6月 残雪の涸沢から北穂高岳へ

涸沢 モルゲンロート

1506180003.jpg


6月6日 早朝 上高地をスタート。

小雨が降っていて、しっとりとした新緑の中を歩く。
雨は徳沢に着くころにはあがった。

横尾で横尾大橋を渡る。

屏風岩の大岩壁が見えてくる。

P1070413.jpg

青空が見えてきた。

さらに進む。

本谷橋と同行メンバー

P1070415.jpg


ここからはずっと雪上を歩くことになる。

我が隊

10417462_666228133477266_8172462770046268301_n.jpg


やがて涸沢が見えてくるのだが、それからがまた長い。

IMG_1475.jpg


そして

おお、涸沢!

IMG_1483.jpg


いつ来ても、何度来ても、俗っぽくなってきても、どうにも素晴らしい。
ここはパラダイスだ。

右奥の雲に隠れたピークが、明日登ろうとしている北穂高岳。

IMG_1489.jpg


まあ、なにはともあれ宴会。

P1070447.jpg


夕方になるとキタホの山頂もガスに包まれた。

P1070464.jpg


夜は更ける。

明日の好天を祈って寝た。




翌朝、6月7日の涸沢モルゲンロート

IMG_1490.jpg


目指すキタホをバックにアタック前の記念撮影。

11328764_1574903689427690_1831516481_n.jpg


朝4時40分に出発。

天気は最高

052.jpg


まあ、はじめは余裕だったけど、そのうち、とにかく滑って転んだらマジでヤバイことになるわけで、ずっと緊張感を強いられる急な傾斜の登りが続く。

アイゼン、ピッケルワークちゃんとしてね。

我々が砂粒程度に写っている写真を、今回は涸沢までが目的だったTさんが撮影してくれていた。

11121042_1574953116089414_924252807_n.jpg


青空眺める余裕なし。

11391550_666228516810561_6905314071691735824_n.jpg


とまあ、3時間弱の格闘の末、山頂に着いた。

歓声と握手。

そこに広がる景色は息を呑むようなものだった。

ここには何度か立ったけど、来るたびに、立つたびにバードスキン。

奥穂高岳、前穂高岳、ジャンダルム、切立つ滝谷・・・・

P1070478.jpg


大キレットの向こうに天を突く槍ヶ岳

P1070480.jpg


そして、立山連峰に後立山、富士山も南アも加賀の白山もみーんな見えるぜ!

登頂の喜び爆発。

この充実感はなんなんだー!!

というわけで動画もどうぞ。




4人で記念撮影

11391511_666228816810531_6191206754699869675_n.jpg


季節感のない奴が1人いるな。

まあ、それだけハードな登りだったのだ。

皆の気持ちが高ぶっているのがよく分かる。
何度も何度も穂高と槍を見た。
素晴らしい時間だった。

しかし、我々はこの日のうちに上高地へ下って東京まで帰らなければならないのだ。
そして、キタホ上部の急斜面の下りの恐ろしさといったら登りどころではない。

それでも、キタホの山頂に住むわけにもいかないから滑落停止の動作をイメージしてから降りる。

落ちるとどこまでも行っちゃいそうだ。

11401300_666228616810551_3116801021674610627_n.jpg


まあ、経験者揃いなので慎重に降りれば問題はない。

傾斜も緩めば一安心。

涸沢小屋に到着して、皆が無事で降りられたことを喜び合った。

1507717_666229223477157_3324291998238705836_n.jpg


昼ごはんもここで済ませたら、ソフトクリームで乾杯!

11390281_666229210143825_1838624423291934054_n.jpg
(撮影はシガちゃん)


涸沢ヒュッテに戻り、パッキングしたら、いよいよ涸沢ともお別れ。

何度も何度も振り返っては「また来るぜ!」と誓う。

本谷橋から見た北穂高岳は、どうみても笑っているようだった。

P1070505.jpg


「山笑う」って本当にあるんだよね。



今回、このジジイをいたわってくれたメンバーに心からお礼申し上げます。

ありがとー!

ホント優しくて、楽しくて、素晴らしいメンバーに恵まれた。
そして天気も上々。

想い出に残る良い山行だった。


烈風の安達太良山と、まったり温泉のくろがね小屋

1月に行った安達太良山のことを、同行していただいたIさんがブログにアップしてくれたので、リンクしちゃいました。

頂上はこんな感じで、ものすごい風が吹き、山頂標識が傾いておりました。

P1070184.jpg

だから寝っ転がって撮影。

頂上へは、自分とMさんで。

P1070176.jpg
P1070180.jpg

詳しくは → 安達太良くろがね小屋 

を読んでね。


平標山~仙ノ倉山

先日、平標山から仙ノ倉山を歩いた。
(もう何十回も登ってるけど)

その際に仙ノ倉山頂から撮った360°パノラマ動画
(注意:風の音出ます)



所々に雪が残り、ミネザクラが咲く中、爽快なハイクだった。

IMG_1255.jpg

仙ノ倉山から平標山に続く伸びやかな稜線。
山頂付近のミネザクラは、まだつぼみ。

IMG_1282.jpg

奥の白い山は苗場山。

5月だったので、高山植物はあまり咲いていなかったが、6月とか7月あたりになると、この稜線には花畑が広がる。

いつ訪れても良い山だ。

帰りに寄った貝掛温泉の素晴らしさが忘れられない。
プロフィール

辻本孝良

Author:辻本孝良
東京都中央区で会社経営してますがビジネス関係の記事はほぼありません。
山とか酒とかB級グルメとか阪神タイガースとかの、どうにもならないような記事ばっかりです。

50歳を過ぎているというのに志の低いブログでごめんなさい。

会社のサイトは 

http://www.e-crossroad.jp

Facebookは  

facebook.com/takayoshi.tsujimoto

Twitterは  

http://twitter.com/t_tsujimoto

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク