スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

那須岳(那須連山)強風のため朝日岳1座で撤退!

紅葉の那須

CIMG3552.jpg

10月11日、久しぶりに休みだ!
だから、リフレッシュというより「リセット」のために山に行く!
しかし、10月11日のたった1日だけ。
12日の体育の日も休めるのだけれど、このところ家の用事を何もやっていなかった。
夏物スーツをクリーニング屋さんに出し、預けてある秋冬スーツを受け取ったり、グジャグジャになっている部屋の整理、その他もろもろある。
家族からも多少のクレームがあったりもするわけで、泊まりで2日間は気まずいわけ。


今回は山仲間のO君からお誘いもあり、苗場山に登る予定だった。
しかし、前日の天気予報では新潟と長野の県境付近は天気が良くない。

そこで直前の変更。
八ヶ岳南部の権現岳・日光の男体山・那須岳(那須連山)のいずれかに絞る。
そして、紅葉が一番綺麗なのではないかという私の推測により那須岳に決定。

一番一般的な、那須ロープウェイ山頂駅より、茶臼岳、朝日岳を経て、三本槍岳に至るコース。

しかし、我々を待ち構えていたのは・・・


私の車で東北自動車道をひた走り、朝6時半には那須インターチェンジを降りる。
すると那須湯本方面に向かう車に対して、ロープウェイ駅の駐車場へは昨日と今日だけマイカー規制があるという標識が立てられていた。

紅葉がピークの休日に、混雑と混乱を避けるための措置なのだろう。

体育館跡という駐車場に誘導された。
そこに車を置いてシャトルバスに乗る。
さらにもう一度、大丸温泉の駐車場でまたバスを乗り換える。
大きさも同じようなバスを乗り換える意味がわからない・・・
営業権の問題か?

天気は上々。
しかし、ロープウェイは強風のため運行するかどうか未定という。

バスは、峠の茶屋がある那須岳駐車場まで行く。
だから、出発地を那須岳駐車場に変更。
最初に朝日岳に登り、三本槍岳、茶臼岳という順番にした。

那須岳は強風が吹く山で知られている。
実際に強風による事故も多く起きている。
登山口では、パトロールの方が風による事故多発と、注意喚起のアナウンスをしていた。

しかし、歩き始めは本当にロープウェイを運行できないほどの強風なの?と思うほどの風だった。
朝日岳から鬼面山へと続く紅葉が美しい。

CIMG3544.jpg

ああ、来て良かったなぁ!

茶臼岳も待ってろよ!
CIMG3558.jpg


このあたりまで来ると、風がかなり強くなってきた。
たまに突風で少し体を持っていかれる。


これから登る、アルペン的な山容の朝日岳(右奥)

CIMG3559.jpg

手前、剣が峰の東側を巻いてゆく。

それにしても風がどんどん強くなる。
ハイキングに来ているファミリーの子供は泣き出している。
もう帰りたい!と叫んでいる子もいた。

実際、大人でも相当苦労するような風だった。
ここは強風の山なのだろうが限度ない。


峰ノ茶屋避難小屋に到着。

ここは、更に凄い風。
なんとも烈風すさまじい。

避難小屋の中は、風が少しでも弱まるのを待つハイカーや登山者でいっぱい。
ファミリーは恐らく、ここから茶臼岳にだけ登るというルートなのだろうが、避難小屋を出た瞬間に、すさまじい風に体をもっていかれる。
茶臼岳に進む決心をして登るも、ほどんどが引き返してくる。

ここは風の通り道ということは分かっているが、想像をはるかに超えていた。
我々も進むべきか、撤退すべきか避難小屋で思案。
ついでにお菓子もムシャムシャ。

とにかく、まずは朝日岳をやってから三本槍に向けて行けるところまで行こうということにする。

西側からの烈風吹きすさぶ避難小屋の北側をなんとかクリアして、剣が峰の陰に入ると、そこはほとんど風が無い・・・
嘘のように静か。

こんな景色。

CIMG3560.jpg


しかし、それもほんの束の間。
またまた強風が吹き付ける。

茶臼岳の噴煙も風で東側に吹き飛ばされる。

CIMG3577.jpg

こんなプチ大槍小槍もある。

CIMG3564.jpg


西側が切れ落ちた岩場は、クサリが取り付けられている。
とにかく強風に耐えながら、突風に体を持っていかれないように集中して進む。

三本槍岳との分岐を過ぎるころには、ガスに包まれた。
景色が無い・・・

そしてひと登りで朝日岳の頂上だ。

写真を撮ろうにも、立っていられない。
ヘンテコな耐風姿勢・・・
ではない

CIMG3569.jpg

やっとポーズするも、涙と鼻水がチョチョ切れる。
息ができないくらいの風。
鼻水が眼鏡に飛び散るよー

CIMG3570.jpg

景色も見えないし、長居は無用。

再び三本槍岳との分岐に戻る。

ここでまた協議。

この風・・・
このガス・・・

三本槍岳を諦める。

また岩場のトラバースを風に留意しながら戻る。

再び峰ノ茶屋避難小屋へ。

CIMG3586.jpg

なんとなくホッとするが、ここでまた協議。

茶臼岳に登るか撤退か。

撤退。

この風の中でランチはキツイし、避難小屋は混んでいることだろう。
下山して、ゆっくり食べることにする。

避難小屋から10分ほど下ったところで撮った

この動画 

をご覧ください。

紅葉の色はもっと綺麗なのですが・・・
安いカメラなもので・・・
でも、風の強さがわかります。

紅葉の写真を撮りながら、ゆっくり下山。
IMG3369.jpg

O君が私が写真を撮っている姿を撮ってくれていた。

IMG3368.jpg

まあ、とりあえず朝日岳だけでも登れたから良しとしよう。
それに、紅葉は綺麗だった。

CIMG3597.jpg

登山口まで戻り、ベンチでランチ。
しかし、ここも上ほどではないが風が強くて寒い。

とっとと食べて、とっととバスに乗り、車に戻る。
渋滞する前に、とっとと帰った。

三本槍岳に登れなかったことは、きっと「また近いうちにおいでよ」という山の神の思し召しだ。
撤退もまた良し。
山はいい。

と思ったらクリック!
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

山は貴方を待っている。

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

お休みができて、山へ行かれたのですね。
動画で風の強いのが良くわかりました。
夫も11日は谷川岳へでかけたのですが、
悪天候で急遽、榛名山に変更だったそうです。

紅葉の山と風が息をするような音も
楽しませていただきました。
有難うございます。

jtstj 様

谷川も悪天候だったんですねー
私も数年前、やはり悪天候で谷川岳をあきらめて、沼田から迦葉山という低山に変更したことがあります。
しかし、そこも木の枝がバンバン降ってきて危険な状態。
結局、撤退しました。
天気の前では、人は無力。
実感しました。
プロフィール

辻本孝良

Author:辻本孝良
東京都中央区で会社経営してますがビジネス関係の記事はほぼありません。
山とか酒とかB級グルメとか阪神タイガースとかの、どうにもならないような記事ばっかりです。

50歳を過ぎているというのに志の低いブログでごめんなさい。

会社のサイトは 

http://www.e-crossroad.jp

Facebookは  

facebook.com/takayoshi.tsujimoto

Twitterは  

http://twitter.com/t_tsujimoto

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。