

テーマ:読書 - ジャンル:本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

2本続けて、お別れの記事でしたね。
身内や、ごく親しい人とのお別れとは別の、
空虚感、とかひとつの時代が行ってしまったような感慨とか、
そんな想いが感じられる記事でした。
切ないし、少し淋しい、ですね。

新作が出ない。その人のパフォーマンスに接することができない。
そうなると、残していった、作品や、人となりを丁寧に探り直す、
ということしかもうできないのですよね。
また、同時代に生まれ合わせ、ライブで接することができた幸せ、
そんなのもあるかもしれない、とも感じました。

でも、だんだんにお別れすることん゛多くなっていくのでしょうね。
年をとるのって、悲しいことが増えていく気がします。

同感

まったく同じ気持ちです。
昨日の朝刊に小さな記事が出ているのを見て言葉を失った。
自分はスペンサーに励まされて生きていた時期があります。
彼のようにメンタル、フィジカル両方でタフな人間になろうと落ち込んだりした時に励ましてもらいました。
本当に残念です。
スペンサーの最終回を見たかった・・・。
合掌

jtstj 様

自分の少年時代、青年時代に憧れていた人って、やっぱりその当時すでにそれなりの年齢なのだから、これからこういうことが増えていくんでしょうね。
残念ですけど。

gee 様

フィジカルでスペンサーとまでは、なかなかなれませんが、気持ちだけはスペンサーでいたいものですね。
またお越しください。
ありがとうございます。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

辻本孝良

Author:辻本孝良
東京都中央区で会社経営してますがビジネス関係の記事はほぼありません。
山とか酒とかB級グルメとか阪神タイガースとかの、どうにもならないような記事ばっかりです。

50歳を過ぎているというのに志の低いブログでごめんなさい。

会社のサイトは 

http://www.e-crossroad.jp

Facebookは  

facebook.com/takayoshi.tsujimoto

Twitterは  

http://twitter.com/t_tsujimoto

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。