スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昔は良かった・・・  とか言うのは老いの証拠なの?

兄の紹介で古本屋さんとの仕事をお請けすることになりそうだ。
これは願ってもない。
それは憧れの業種。
毎日毎日、本とレコードに囲まれた部屋で、暮らしたい。
夜ならウイスキー、昼ならコーヒーなんか飲みながら・・・
(実際の古本屋さんはそんなことしない)


こちらの古本屋さんは浦和の老舗。
店主の奥様が兄の同級生で、昔のご近所ということもあり、打合せしながら大昔の話に花が咲く。
遠い遠い昔のこと。小学生、中学生だったころ、南浦和のお話し。

そういえば、つい先日のことだが、とても久しぶりに子供の頃の思い出の場所に行った。

9月26日(土) 午前中の仕事を無理やり終わらせて、そそくさと南浦和へ。
中抜けして、さいたま市文化センター小ホールで「天満敦子ヴァイオリン演奏会」を聴くのだ。

その前に、文化センターへの通り道でもある、南浦和駅西口前の大谷場氷川神社に参拝。
(今、大谷場は全く反対口にあるが、昔はこのあたりも大谷場村だったのだそうだ)
ああ、懐かしい!
ここは幼少時代の遊び場の一つだった。

当時、この社の軒下にはアリジゴクがたくさんいた。
だから、そこいらへんの大きな蟻を捕まえては、そのすり鉢状の穴に放り込む。
蟻は必至で穴から逃げようとするが、アリジゴクは蟻に砂をかけて自分の方へ落そうとする。
逃げる蟻、砂で攻撃するアリジゴク。

そして・・・悲しくも力尽きた蟻がアリジゴクの餌食となる。

そんなことが面白くて、友達と何度も何度も繰り返していた。

今思えば、残酷。
しかし、そんな日常的な遊びから生物に生命があるということを学んだような気がしてならない。

注)ここからは食事中などには読まないことをお勧めいたします。

子供のころ、トカゲを何十匹も捕まえて粉ミルクの缶の中に入れて飼っていた。
もちろん母には内緒。
しかし当然、下の方のトカゲが死に、それからは連鎖的に・・・缶の中の異臭・・・

蛇を虫カゴに入れて飼ったり、蛇とトカゲ、蛇とノコギリクワガタ、トカゲとカブトムシを闘わせたり(闘わなかったけどね)カタツムリを殻から引っこ抜くとナメクジになるのかどうか実験したりしていた。

ザリガニのシッポを引きちぎって、次のザリガニを釣るための餌にするのなんか当たり前。
カエルのお尻に爆竹を突っ込んで火を点けたりもした・・・
お尻から煙を出しながらピョンと跳ねるカエル。
そして爆竹が破裂する。
当然、カエルも破裂・・・

ああ、本当にごめんなさい。
たくさん殺生しちまったなー
でも、当時のガキどもは、みんなこんなことやってたのね。

話がズレ過ぎた。

で、その大谷場氷川神社の凄いところは、なんと狛犬が「狛キジ」なのだ。
鳥のキジだよ。

これ

IMG_0731.jpg

理由はよく知らないけど、なにしろキジなのだ。

浦和には他にも、調神社のウサギの狛犬(うさぎいぬ?)など面白い狛犬の神社がある。

謂れは知らない。
秩父の山犬伝説と併せて、老後の研究課題としよう。
多分・・・

さて、天満敦子さんの演奏はロマンティックで情熱的だった。

そして、ストラディバリウス・・・
泣く子も黙るビッグネーム。
だから私のような素人で、さもしい輩は、その名前だけで酔いしれてしまう。
あの小さな楽器一つで、都内に、そこそこのマンションが買えるのだなんて考えながら見て聴いてしまう。

「うーん、やっぱりストラドは違うね」

なーんて言ったって、ホントにわかってんの?
ストラトキャスターじゃないよ!
本当にわかる???
「やっぱり○○年のボルドーは違うねー」
なんて言ってる、ちょっとワインをかじり始めたオッサン(Sさん)と同じじゃないの?

私にバイオリンの音色が本当にわかるとは到底思えない。

しかし、それでも敢えて言わせてもらう。

ストラディバリウスの生音はマジで凄かった!

子供の頃、缶蹴り、サッカー、野球、釣り、虫取り・・・そんなことしかやってなかったけど、せめてバイオリンとかピアノとか習っていたらなぁ・・・

もう少しはまともな人間になってたかも。
だが、あとのまつり。
同情するなら
クリック!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

で、先日同じ場所をのぞいても、昔たくさんいたアリジゴクは全くいなかった。
ウスバカゲロウの住める環境ではなくなってしまったからだろう。

寂しいねぇ・・・

テーマ:日記 - ジャンル:ビジネス

コメントの投稿

非公開コメント

南浦和には知り合いが居たのか、小さかった頃、何回か行ったことがあります。
結婚式場があり、それから団地があり、その団地のはずれの大きな門構えの
古い農家みたいなお宅におじゃましていたと思います。
なつかしいです。

ところで、私には弟が居て、彼もクロスロードさんと似たようなことしていました。
弟の部屋に貼り紙がしてあって、「あけるな」
つっかえ棒をしたり、目張りまでしているので、
ついに母が無理やり開けたら・・
なんだか細かな虫がたくさん羽化していて、
ワァ~ッて言う感じで、弟の部屋中飛び回っていました。
母は気絶しそうでした。卵から虫がかえったのでしようかね?

それからバルサンをたいて、大騒ぎでした。

こちらも久しぶり思い出しました。

子供の頃、その結婚式場(玉姫殿。いまはなんだか横文字)のあたりは確か雑木林で、カラスウリとかを採ったりしていた記憶があります。
私の場合、学校から帰ると母親が怒り狂っていることがしばしば。
その日は、部屋の中が数百、数千匹のカマキリの赤ん坊であふれていたそうです。
ペン盾に立てておいたカマキリの卵から出てきたんですね。
箒で外にはき出し、あとは掃除機で・・・
なんて可哀そうな!

あー、でも楽しかったなー
仕事も、勉強もしなかった「超おばか」な子供の頃は。
プロフィール

辻本孝良

Author:辻本孝良
東京都中央区で会社経営してますがビジネス関係の記事はほぼありません。
山とか酒とかB級グルメとか阪神タイガースとかの、どうにもならないような記事ばっかりです。

50歳を過ぎているというのに志の低いブログでごめんなさい。

会社のサイトは 

http://www.e-crossroad.jp

Facebookは  

facebook.com/takayoshi.tsujimoto

Twitterは  

http://twitter.com/t_tsujimoto

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。