スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

梅雨の合間の皇居ラン

きょうのウオーク&ラン

130616134239.jpg

皇居3周(15km)のラン+他約5km=20km

まずはウォーミングアップということで銀座方面に向かってウォーキング。

京橋に新しくオープンした東京スクエアガーデンの1階にはモンベルのショップが入った。

IMG_8879.jpg

こんなことからもアウトドアブームであることがうかがえる。


そう、きょう本当は山友7人で奥多摩の御前山に登る予定の日だったが、梅雨のビミョーな天気のためにリタイアする者が続出し、自分もそのうちの一人だったのだ。

ヘタレだわ・・・

ちなみにオレは京橋生まれだ。
しかし小さい時に浦和に引っ越してしまった。


山に行かないとなれば、前日のイベント(オールディーズナイト・そのうち詳しく書く)の打上げではバカ飲み。
相変わらず学習しないオッサンだ。

しかも朝方はサッカーのコンフェデレーションズカップ、対ブラジル戦まで観ちゃった。
(前半は少し寝てたけど)

というわけできょうの日曜日は起きるのが遅くなってしまった。
ブランチして、ダラダラとテレビを眺めて13時近くまで過ごしてしまった。

しかし、夏の北アルプス裏銀座縦走に備えて鍛える必要がある。

7人のうちの2名はその縦走に備えて山に行っているというのに、一番ヘタレなオレがサボるわけにはいかない。

だから歩き、走っているのだ!


中央通りを進むとホテル西洋銀座のあったビルが虚しく建っている。

IMG_8880.jpg

先月末で閉館してしまった。

ここの地下1階にあったリストランテ「アトーレ」は良く通ったものだ。
カジュアルゾーンでは気軽に上質なイタリアンを食べることができたし、バーも良かった。
パスタが美味しかった。
フォーマルゾーンは接待や少し気取った食事に使えた。

閉館は本当に残念だ。
最後の日に、パスタを食べに行こうと思っていたが忙しくて行けなかったのも残念だ。

銀座の歩行者天国に入る。

IMG_8881.jpg

1丁目付近は人出も少ない。
雨だったせいもある。

いま銀座松屋ではタグ・ホイヤーのカレラ50周年記念の展示販売をやっている。

IMG_8883.jpg

スティーブ・マックイーンがカッコイイ!!
衝動買いしそうだ・・・
すでにホイヤーはいくつかあるんだが、ディカプリオのCMのやつも、どうにもカッコイイんだよなぁ・・・


4丁目を右折して人が多くなった晴海通りを皇居に向かって歩く。
しかし、やはり銀座を歩くときはやはりカッチョ良くお洒落して歩いたほうが楽しいな。

皇居の外周道路に入ったら走る。
といっても時速10km程度のスローなラン。


先日まではツツジがたくさん咲いていたが、いまは紫陽花が咲きはじめた。

IMG_8890.jpg

カルガモ親子も発見。

IMG_8887.jpg

IMG_8888.jpg

きょうの桜田濠

IMG_8889.jpg

3周したら丸の内から永代通リへ。


明治生命館は重要文化財だ。

IMG_8891.jpg

丸の内仲通リはオシャレだね。

IMG_8892.jpg


きょうは湿度が高く、走り終われば汗だく。
腰にドリンクホルダーを着けて走っているが、そのドリンクも足りないくらいだった。


走るのが好きで走っているわけじゃない。

アルプスに登るために走っているようなものだ。

ずっと以前から考えている

室堂―劔沢―剱岳―真砂沢ロッジ―仙人池―阿曽原温泉小屋―欅平

というコースを4日or5日かけて歩く山行だって、なるべく早く実現させたい。

そのためには鍛えておく必要があるから走る。

それでも、やっぱり身体を動かせば気持ち良いものだ。

山に行ってりゃ良かったかな・・・

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:ジョギング・ランニング - ジャンル:スポーツ

鳥沢駅―扇山―百蔵山―猿橋観光―猿橋駅

P1040989.jpg


6月1日朝7時30分、中央線の鳥沢駅から歩き出す。
3日前に史上3番目に早い梅雨入り。

ぱっとしない天気が続いていたが、予報によればこの日は晴れのち曇り。
翌日の日曜は雨だというので急きょ決めたトレーニング山行だ。

甲州街道を突っ切り、中央高速道をくぐって大月カントリークラブ方面に緩やかに登ってゆく。

梨の木平まで約50分のウォーミングアップだ。
しかし前回来た時にはなかった九十九折の車道をショートカットする道が森の中にできていた。

梨の木平にはトイレもある。
ここで富士山とご対面。

P1040979.jpg


ここから本格的な山道が始まる。

と言っても良く踏まれていて、扇山までは危険箇所もないし、迷うこともない。

夏の富士登山みたいなもんだ。
とにかく登っていれば着く。

決定的な違いは、富士山は渋滞して進めないほど人がいるのに対し、この日の扇山では、山頂まで誰にも会わなかった。

一人っきりの静かな静かな山歩き。
最高だ。

会うのは鳥、蝶、蛾、蜂、カゲロウの類、蟻、トカゲ・・・
その他の変な生き物など。


水場を過ぎ、大きな杉の木を越してどんどん登る。

緑がキレイだ。

P1040983.jpg


フィトンチッド。


昨日の仕事次第では谷川岳を西黒尾根から登ろうと思っていた。

でも帰るのが遅くなってしまったし、天気もあまり良さそうではなかったので、このコース、すなわち鳥沢駅から扇山と百蔵山をセットで登って猿橋駅に下るコースにした。

ここは、すでに何度か歩いている。
低山だがけっこうハードなガッツリコースだ。


もしかしたら山頂にも誰も居ないかもしれないと思いながら、富士山が綺麗に見えることを期待しつつ登る。

山頂付近ではツツジの類がたくさん咲いていた。

P1040984.jpg


主稜線を成す大久保のコルに出て右折すれば、ひと登りで頂上だ。

富士山デーン!

P1040985.jpg

少し曇り気味だけど期待通りの眺望。

しかし先客がいた。

扇山は山梨県が定める秀麗富嶽十二景のうちの一座で、山梨百名山でもある。
これから向かおうとしている百蔵山も同じ。

広い山頂で記念の一枚。

P1040997.jpg


おにぎりを1個食べ、少し休んだら出発。

大久保のコルまで戻り、大久保山まで少し登る。

そこからはひたすら下る。
せっかく登ったのにもったいないくらい容赦なく下る。

下りきって少し登ればそこがガンバノ頭。

それからはアップ&ダウンの繰り返し。

コタラ山の東を巻いて行けば百蔵山への急登だ。
それをクリアして山頂へ。

P1050017.jpg


百蔵山の山頂も広い。

そしてここでも秀麗富嶽を見た。

P1050011.jpg


P1050019.jpg


残ったおにぎりを食べて、のんびり富士山を眺めていたら団体さんが登ってきた。

オバちゃんたちが富士山を見て大声で大騒ぎしている。
それこそ、まるで夏の富士登山だ。

富士山を見てテンションがあがるのはよーく理解できるが、少しは他のパーティーへの気遣いくらいした方がいいよなぁ。
鳥も逃げてくわ。


というわけで退散。


前回、全く同じコースを歩いた時(あとで調べたら2007年11月だった)は、もっとキツかった印象がある。

しかし、この日は絶好調だ。
もちろんスピードは落ちているだろうが、脚の疲労感が少ない気がする。

体重を落としたからか?

ズンズン下る。
このままだと1時少し過ぎには猿橋の駅に着くだろう。

ちょっと早い。

寄り道することにした。

中央本線の猿橋駅はスタート駅としてもゴール駅としても、何度も来ている。

しかし、そこから約20分ほど歩いたところにある「猿橋」へは行ったことがない。
なんでも日本三大奇橋の一つだそうだ。

一応、名勝ってことでテレビなどで紹介されているのを何度か見たことがある。

実物を見てみよう。

約40分ほど余計に歩く計算だ。

猿橋

P1050024.jpg

P1050029.jpg

水面までは30m

P1050026.jpg

猿橋がどうして奇橋なのかは興味があったらググって調べてね。


山登りの後に観光っていうのもなかなかいいもんだ。


観光したら猿橋駅に向かう。

駅の手前にセブン-イレブンがあったからビールを買った。

駅のトイレで身体を拭いてシャツを着替えたらベンチに腰掛けて、登山靴の紐を緩めてプシュー。

ぷはーっ!

うひゃ~
サイコー!

そしてよく歩いたー
やっぱり山のトレーニングも山がいい。

秀麗富嶽が満載の山行だった。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

富士山の世界文化遺産登録って手放しで喜んでいいのだろうか・・・

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

プロフィール

辻本孝良

Author:辻本孝良
東京都中央区で会社経営してますがビジネス関係の記事はほぼありません。
山とか酒とかB級グルメとか阪神タイガースとかの、どうにもならないような記事ばっかりです。

50歳を過ぎているというのに志の低いブログでごめんなさい。

会社のサイトは 

http://www.e-crossroad.jp

Facebookは  

facebook.com/takayoshi.tsujimoto

Twitterは  

http://twitter.com/t_tsujimoto

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。