土合 ― 白毛門  単独 ピストン

白毛門は湯檜曽川を挟んで谷川岳と相対する名峰だ。
CIMG1881.jpg

7月3日(木)は早く帰宅できたので、BSで阪神VS中日戦を観る。
ビールと枝豆とナイターとくれば、昔ながらのお父さんの定番だ。
そしてタイガースの快勝!強い!(いまこれを書いている7月7日現在は6連勝中。アラフォー・トリオが大活躍しているし、本当に勝ち方が素晴らしい。昨日の金本の逆転サヨナラ弾にいたっては神がかり的だ)
うーん、ストレスが少しだけ解消。
さらに癒しを求めてレコードなんかを聴く。肩の凝らない、それでいてちょこっとじっくり聴けるようなアルバム・・・
コルトレーンの「バラード」
何百回も聴いているのに、いまだに飽きることがない。あのコルトレーンが実にリラックスして演奏を楽しいんでいるようだ。
一緒に飲(や)るのはサントリーの「角」
マルエツのセールで買った。それをソーダで割ってハイボール。
そして「チェット・ベイカー・シングス」にオスカー・ピーターソンのトリオ・プレイなど…
なんとも、いいねー
しかし・・・
何かが足りない・・・
タイガースがセ界制覇に向け、そしてその後の日本シリーズに向かって前進しているのに・・・
そしてウイスキーにお気に入りのレコード・・・
それでも何かが足りないのだ!
あー、それは
そう 山 なのだ。
そろそろ、本気でヤバい。
山に行かなければ煮詰まる。仕事どころではなくなりそうだ。
金曜日は猛烈に仕事をして、できる限りのところまで片付ける。
終わらなかった仕事はゴメンなさい。

前日の天気予報では、非常に暑い日で湿度も高くなると言う。
日曜日には用事があるのでアルプスに行くわけにも行かないが、秩父・奥多摩・道志・丹沢あたりだとかなり暑かろう。
となると、どこだ?とあれこれ考えた。
平標山なんかどうかな?しかし、あそこはアクセスが悪く車じゃないとダメ。ということは帰りに一杯飲めないので没。
谷川岳は?何度も登っているなー。しかも西黒尾根からの登頂は、2か月もブランクのある今の状態では厳しいだろう。日本3大急登の一つだよ~それにロープウェイで天神平まで行き、天神尾根では少し物足りない。
じゃあ、その反対にある白毛門はどうだろう。
ということで
7月5日(土)
6時34分 大宮発の新幹線に乗り込む。
高崎まで30分ちょっと。そこから水上まで行き、さらに水上で長岡行きに乗って土合まで。
これが日本一の地底駅「土合」の名物 462+24段の階段。
CIMG1854.jpg

改札は、はるか上。山登りの前に既に疲れます。

土合橋手前で登山口へ。
そこから延々と樹林帯の中の急登が続く。
しかし、心は軽い。
大木の根を手掛かりにしてよじ登る箇所がいくつもある。
暑い。汗が噴き出し体内の水分を奪う。水は山用パスタの分も合せて4リットルほどあるが、大丈夫かと心配になるほどだ。途中に水場はない。
休み休みで約2時間、暑さでかなりバテている。
木の丈が低くなりだして森林限界に近づくころ、突然目の前に白毛門が現れる。
CIMG1865.jpg

うわー、まだあんなに遠いのかー
頂上は遥か遠い。
岩場、くさり場などを越し、2時間半ほどで松ノ木沢の頭に到着。
ここからの谷川岳はでっかい!谷川の東側を見る最高のビュー・ポイント。
CIMG1863.jpg

やっぱり谷川岳は魅力的な山だ。
左がマチガ沢で、真中がクライマーが憧れ怖れる一ノ倉沢、右は幽ノ沢。
谷川岳は世界で一番、しかも他の追随を許さないほど事故死者が多い山なのだそうだけど、その多くは一ノ倉沢と幽ノ沢でのものだそうだ。

約3時間ちょっとで頂上着。標高1720m
CIMG1873.jpg

暑さでかなりバテバテ。
きつかったー
頂上付近はさすがに涼風が吹いているのだが、日差しが非常に強い。
私より先に頂上にいた人も「ここにはよく来るけど、きょうはきつかった」って。
あーよかった、自分だけがきついのではないようだ。

あまり食欲がなかったが、スタミナ切れしてはまずいのでドリンク式のゼリーとカロリーメイトの行動食を摂る。
頂上からは笠ヶ岳がよく見えた。
CIMG1869.jpg


ピストンの場合、登りが急なら、下りも急だ。
膝はガクガク、体はヘロヘロで降りてきた。
いやー、それにしてもトレーニング不足だ。
なんとかしなければいけないなぁ・・・
そして、この想定外の暑さと湿度には参った。

帰り道。
土合の駅にビールは無い。水上駅でも時間がなくて買えなかった。
高崎駅でようやくゲット。
プハー!! たまらん。
ストレス解消!
山は文句なくイイ!

その後、もちろん地元の居酒屋でも飲みました。
そして、翌日 体重を計ると、なんと1キロ以上減っていた!
しかし、きょうは元にもどりつつある。
さらに、ものすごい筋肉痛・・・
2日後に筋肉痛になるのは年とった証拠だとみんなに笑われてます。

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

素敵な山日記をありがとうございました。
お忙しいでしょうが、たまには、遊びに来ませんか?
しゃぶしゃぶなど食べながら、山の話を聞きたいと思います。

是非是非!!

素晴らしいお誘いありがとうございます!肉を持って行きたいですねー まずは一度お店にお邪魔します!

白毛門は、冬にラッセル訓練で行きました。
若かりし頃、夏場の谷川岳と言えば、やっぱり一ノ倉沢と幽ノ沢でした。
今は眺めるだけ。
南面の沢登りも気持ちいいですよね。
これからの季節は。
早く膝をなおして出かけたい。
登頂後のビールといい、羨まし~い!!

白毛門は厳冬期以外のトレースがしっかりついている積雪期がやっぱりいいなーと思いましたね。ラッセルはもうしたくない。
それにしても日々のトレーニングの必要性を痛感した日でした。年齢とともに体力も・・・
昔のような登山ができなくなりますねー。
プロフィール

辻本孝良

Author:辻本孝良
東京都中央区で会社経営してますがビジネス関係の記事はほぼありません。
山とか酒とかB級グルメとか阪神タイガースとかの、どうにもならないような記事ばっかりです。

50歳を過ぎているというのに志の低いブログでごめんなさい。

会社のサイトは 

http://www.e-crossroad.jp

Facebookは  

facebook.com/takayoshi.tsujimoto

Twitterは  

http://twitter.com/t_tsujimoto

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク