霧積温泉に行きたい!

その昔、関越自動車道が無かった頃、軽井沢や長野方面に中山道経由で行くには碓氷峠越えが必要だった。
友人とスキーバスツアーの添乗員のアルバイトなどもやっていたので、100回?200回?いままで何度この峠を越したか知れない。
横川駅前のおぎのやさんで峠の釜めしを買うのも恒例だったなぁ・・・
それは懐かしい風景であり、旅の情緒。
そして碓氷峠を越す時に常に気になる地名、それが霧積温泉だった。

最近、その霧積温泉に関する本を立て続けに2冊読む。古本屋さんでまとめ買いした中の2冊。
1冊はキリヅミの名を一躍有名にした推理小説である森村誠一の「人間の証明」で、もう一冊が吉村達也の「霧積温泉殺人事件」。
後者は、どうでもいいとは云わないまでも、まあそんなお気楽な感じの作品。
「人間の証明」は、とても有名.
説明するまでもないかもしれないが西条八十の「麦わら帽子」という詩をモチーフにした推理小説で、角川書店が展開するメディアミックス戦略で大成功したものだ。
しかし、いまのいままで読んだことがなかった。そして昨日と今日で読み終えた。

いつも、だいたい3冊から4冊位を並行して本を読んでいて、そのうちの1、2冊はビジネス書。
そして、もう1冊がビジネスに関係ない小説で、もう1冊はお気楽なエッセイとかにしている。
というのも夜、眠る前にビジネス書を読むと興奮して眠れなくなったりすることがあるし、あれもやらなきゃ、これもやらなきゃなどと考え始めてしまうから、お気楽な本はかかせないのだ。
そしてまさに、この2冊はビジネス書以外でちょっとズシンとくる小説と、超お気楽本として最適であった。
しかも、この2冊を読んで、ものすごく霧積温泉に行きたくなってしまった。
特に森村誠一の著者後書きに書いてある、横川駅から山道をたどり峠越えで霧積温泉に入り一泊。そこから鼻曲山という標高1655mの山を越えて浅間高原に抜けるというルートに興味津津だ。
森村さんは、相当な山好きとして「山がくれた百のよろこび」にも寄稿している。「山中」(やまちゅう)という変な言葉を作っていたのが印象に残る。
曰く、山中とはヤマ中毒のことで、反社会的でなく健康的であるが中毒が昂進すると死に至ることもある。そして下界は山に登る準備期間で、山にいる時だけが本当に生きているという人種・・・云々・・・

IMG_0225.jpg


そんなわけで地図を広げる。
横川から碓氷峠を越して軽井沢に抜ける道は旧中山道で、その昔旅人たちを苦しめた難所だったという。
山賊もでたという昼なお薄暗い道で、いまは茶屋跡などが歴史を偲ばせる道なのだそうだ。
それを碓氷峠で軽井沢ではなく霧積山方面に分けて霧積温泉に向かう。
そして一泊。山のいで湯で汗を洗い流す。
秘湯の夕餉はどんな料理が出るのだろう・・・

翌日は、鼻曲山に登り、小瀬温泉かもう少し頑張って軽井沢に抜ける・・・

あー、地図上に夢は膨らむ。
絶対に実現するぞ!
新緑の季節か?紅葉の頃もいいだろうなー

きょうはそんな想像で夜も眠れなかった。

テーマ:旅行の計画 - ジャンル:旅行

コメントの投稿

非公開コメント

夜も眠れなかった・・・なんて、ロマンチックですね。
私の場合眠れないのは、
発作的にダイエットをして、空腹で眠れないくらい。
大違いです。

夫。
文章がうまいよなぁ。
書ける人はいいなぁ。
フフフ。来週、霧積温泉の奥の氷瀑登りに行くんだよね。

と申しておりました。
彼も、クロスロードさんの愛読者のようです。


山が呼んでる?

‘山中’の辻本さま。(笑)
先日は貴重なお時間をいただきまして
どうもありがとうございました。
美味しかったし、楽しかったです。
いつも少しの時間しかいられませんが(汗)
どうぞまた誘ってくださいね。

この辺りを車で走っていると
遠くの山並みが綺麗に見えて
「山好きの人は登りたくてウズウズしてるんだろうなあ」
と思います。

また綺麗な山の写真、UPしてくださいね。

jtstj 様
ロマンチック??? カミサンに言ったら大爆笑されました。
ご主人はアイスクライミングまで!?凄いなー。冬の赤岳鉱泉で練習しているのを見たとき、機会があればちょっとやってみたいという気もありましたが・・・
今となっては体力的に無理だろうなー
拙筆をお褒めいただきお恥ずかしい限りです。

nakayamaさん
こちらこそありがとうございました。
また行きましょう。Kさんにもよろしく。
埼玉県内からは冬になると秩父の武甲山をはじめとする秩父連山や奥多摩の山々、もちろん富士山も見えるし、さらに北に行けば両神山、赤城山、浅間山、男体山なんかが見えて楽しいドライブができます。
ウズウズかぁ・・・そうかもしれないなー
「山中毒」そこまでは行ってないと思うけど。
プロフィール

辻本孝良

Author:辻本孝良
東京都中央区で会社経営してますがビジネス関係の記事はほぼありません。
山とか酒とかB級グルメとか阪神タイガースとかの、どうにもならないような記事ばっかりです。

50歳を過ぎているというのに志の低いブログでごめんなさい。

会社のサイトは 

http://www.e-crossroad.jp

Facebookは  

facebook.com/takayoshi.tsujimoto

Twitterは  

http://twitter.com/t_tsujimoto

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク