古本屋&バーの店を造るぞー!

本日めでたく神田神保町の某ビル賃貸に関する契約を交わした。
ここに私がオーナーとなる古本屋&バーを造り、6月初旬の開店を目指す。

古本屋とバーの併設は非常に珍しい。
しかも、私がやろうとしているこの古本屋はブックオフなどの大きな店舗ではない。
ハードボイルド小説に特化した、専門的でマニアックな店とする。
ダシール・ハメット、ロス・マクドナルド、レイモンド・チャンドラーといった大御所はもちろん、それら作家のパルプマガジン、珍しい本、ギャビン・ライアル、ミッキー・スピレーンからロバート・B・パーカー、ロジャー・サイモンなど、初版本や古いペーパーバックなどをとり揃える。
日本の作家だってもちろん扱う。生島次郎、矢作俊彦、大沢在昌、原、北方謙三などだ。
また、スパイ小説もハードボイルドの一部として、フリーマントルあたりは充実させる。

長い時間立ち読みしていると、私がハタキを持って「買わないなら出て行きな」的にそばの本棚を掃除するような、昔ながらの頑固な店にする。
ただ、ハードボイルド小説に興味のない方には実につまらない書店となるだろう。

でも君はレイモンド・チャンドラーを読まずに死ねるか!?
と言いたい。

「タフでなければ生きてゆけない、優しくなければ生きている資格はない」
このブログの題名の下に小さな英語が書かれているはずだ。
それが、この名文句だ。


さて、夕方も5時半を過ぎると、古本屋の奥にあるバーが開店する。
その場所だけでも、かなり怪しげな店となるだろう。
まるで秘密結社のような、一見さんが入りにくいバーだ。

しかし、店内には最近いろいろな飲食店でかけているような「いい加減なジャズ」をただ「かける」のではなく、本格的な音で聴かせる最高のJAZZを流す。
そして壁面のモニタではロバート・ミッチャム扮する、眠そうな目のフィリップ・マーローがタバコをくゆらしている映像が映し出されているだろう。映画「さらば愛しき女よ」だ。
他にもボギーの「3つ数えろ」「マルタの鷹」、ポール・ニューマンの「動く標的」なども予定している。

昔のハードボイルドには酒とタバコはつきものだ。
しかし、最近はロバート・パーカーの探偵スペンサーに代表されるように健康志向の作品も多い。
だから店内は禁煙。
オーナーがタバコを吸わないからだ。
スーザン・シルバマンだって喜ぶだろう。
店もヤニで汚れないし。
お客の都合より、私の都合が優先されてしまう店なのだ。

それからカクテルはない。
なぜなら私がバーテンをやる場合もあるからだ。
バーテンダーは長年の夢だ。
だが私はカクテルを作れない。飲むのが専門だ。
だから提供できない。
ビールとウイスキーのみ。
これらは、たくさんの銘柄を揃える。ストレートでも、ロックでも、ハイボールでも水割りでもお好みで出す。
つまみは、あたりめ、明治乳業の十勝6Pチーズ、サラミ、ピーナッツなどの乾き物が中心。
これは、まだ大学生だった頃によく通ったお茶の水の「まいまいつぶろ」という激安バーの影響。
素晴らしい店。
これからはライバルとなるが・・・

なにしろ料理はしないし、できないのだ。
しかし、1つだけ料理もある。
名物のホットドック。
自分で名物というのもおかしな話だが、きっとそうなる。
フライパンでキャベツの千切りを炒め、そこにオーブントースターで焼いたソーセージをのせて出来上がり。
ケチャップとマスタードは好きなだけかけて良い。
これは、確か藤原伊織の「テロリストのパラソル」に出てきたバーの影響だ。

カウンター席が7席に、小さなテーブルが2つだけの店。

しかし、一見さんでも金さえきちんといただければ誰でも大歓迎で、マニアックだが居心地の良い空間になるだろう。
しかも酒は安い。

うまい酒を飲み、マイルスやモンクを聞きながらハメットのペーパーバックを読む。
もし気が向いたなら、トレンチコートを着て、ソフトをかぶったままで飲むのも構わない。
もう気分はサム・スペードかマーローというわけだ。
しかし、あくまでも禁煙。
女性には特に優しい店となるに違いない。

さあ、これからが大変である。
設計会社や施工業者との打ち合わせ、内装材と調度品の選択、書棚をどうするか・・・
何よりも古本を集めるのが一苦労だ。

それでもオープンが待ち遠しい。
もうすぐ長年の夢がかなうのだから。

皆さんも、その暁には是非ご来店ください。
ハードボイルドとお酒。
くぅぅぅぅぅぅぅ・・・・サイコー


さて、きょうは年度初め。
オフィス街では、不安と希望を胸いっぱいにした新入社員らしき若者たちも多くみかけた。
エールを送りたい。

桜も咲いてきたなぁ。

なにしろ、きょうは4月1日だ。
そう・・・

4月1日なのだ。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

コメントの投稿

非公開コメント

まったくもって

何度もコメントお許しを。

えー!!!ホントぉ!?
すごーい!!!!とモニターに向かって叫んでました。

段々と、、、今日は何の日?と 心の左岸が問いかけてきて
現実に戻りました。(笑)

現実となる日を待ち焦がれています。
実現される力をお持ちなので、そうなると思ってます。勝手に。(笑)

しかしながら、、、
まったくもって
「禁煙」というところが、素晴らしいと思います。
そして、個人的希望ですが
日本酒をちょこっとだけでも置いていただけたらと。。。






カクテル、つくらないのですか?

I suppose it's a bit too early for a gimlet.

こんなセリフも有名ですよね。

日本酒の他にも、ぜひカクテルを。
あっそれからワインも。

ダメですかねぇ?

「ギムレットには早すぎる」ですねー
ギムレットおいしいですよねー
でも、ジンだ、ベルモットだ、ワインだ、日本酒だって置いていたら、スペースが足りない・・・
というか、お金も足りない、人も足りない、ノウハウなんか完全にゼロで、そもそも計画も店もない。しかもこんな店が儲かるわけがないので「エイプリルフールの夢」ということにしておきます。
実現したら儲かるかなぁ?やり方次第かなぁ?
出資者求む。ハイリスク、ローリターン!元本大割れ保証!
でも、かなり楽しい。

こら~~~!!
畑とお店を持ちたい!と本気で思っている私は、
最後の最後まで「きゃ~~すてき~~!!」と感動しながら・・・
読んじゃったじゃないですか!!

でも、すてきなお店ですね。
ぜひ実現を!
隠れメニューの中にきりたんぽ入れといてください。
ichiが作ります(^^)v

きりたんぽバー

いいねー
きりたんぽ。
採用!
畑とお店ってどんなの?こんど教えてねー
花見はどうだった?
プロフィール

辻本孝良

Author:辻本孝良
東京都中央区で会社経営してますがビジネス関係の記事はほぼありません。
山とか酒とかB級グルメとか阪神タイガースとかの、どうにもならないような記事ばっかりです。

50歳を過ぎているというのに志の低いブログでごめんなさい。

会社のサイトは 

http://www.e-crossroad.jp

Facebookは  

facebook.com/takayoshi.tsujimoto

Twitterは  

http://twitter.com/t_tsujimoto

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク