スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安いからって飲み過ぎはダメ! (靴も持ってっちゃダメ!)

=========================================

料理も酒も一品300円前後 低価格「居酒屋」出店ラッシュ(7月25日11時35分配信 J-CASTニュース)

一品300円前後の低価格を売り物にした居酒屋が人気を集め、出店ラッシュになっている。
品数も豊富で、こうした低価格店がこれから増えていく、と専門家は見ている。

=========================================

最近、街を歩いていて大いに感じることの一つ
それは、大衆的で安く飲める「やきとん屋」系居酒屋の出店が非常に多いということ。
日本橋界隈だけではなく、渋谷、新宿、池袋もそうだし、もともとそんな店が多かった神田や新橋でさえ益々増えている。
もちろん大宮も。
ある日突然、洒落たカフェだった場所が、やきとん屋とか立ち飲みの串揚げ屋になっていたりする。
不況の影響なのだろう。
だとすれば、お洒落なカフェが似合わないオジサンにとって、不況にも少しは良い点もあるということだ。
上のニュースでは 「全品300円居酒屋 金の蔵Jr.」 「じゃんぼ焼鳥『鳥貴族』」 など、話題の居酒屋に言及。
この2店とも、まだ行ったことがないので、是非とも機会を作りたいと思っている。

先日も馴染みの店である、茅場町の「紅とん」に行こうと歩いていると、少し前から工事していた店がオープンしていた。
赤ちょうちんには「筑前屋」と書かれている。
しかもキャッチコピーは「本物の焼きとん」
一緒にいた皆さんの同意を得ることもなく独断で入る。

これが「筑前屋」

IMG_0653.jpg

今では常連だ。

シロもカシラも、かなり旨い。

tikuzennoton.jpg

そして、このウメシロップが全てのテーブルに置かれている。無料。

IMG_0668.jpg

これを焼酎に少し入れて飲む。
大宮の駅前にある老舗で超庶民的飲み屋 「いずみや」の「梅割り」と同じだが、こちらの方が少し上品な感じかな。
私の場合は「酎ハイ」(焼酎のハイボールのこと)を注文して、ここに少しだけ入れて飲んでいる。
酎ハイは200円だし、焼きとんも安い。だから飲んだ後の勘定は激安だ。

塩コショウとごま油をかけただけのキャベツも美味しいよ。

IMG_0667.jpg

最近は「紅とん」と「筑前屋」には週に1度か2度は通っているな。

これは「紅とん 日本橋店」

IMG_0659.jpg

茅場町店が入れない時はこっちも行く。

そして、その斜め前にある激安居酒屋
「テング酒場」

IMG_0658.jpg

更に、最近オープンした 「合掌」

IMG_0656.jpg

鮨の名店 日本橋「吉野鮨」のすぐ隣にある。
以前はカフェだった場所。

そして、激安・オブ・激安は

「立ち飲み 日高」


大宮の東口にも西口にもある。
きっと、他にもあるだろう。
もちろん、中華で有名な200億円企業の「ハイディ日高グループ」が展開している。

もつ煮

IMG_0645.jpg

シロ

IMG_0652.jpg

ああ、プリン体たっぷりだー

そしてキャベツ

IMG_0646.jpg

とにかく安い。
2000円以下で、しっかり酔える。
というか、1000円くらいで軽く飲み、歩いて10秒の「日高ラーメン」390円で締めるという選択肢もある。
いや、800円で飲んでラーメン+餃子とういのはどうだ?

こうして、財布に優しい店を渡り歩くのは本当に楽しいことです。

しかし、飲み過ぎには注意しなくてはいけない。
健康面ももちろんだが、こうなったら大変でしょ。

IMG_0697.jpg

某駅を出たベンチで熟睡しているオジサン。

ご丁寧に、靴も脱いでいる。

この日、私もお客さんと小料理屋とバーをハシゴしていい加減酔っ払っていた。
しかし、このままではオジサンが可哀そうだと思って声をかけた。

だってね、わが経験から言うと、ヤンチャな高校生なんかが、そういう酔っ払ってベンチなんかに寝ているオジサンの靴をそーっと持って行ってしまう恐れがあるからだ。

それは、悪気のない悪戯・・・
30年以上前のハナシ・・・
あー、ごめんなさい!!!

「お父さん、もう1時過ぎてるよ!それに、靴とられちゃうよ!」

しかし、写真のお父さんは気持ちよさそうに眠っていて一向に起きる気配なし。
だから一応、記念にiPhoneで記念写真を撮り(何の記念だ?)靴をオジサンの近くに置いて別れを告げたのであった。

オジサンが裸足で家に帰らなくてすみますように、と祈りながら・・・

テーマ:ビジネスブログ - ジャンル:ビジネス

コメントの投稿

非公開コメント

靴の思い出

酔っ払いのおじさんの靴、私にも思い出があります。
大学生の時、JR飯田橋駅で、夜10時くらいだったのかな・・
電車のドアが開いて、下りる人が出て・・の次の瞬間、
おもむろにそばに居たおじさんが、ホームに靴を脱ぎ、出入口のそばに立っていた人に
なぜだか定期を見せて乗っていったのです。
私はビックリして、乗れず。アッ・・と言う間に
ドアは閉まり、電車は行ってしまいました。
ホームには、おじさんの靴。呆然としていた私の前から
駅員さんは、何事もなかったかのように、静かに靴を持って立ち去って行きました。
久々に、思い出しました。

・・・それにしても、美味しそうな焼き鳥。
家で焼き鳥をつくるのは、なかなかたいへんなのです。
串にさすのも、その後モウモウの煙の中で焼くのも。
タッパーを持って買いに行きたいくらいです。
我が家の焼き鳥、タレの時は、卵黄をからめて食べるのです。
なかなか、美味しいんですよ。
お店では、試せないですよね。

面白すぎ!

靴の話、そばにいたら、確かに唖然ですね。
でも、大笑いしちゃいました。
なんで靴を脱いだんでしょうか・・・
定期を見せて乗るってのが、最高。
アルコールで完全に脳をやられてたんだろうな。
酔っぱらいってしょーもないですよね。

それにしても、串に刺す作業まで行うなんて、凄いです。
もう、それだけでも美味しいそう。
焼き鳥屋さんの中には、つくねを注文すると卵の黄身がついてくる店もありますよね。
ああ、食べたくなっちゃった。
プロフィール

辻本孝良

Author:辻本孝良
東京都中央区で会社経営してますがビジネス関係の記事はほぼありません。
山とか酒とかB級グルメとか阪神タイガースとかの、どうにもならないような記事ばっかりです。

50歳を過ぎているというのに志の低いブログでごめんなさい。

会社のサイトは 

http://www.e-crossroad.jp

Facebookは  

facebook.com/takayoshi.tsujimoto

Twitterは  

http://twitter.com/t_tsujimoto

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。