人生これでいいのだ!

きょうは珍しく早く帰宅。
きょうこそ買ったまま積んである本の中でロバート・B・パーカーを読むぞ!と意気込んでいたのに、オリンピック予選のサッカーをテレビで中継している・・・ついついビール片手に観戦。
日本対アメリカ。

あああ・・・負けちゃった…
ま、ワールドカップじゃないからね。

夕飯はサラダと納豆。
カミサンに「夜は絶対に炭水化物は食べない!」と宣言してしまったからね。
(陰でカップラーメンを食べているけど・・・しかもバレてるけど・・・)
CIMG1912.jpg
それで、2次会はコレね。
ウイスキーには缶詰。
きょうは「焼きさんま 大根おろし入り」
大根おろし入りだぜ。ちょっとリッチになれる。

ニュースでは赤塚不二夫の告別式の映像が流れている。
そんなわけで赤塚不二夫ちゃんの告別式も終り、不二夫ちゃんばりに酔っ払いながら書いてみることにする。
写真の後ろの雑誌については後で触れよう。

赤塚不二夫ちゃんは、あれだけ滅茶苦茶好き勝手やって死んだんだから、きっと幸せだった思うよ。楽しい人生だっただろーなー。
告別式でタモちゃんが「私も貴方の作品の一つ」と言っていたが、我々の年代のうち恐らく30%程度はドンピシャで赤塚不二夫の作品なのではなかろうか。
正に私はそうだ。
「おそ松君」にはハマった。単行本は全て持っていた。希少な「なまちゃん」だって持っていた。
「持っている」と書かないのは、いま持っていないからだ。
ずっと昔、部屋が散らかっていることを好まない母親に廃棄されたのだ。
モノの価値に対する見解の相違はいつの時代も悲劇だ。
わが娘もジャニーズの「なんたら」という小僧に熱をあげているらしいが、同じことだな。
悲劇だ。
それはそうと、やはり「天才バカボン」は凄かった。
われらの愛読書、そしてバイブル。
バカボンのパパは映画館の前でタイトルを読んでいる。
「と・に・り・ぬ」か・・・
あんまり面白そうではないのだ・・・
だって。
で、そのタイトルを見れば、おービビアン・リーとクラーク・ゲーブルではないか!
そう「風と共に去りぬ」だ。

不二夫ちゃんは一緒に飲んだら楽しいおっさんだったんだろうなー。
そうなりたいものだな。

さて、ウイスキーもかなり効いてきました。
(漢字はこれで正しいのか?アルコールが効いているって???????)

今頃、私の悪い仲間たちは新宿駅で松本だか上高地に行く特急だか急行だか鈍行を待っているはずだ。
チッ!
おれだって行くはずだった・・・そこにいるはずだった・・・
槍ヶ岳・・・上高地・・・
涼しいだろーなー、奇麗だろなー
「てやんでー、羨ましくなんかねーやい」(デコッパチの口調で)
まあ、楽しんできなよ、みんな。

さて、本題に入る。
写真のバックに写っている雑誌は、先日、新聞の広告で見たから本屋さんに買いに行った。
日本橋丸善。
ない、ない、どこにもない!
で、タイトルも何もわからないが店員さんに説明する。
しかし「売り切れのようです」だって。
ガビーン!古っ・・・
じゃあいいよ。
本屋さんの知り合いに頼んだ。
そしてきょう届いた。

「やっぱり好きだ、阪神タイガース

tigers

この中に、各界の有名人に訊くこれまでのベスト9を選ぶという企画があった。
これは、常々私も考えていたことだ。
そして、これほど難しい選択もないのだ。

この遊びを最初に教えてくれたのは、冒頭でも名前が出ていたロバート・B・パーカー、というより、その小説に出てくる探偵スペンサー。
彼は暇な時に、歴代の選手からボストン・レッドソックスのベスト9を選んでいる。
その影響なのだ。

では、まずピッチャーから。
ここは 江夏 で決まりかとおもいきや、スタンダードな村山あり、江本あり、今が旬な藤川あり、藪や井川というメジャー挑戦組あり、それはないだろ伊良部あり・・・
しかし、ピッチャーは打力を要求されないだけ自分の好き嫌いで選んでいるだけだ。

それがキャッチャーとなるとそうはいかない。
リードがあり、しかも打てる・・・
私は木戸だ。
しかし、そうすると田淵はどうなるのだ!?
ファーストに回すか?そうだ、ファーストだ。
じゃあ、バースはどーするんだ?バースはファーストしかできないよ。
じゃあ、ファーストはバースで決まりだ。
じゃあ、田淵はどうするんだ?田淵はキャッチャーかファーストしかできないよ!
ああああ混乱・・・
サードの掛布は決まりとして、ショートに藤田平。じゃあ、真弓はレフトで・・・ああ、金本は?センター?いや、センターは新庄の肩か赤星の足か・・・じゃあ、赤星をライトでなんとかとなると、私の大好きなカークランドはどうなるんだ?ラインバックは?桧山は?
それにセカンドを岡田にすると、今岡は?平田は?和田は?
どーすりゃいーんだよー!

こうして頭は混乱するばかりだ。
ま、はっきり言ってどうでもいいことだな。

人生はいろいろ面倒も多いけどそんなものだ。

これでいいのだ!

テーマ:阪神タイガース - ジャンル:スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

辻本孝良

Author:辻本孝良
東京都中央区で会社経営してますがビジネス関係の記事はほぼありません。
山とか酒とかB級グルメとか阪神タイガースとかの、どうにもならないような記事ばっかりです。

50歳を過ぎているというのに志の低いブログでごめんなさい。

会社のサイトは 

http://www.e-crossroad.jp

Facebookは  

facebook.com/takayoshi.tsujimoto

Twitterは  

http://twitter.com/t_tsujimoto

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク