皇居ジョグ

きのう日曜日
午後になると雨もあがったので皇居ランニング

2周 + α で約15Km

1304211606002.jpg


先週は飲む機会が多かった。
だから少しお疲れ気味。

でも残雪期のアルプスに行くために弛んだ精神と身体に喝を入れなければ。

いつもの半蔵門から桜田濠の風景
1304211605003.jpg


もうすぐGWだねぇ。

テーマ:ジョギング・ランニング - ジャンル:スポーツ

2013年4月14日 伊豆ヶ岳から子ノ権現

西武秩父線の正丸駅から歩き出す。

まずは大蔵の集落を抜ける。
のどかな山村風景が広がり、畑、山、家々の庭にはたくさんの花が咲き誇る。

P1040791.jpg

P1040796.jpg


色彩豊かな山里を歩くのは実に楽しい。

P1040793.jpg


10分も歩くと暑くなってきたのでフリースを脱ぐ。

集落を抜け馬頭観音のある正丸峠分岐を左へ入ると沢沿いの本格的な登山道となる。

小さな滝がいくつも現れて目を楽しませてくれる。

P1040797.jpg

新緑も気持ちいい。

P1040799.jpg


やっぱり来てよかった。

いま、ちょっと大きめなプロジェクトを抱えていて、その商談というか、プレゼンのために前日の土曜日も仕事をしていた。

そのプレゼンが翌日の月曜日。

だから、そのためにきょうは軽いジョギングくらいにしておこうかとも思ったのだが、街中を走ったところで、たいしたストレス解消にはならない。

だから昨日の夕方、伊豆ヶ岳を越えて子ノ権現へのコースを歩こうと急きょ決めたのだった。
それに残雪のアルプスに行くために鍛えておく必要もある。


この縦走コースは昔からトレーニングのため、地図読みの練習のため、もう何度も何度も歩いている。
だから何も調べずに、思い立ったら来れるコースの一つ。


さて、やがて沢が細くなり、地中に潜ってしまう場所から木の根と岩が混じった急登となる。

この登りは雨の日の翌日などで地面がぬかるんでいると非常に厄介だ。
踏ん張った脚がズルズルと滑ってしまう。
落ちないようにするのに必死。
そして靴もパンツも泥だらけになること必至。

幸いにもこの日は乾いていたので脚を踏ん張り、滑らないようにゆっくり登った。

小尾根上に出ると勾配は落ち着き、右に行けば正丸峠からの尾根道に合わさる。
尾根を少し登ると、散りゆく山桜を見下ろす景色。

P1040804.jpg


そこからひと登りで本日のメインイベント

伊豆ヶ岳名物、男坂のクサリ場。

P1040806.jpg

高さ50mほどの岩崖だ。

ここは基本的には通行止め。
立て札にもガイドブック等にも迂回路の女坂を登るようにと書かれている。

しかし一部の山好きは、この男坂を楽しみに伊豆ヶ岳に来る。
その中の一人がオレだ。

岩場の練習になるし高度感もなかなかスリリングだ。

きょうは朝一で一人追い越し、若者一人に追い越されているだけで、ここまでほぼ一人で来た。

見上げても登っている人はいない。

ハイドレーションシステムのチューブをくわえて水を飲み、深呼吸してから岩に取り付く。

三点支持で慎重に登ってゆく。

核心部を過ぎたあたりからはこんな景色が。

P1040811.jpg


武川岳の奥には武甲山の山頂が見える。

さらにいくつかの岩を越せば女坂からの道と合わさって山頂だ。

P1040812.jpg


山頂には誰もいなかったので三脚で記念撮影。

P1040815.jpg


少し座って休憩していると、だんだん人が登ってきた。

出発。

古御岳へは、一旦南へ急で滑りやすい斜面を下ってゆく。
鞍部から登り返せば古御岳。


高畑山へは再び急な下り。
滑りやすいが、きょうは登山道が乾いているからマシだ。

この辺りから、花、特にスミレの類をたくさん見ることができる。

アップ&ダウンを繰り返しながら進むと高畑山。

P1040827.jpg


ここで5分ほど休憩。
チョコをちょこっと食べる。

中ノ沢ノ頭に向かって小さなアップダウンを繰り返し、ヒノキ林の緩やかな尾根を下ると天目指峠に出る。

ここから、また登りで最初は急坂。
天目指峠の標高が487mで、そこから約100mほど高度を上げた小さなピークにベンチが設えてある。

ここでお腹も減ったのでランチ。

高度計チェック。

P1040832.jpg

595m

iPhoneのGPSもチェック

201304140001.png

597m

2万5千分の1の地図でもチェックすると、ほぼ合っている。

ベンチに座っておにぎりにぱくついていると、サクラの花びらがヒラヒラと落ちてくる。

真上に山桜。

P1040830.jpg


正面にも山桜。

P1040829.jpg



やっぱり山はいい。

更にこんな景色を見ながら進む。

P1040835.jpg


その先、小さな祠が祀られた小ピークを越せば子ノ権現。

少し手前からは通ってきた伊豆ヶ岳と古御岳を望むことができる。

P1040836.jpg


そして反対側を見れば大岳山も見えた。
(右端の一番高い山)

P1040839.jpg



子ノ権現は足腰の神様。

P1040840.jpg


今回もまた、できるだけ長く山歩きができるように参拝。

鉄下駄と鉄の大草鞋(かねのおおわらじ)

P1040841.jpg

庫裏

P1040844.jpg

いつものようにお守りをいただく。

P1040845.jpg

いつもの仁王像

P1040846.jpg


二本杉は埼玉県指定天然記念物

P1040849.jpg

ここは、ちょっとした観光地でもある。
車で来れる。
だからトイレに寄ってからお土産物屋を見ていたら、店のオジサンに岩茸の佃煮がメチャウマだから試食しろと言われた。
食べてみた。
ちょっと甘めだけど、岩茸が美味しかったので1パック買った。

ここからは西吾野駅か吾野駅まで下る。

今回は西吾野を選択。

植林地を抜けると小床の集落に出る。
ここものどかな山里。

国道299に出たら左に進むと西吾野駅はすぐだ。

手前の店でビールを買って、電車が来るまで駅のベンチでピーナツ食べながらグビッとやる。

ああ、春だぁ・・・。

つくしんぼうも笑ってら。

P1040852.jpg

前回の伊豆ヶ岳は ここ

その前は ここ


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

2013年3月16~17日 乗鞍岳・位ヶ原

広大な位ヶ原と乗鞍岳(左は剣ヶ峰・右は摩利支天岳)
右の人=オレ

01_156072_10151403868028768_811258993_n1.jpg


ハイシーズンの乗鞍岳は一大観光地というイメージが強いが、冬となれば全く別だ。
広大なハイマツ帯が雪原に変わる。
もちろん整備された道路も雪に埋まる。

26年か27年前にB.Cスキーで訪れて以来の乗鞍でスノーシューと山登り。
雪山を満喫する楽しい週末だった。



3月16日(土)

朝6時に車で新宿を出発。
本当は昨年の3月に歩く予定だった乗鞍の位ヶ原に向かう。

メンバーはその3月に位ヶ原から急遽変更の北八ヶ岳スノーシューツアーでお世話になったミホさん、そしてミホさんの知り合いのKさん、そしてオレの3名。
どうしてこの日に、このメンバーで、この山になったのかについては色々&色々あって話がすごーく長くなるので省略。

Kさんとは初対面。
なんと彼は気象予報士さんなのだ。
ということは・・・・

晴天を約束されたも同然だ!
こいつぁー春から縁起がいいぜ。

中央道は渋滞もなく、途中でブレックファスト休憩も入れて松本I.Cで下りて158号線へ。 登山口となる乗鞍高原温泉スキー場の手前でこの景色。

02_380379_10151409639983768_504624220_n2.jpg


うおー!

目指す白き山!

そしてこの青空!

テンション上がるわー!

スキー場の駐車場に車を停め、スキーヤーたちに混じって支度を整えたら出発だ。

まずはリフトで少し高度を稼ぐ。

そして出だしはこんな緩めな感じ。

03_1648_10151409645728768_1233730697_n.jpg


スノーシュー履いたら、いざ行かん!


緩やかな斜面を登ってゆく。
登るにつれて自分の背後に広がる景色が・・・

これ

04_66616_10151409652733768_2133966029_n.jpg


南アルプスと中央アルプスが見えてくる。

さらに登るとキツイ斜面が出てくる。
スノーシューの両サイドの刃とつま先の爪を効かせながら登る。

同行の若い2名はスイスイ登っている。
オレはヒーコラヒーコラ言いながらついて行こうとするのだが、ダメ。

ここでペースを上げちゃうとバテるので、マイペースで登ってゆく。

歳も歳なのだけれど、このところの運動不足もたたっている。
山に登るのは1月の丹沢・塔ノ岳以来だ。

もう少し身体を締めなければいかんな。

そんなこんなで時折休憩を入れてもらいながら、位ヶ原手前のツアーコースから位ヶ原山荘への分岐となる地点へ。

そこに広がるのは・・・

ああ!

穂高!


05_P1040716.jpg

思わず歓声をあげてしまった。

屹立する岩々がなんとも雄々しいが、対照的に吊り尾根が描く曲線はなんとも優雅だ。

ああ、穂高、ほたか、ホタカ!

しばし棒立ち。
見とれていた。


さて、今日は位ヶ原山荘まで行く予定。

今いる場所から山荘までは1時間くらい。
時間はまだ早い。
ここで今回のリーダーとして我々を案内してくれている美穂さんから2つの選択肢が示される。

一つは、もう少し上、肩の小屋まで登ってから山荘に下るという案。
もう一つは、このままここで穂高を見ながらコーヒーでも飲んでまったりするという案。

この日、気温は 高め。
マイナスではないから、しっかり着れば寒くない。

ヘタレな年長者は迷わず後者を選択!
それに従ってくれるお二人。
ありがたや~

というわけで、こんな感じ。

06_544063_10151409653943768_1968356490_n.jpg

雪の上に座ったり、寝っ転がったりしながら、穂高の絶景とコーヒー。

なんという贅沢!
これだけでも登って来た甲斐がある。


3月の北アルプスで、こんな時間を過ごせるなんてめったにないよな。
ラッキーこのうえなし。


さて、ここでツェルト泊というわけにもいかないので位ヶ原山荘に向かって出発。

2435mのピークをトラバースしながら進むルート。

山荘では宴会ヶ岳が待っている。

雪に埋まった位ヶ岳山荘

07_P1040730.jpg


この時期にこの場所で営業してくれているなんてオアシス過ぎる!

中は暖かくて気持ち良い。
入った瞬間にわかる。
趣のある良い小屋だ。

常連でもある美穂さんのおかげで良い部屋に案内された。

さて、準備ができたら宴会だ!
あいにくコタツは先に到着していたパーティーが使っていたのでストーブの傍に陣取る。

まずは缶ビールを買って乾杯。

その後は持ち寄った酒、酒、酒……
つまみ、つまみ、つまみ……
ここまでペットボトルに移し替えて背負って来た ワインも飲んじゃえば明日は軽くなるね。

しかし、ここでお腹いっぱいにしてはいけない。
ここんちの夜ご飯は

鹿鍋!

08_IMG_8186.jpg

この肉、硬いと思ったら大間違い。

柔らかくて味もしっかりとある。
美味しい!
スープが絶妙。

鳥肉のホイル焼きまである。
これまた旨い!

まさに雪上のオアシス だ!

素晴らしいおもてなしの後も宴会パート2
今度はコタツに入り、他のお客さんも交えて。

暖かい山小屋の夜。
山の話しだけでなく、いろんな話に花が咲く。

だから気がつけば すぐに消灯時間の9時。

好い加減に酔っ払い、心地良い登りの疲れと相まってすぐに眠ってしまった。



3月17日(日)

日の出は6時少し前。
5時半過ぎに起きると、美穂さんはすでに日の出を撮影するために外に出ているようだった。

Kさんに遅れて自分も日の出を見るために外に出る。

気温はマイナスだろう。
風が雪煙をあげる。

まだ日の出少し前。
それでも薄明るい。

そして日の出を待っているとぉ・・・・・

キター!

09_602924_10151409667993768_24957452_n.jpg


位ヶ原山荘も朝日に染まる。

10_P1040734.jpg

今日も良い天気で良い日になるだろう。
それが分かるようなイカした日の出だった。


山荘に戻って美味しい朝ご飯を食べたら出発だ。

予定された今日のルートは乗鞍岳23峰の中の摩利支天岳と富士見岳に登るというもの。


美穂さんが小屋のご主人に挨拶に行くと、わざわざ外まで出て来て見送ってくださった。
室温だけでなく、全てにおいて暖かい小屋だった。


まずは 剣が峰に至る前衛の朝日岳と摩利支天岳の鞍部にある肩の小屋を目指す。

直登のルートもあるが、それでは位ヶ原の広大さがわかりにくいということで一旦、昨日まったりコーヒーを飲んだ辺りから登るルートをとった。

これが我々、乗鞍初心者にはもってこいのルート。

まずはこんな感じで登り出す。

11_P1040749.jpg

やがてまたまた穂高が見えてくる。

12_295595_10151409672743768_413480485_n.jpg


そして

位ヶ原ドーン!

13_164431_10151409675928768_1059470198_n.jpg


これだよ!

圧巻の広がり!
雪原オブ雪原!

左が剣が峰で右が摩利支天岳

この広大さは写真でも動画でも再現はできないだろうけど、まあとりあえず動画で。
(風の音出るからね)




我々乗鞍初心者2人はスゲー、スゲーを連発。


この広大な雪原を正面の鞍部に向かって登ってゆく。

見た目は軽い登りに見えるでしょ。
ところがどっこい、結構キツイ。

イヤ、オジサンにはキツイ!?

同行の2人はスイスイ登ってゆく。

あ゛~~~~~ 助けてくれ~~~


遅れること数十メートルで肩の小屋。

この肩の小屋の奥に行くと加賀の白山がすぐそこに見えた。

ここでミホさんとKさんはスノーシューorワカンをアイゼンに履き替える。
オレは最初からアイゼン履いて来ちゃった。

ここから摩利支天岳へは雪で埋もれているハイマツ帯と岩を登って行く。

うぎゃ~~
これもキツイわ~~~

とヒーコラ言いながらも(同行の2名はヒーコラ言ってない)


摩利支天岳頂上!

14_579877_10151409693628768_1044070080_n.jpg


奥に見えているのが穂高だ。

そして剣ヶ峰

15_P1040772.jpg


加賀の霊峰白山

16_575055_10151409680848768_2133282597_n.jpg


なんとも神々しい景色。
またまた感動。
言葉にならない。

これは、この晴天だからこその絶景。

さすが気象予報士が一緒だと違うぜ!
気象予報士、バンザーイ!

景色を堪能したら夏では通れないけれど、雪に埋もれたハイマツ帯の上を不消ヶ池(きえずがいけ)方向に向かって下る。

穂高を見ながらの下り。
傾斜はそれほど急ではない。

17_426407_10151409704103768_1721029124_n.jpg


そして閉鎖されたコロナ観測所をバックに下っていく。

18_269197_10151409698128768_86167955_n.jpg


名前のわりに不消ヶ池は雪に埋もれて消えているが、ここがミホさん曰く「コロセウム」
うーん、まさにコロセウムだ。
といっても、コロセウムに行ったのは二十数年前だから実はあまり覚えてないけどな。

そのコロセウムで、雄大な景色を眺めながらの小休止。

しっかり着ていれば寒くない。
雪崩も大丈夫だ。
最高のコンディション。

19_537720_10151404213508768_521755966_n.jpg

ここでそれぞれ、持っている食料でランチ。

こんな場所で食べる山崎パンのランチパック・焼き鳥&マヨは、トゥールダルジャンの鴨より旨い。

なんとも素晴らしい時間だ。


さてパワーを補給したら、次は富士見岳に向かって登る。

剣が峰と摩利支天岳をバックに

20_388505_10151409713908768_900979664_n.jpg


そして山頂

21_524922_10151409717088768_1039669755_n.jpg


オレ、ゴーグルして顔を全面的に隠しているのは、日焼けを避けるため。
歳とると、シミもできてくるんだよ。
若いころ、もっと手入れしとけば良かったな。

穂高方面

22_P1040781.jpg


こりゃーたまらんぜ!
この天気のおかげで、次々に繰り出される絶景を堪能しまくる。

ここに来て良かった!
生きてて良かった!

しかし山は登ったら下りなければならない。
これが宿命だ。

位ヶ原方面へトラバース気味に出来るだけ最短コースで下る。
ここはキッチリとしたピッケル&アイゼンワークで慎重に下る場面も。

位ヶ原まで下ったらアイゼンをスノーシューに履き替える。

登ってきたツアーコースより南側の沢の方に出てしまったので、少し登り返したりしながらスノーシューでバフバフと下る。

うー、脚にくるぜー。

しかも登りはリフトだったスキー場も、自分の脚で下りなければならない。

誰かスキーの板を持ってきてくれないかぁー!

と思いながら約1名のヘタレなオジサンはヘロヘロで下る。
他の二人は弱音なんか吐いたりしない。

そしてスキー場のスタート地点になんとか到着して記念撮影。

23_P1040790.jpg


そういえば3人で写真撮ってなかった。

後方には、いままでいた山が見えている。
振り返れば感慨もひとしお。


乗鞍温泉ゆけむり館で温泉に浸かり、ミホさんお薦めの美味しい蕎麦処御池へ。

乗鞍膳は蕎麦とイワナのカラアゲ

24_IMG_8199.jpg

25_IMG_8198.jpg

いやーこれも旨かったぁー!

帰りの中央道も思っていたよりずっと渋滞は少なく、3人で今回の山の思い出話なんかをしていれば、あっという間に東京だ。



最高の天気とメンバーに恵まれて、雪山の楽しさを凝縮したような想い出深い山行だった。

この山行の何から何まで企画をしてくれたミホさん、そして一緒に来てくれたKさんに、心から感謝申し上げます。

本当に山はいい。
これからも部活、やりますぜ!

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

この記事では、ミホさん撮影の写真もたくさん使わせていただきました。
重ねて感謝感謝です。

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

3013年3月31日 藤浪投手のほろ苦デビュー戦をしかと見た!

昨日は3月31日。
年度末オブ年度末。

だから、この日までに仕上げなければならないオフィスの内装工事やら事務処理やらが目白押しだ。

このアホなブログを読んで

「あんたって、酒飲んでるか、山に登ってるか、野球見てるかだね~」
と誤解している人がいるけど、それは全く違う。


この日も南青山で仕事してたぜ!
日曜日だよ、にちよー!

オレはジャパニーズ・ビジネスマン!

本当は仕事に燃える男なのだ!



でも、午前中は現場からちょっと抜け出して近くの青山霊園の桜を見に行く。

何か問題とかが発生した時のためにいるだけだからやることは特にないのだ。


赤坂消防署側から見た青山霊園の桜並木

1303310005.jpg


このところの寒さで 散るのも少し遅れている。

うーん、綺麗だねぇ。


でもね、この日は仕事も桜も、なんだか上の空。

というのも、13時から、ここから歩いても10分ほどの神宮球場で、わが阪神タイガースが東京ヤクルトと対戦するのだ。

まあそれだけなら仕事に生きるオレのことだから仕事優先で、野球を見に行ったりしない。

しかし、しかーし!

この日は阪神にとって歴史的な日になるかもしれなかったのだ。

というのは

そう、高卒ルーキーの、いや、スーパールーキーの藤浪晋太郎くんが先発投手としてデビューする日なのだ!

阪神ファンのみならず、全国の野球ファンが注目するスーパールーキー。

若虎・藤浪投手


130401fs0001.jpg



なにしろあの松坂でさえデビューは開幕4日目だったのだが、それを抜く最速の3日目デビューだ。


うーん、もうだめだ。

居ても立ってもいられない。

時間は昼前。

試合開始は13時

ちょうど現場のオーナーである社長が来たのでランチに誘う。
ITの会社をはじめ、イベントや番組制作企画など多くの会社を持つ若き経営だ。


そして、切り出した。

「野球見に行きません?」

すると、どうだろう

「もしかして藤浪?」

「えっ、知ってました?」

「そりゃ知ってるよ」

「でもT社長って巨人ファンでしょ?」

「でも藤浪はしってるっしょー」


というわけで私が入場料からビールから何から何まで持ちますよってことで、職人のヘッドに状況を説明し、いざ
神宮球場へ向かう。

歩いて10分だけどタクシーをひろう。
だって、当日券を買わなければならないからだ。


当日券売り場には少し行列ができていて、もう指定席はありませんとアナウンスしていた。

まあ、仕方ないと思いながら窓口で
「いま買える一番いい3塁側の席2枚ください!」
と言うと

「内野のS指定席が少し残ってますが」
というではないか。

トラッキー!

即購入。
@4,500円

プレイボール10分前に滑り込みセーフ。


ちょっとしたイベントの後、藤浪投手がものすごい拍手と歓声の中、マウンドへ。
若虎の初陣だ。


そしていよいよプレイボール!

藤浪投手のプロ第一球

バッターはヤクルトの田中浩康





150kmのストレートでストライク!

素晴らしいぜ!

大歓声があがる。

しかし、2球目でファーストゴロに打ち取るも、新井良太がこれをエラー。

おーい、リョータ、ココでかよ!?
このルーキーの登板で硬くなっていたのか!?


その後、初回に1点をとられるが、それ以降は制球に苦しみながらもなんとか立ち直ってくる。

そこはさすがだ。

4回、5回はなんなく抑え、なんとかここまで最少失点で抑えるも、打線の援護がない。

ヤクルトよりヒットを打っているのにタイムリーが出ない。

欠乏症は伝統芸能。

藤浪投手、味方からプロの洗礼を浴びるとはなぁ・・・


さらに6回二死から雄平にホームランをくらって2失点目。
プロは失投を見逃さない。

でもこれを含めて被安打3、自責点1は実に立派。

7奪三振も凄いが、もう少し省エネ投法も勉強してほしい。
この日はフォアボールもいけなかった。
相手ピッチャーのゆる~い球に阪神打線が手こずっていたように、緩急ももっとつけてほしいな。

まあ初回、良太のエラーでリズムを崩したかもしれないし、この日の寒さも多少影響したのではないかな。

しかし、マウンド上では堂々としていて、大物の雰囲気は充分に漂っていた。

この日、結果的に2-0で負け投手となり、ほろ苦なデビューだったけど、これで良かったのではないかな。
問題点も少なからずわかってきただろう。

ジャック・ニクラウスも学ぶべきは勝った試合ではなく負けた試合だと言っている。


なんにしても、とにかくこの日、大投手となるだろう若虎・藤浪晋太郎のデビューをこの目で、生で、見た!

10年後、20年後も

「オレは藤浪の初登板を生で見たのさ!」

と自慢できるのだ。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


20年!?生きてりゃのはなしだけどさ。
70すぎてらぁ....

テーマ:阪神タイガース - ジャンル:スポーツ

プロフィール

辻本孝良

Author:辻本孝良
東京都中央区で会社経営してますがビジネス関係の記事はほぼありません。
山とか酒とかB級グルメとか阪神タイガースとかの、どうにもならないような記事ばっかりです。

50歳を過ぎているというのに志の低いブログでごめんなさい。

会社のサイトは 

http://www.e-crossroad.jp

Facebookは  

facebook.com/takayoshi.tsujimoto

Twitterは  

http://twitter.com/t_tsujimoto

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク