スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明日から八ヶ岳へ。

今年の5月、あの一番情けない登山から約7ヶ月半、食生活を少し変え、筋トレ、ジョグ、水泳、山歩きなどの運動量を増やすことで約6kg身体を絞った。

11月23日の天皇誕生日も皇居ラン

1212231509kr.jpg

2周(10km)+α(4.6km)=14.6km

一般参賀は終わっていたけど、お祝いにきていた各国の駐日大使をはじめとしたVIPが帰るところだった。

121223kr.jpg

右側にずらっと並んでいる高級車が警察の誘導で皇居前広場から出るところ。

こんな光景を見ながら走っていれば、好きでやっているわけではないジョギングも、まあまあ楽しい。

たまにこのブログを読んだ方に「ジョギングが趣味なんですね~」と言われる。

しかし、ジョギングが趣味なわけじゃない。

できればしたくない。

しかし、山に登り続けるために必要だと思うから走る。

やりたいことをやるために、やりたくないことをしなければならいことがあるのだ。
byスペンサー(ロバート・パーカーの小説に出てくる私立探偵)


でも、天皇陛下と皇族の皆様方が心安らけく新年をお迎えいただけるように祈りながら走れば、それはそれで楽しい。
ついでに自分と、自分に関わっていただける全ての方にも良き新年が来ますように!


24日も15km走った。

全て年末年始の雪山のため。


昨日は銀座で思いっきり打ち上げして仕事納め。
2012年は、まあまあ良い年だったかな。

そして明日から八ヶ岳に入る。

天候次第だが明日は赤岳鉱泉へ。
大晦日は硫黄岳、横岳を経由して主峰の赤岳へ。

そして元旦には赤岳直下で2013年初日の出を見るのだ。


今年も終わる。

そろそろ寝ます、
一年間ありがとうございました。

仕事のみならず私に関わっていただいた皆々様、そしてこのアホなブログを間違って読んでしまった皆様が素晴らしい新年を迎えられますように!


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

そして年越し蕎麦もお雑煮も良いけれど、たまには高い空でも見上げてくれたまえ!

一番情けない登山は → ここ
スポンサーサイト

テーマ:山登り - ジャンル:趣味・実用

Baby, what a big surprise!

イヴのきょう、我が家にマジでサンタクロースがやってきた!

ご近所サンからのビッグプレゼント!
ビッグ・サプライズ。

IMG_3743.jpg


They know that Santa's on his way
He's loaded lots of toys
and goodies on his sleigh
And every mother's child is gonna spy
To see if reindeer
really know how to fly.

And so I'm offering this simple phrase
To kids from one to ninety-two
Although it's been said
many times, many ways

Merry Christmas to you.

テーマ:クリスマス - ジャンル:日記

別府温泉忘年旅行はフグを堪能できる!

今年もたくさんの忘年会に出席。
(まだあるけど)

和食、洋食の名店、居酒屋、寿司屋、バルなど、いろんな店を楽しんだ。

なかでも素晴らしかったのは経営者クラブの仲間と行った忘年温泉旅行。

別府の割烹「小菊」。

ふぐの白子ポン酢

12112220.jpg

てっさ

12112221.jpg

これらが次から次、バンバン出てくる。

さすがトラフグの本場だ。

ひれ酒のヒレだって、でっかいのが3枚。
すんごい芳ばしさ。

極めつけは

焼き白子
12112222.jpg

これには参った。
うますぎる。

さらに唐揚げに、ふぐ鍋・・・

大の男がもう食べられないって悲鳴をあげるまで出てくる。

もちろん締めは雑炊。

これほどフグを堪能したのは初めて。


小菊は地元の方の御用達の店。
観光客はほぼいない。

アットホームで素晴らしい店だ。

特筆すべきはその価格。
もちろん、地元の知り合いがいたということもあるが、これだけ食べて2万円ちょい。
東京ならば4万~5万円は軽くする。
だって白子バンバンだよ!

別府は温泉も本当に素晴らしい。
砂風呂、泥風呂など、さすが「おんせん県」大分だ。
こちらも堪能。

これだけリフレッシュできて、これだけ旨いフグを食べられるならば飛行機代を考えても、年に一度は行きたい。

絶対オススメの店だ。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

行くなら予約が必要だよ。
ググれば出てくる。

テーマ:お店紹介 - ジャンル:グルメ

皇居ラン4周(20km+α=25km)でヘロヘロの巻

今年も残すところあと1ヶ月だと・・・
光陰矢の如し。

さて、寒くなってきた。

となれば、雪山が呼んでいる!

だから更に身体を絞らなければならない。

というわけで皇居ラン。

お決まりの半蔵門から桜田濠

121202sakuradabori.jpg

その逆
桜田門から国会議事堂

121202kokkaigijidou.jpg

皇居周辺はまだ紅葉を見ることができるから、実に気持ちよく走れる。

きょうもたくさんのランナーがいた。

新しくなった東京駅

121202tokyosta.jpg


日本橋坂本公園から大手門で外周道路へ。

3周して帰ればちょうど20kmなので、その予定だった。

しかし、最近は酒(ビール)と糖質(特に炭水化物)を控えめにしていることもあって身が軽い。

というわけで調子くれて、もう一周。

皇居4周はすごく久しぶりだった。

121202map.jpg

4周めは、桜田門を数寄屋橋方面に直進。

有楽町界隈はクリスマスの買い物だかなんだかで、人がごった返していた。

だから銀座を抜けるのをやめて、大大大大大行列の数寄屋橋チャンスセンターを左折。

宝くじはいつも銀行の担当営業さんから買っている(買わされている・・・)から、並ばなくて楽だよ~
でもぜーんぜん当たらないけどね。

並木通りから中央通りに出て、鍛冶橋通りで昭和通りを越える。


GPSデータで見ると25.2km。

25km走るのなんて5年ぶりくらいかな?

そんなわけで、ヘロヘロ。

きょうは、これから父親の米寿祝い。

それまで臥せっております。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

猿橋駅―御前山―馬立山―九鬼山―禾生駅 縦走 (単独)

2012年11月24日

P1040425.jpg


中央本線の猿橋駅を早朝にスタート。

御前山、馬立山を経由して九鬼山を目指す。

昭文社の山と高原地図にはルートが出ているが、国土地理院の25,000分の1の地図には道はない。
10年ほど前にも一度、歩いたことがある。



少し歩くと百蔵山と扇山方面の開けた景観。

P1040400.jpg


予報では天気は回復傾向だったがガスっている。

ここから本格的な登山道。

P1040401.jpg


うぎゃー
いきなりヤブコギだよ!

P1040402.jpg

しかも雨が降り始めた。


ヤブはそれほどキツイわけではない。

でも雨にしっとりと濡れているからジャケットとパンツがビショビショだ。

これで強い雨ならレインウェアを着るのだが、弱いし、そのうち止むと思うと着るのが面倒。

ジャケットは撥水性能を発揮して問題ないが、パンツの撥水性はキャパシティをオーバー。
下に着ているCR-Xも濡れてきた。

だがとにかく進む。

そのうちヤブは突破するが、このルートは所々・・いやいたるところににヤブがある。
ヤブコギが好きな方は夏にどうぞ。

でも、ヤブじゃない所はなかなか風情がある。

P1040405.jpg

玄人っぽいな。

そして落ち葉の絨毯の上を歩くのは気持ちが良い。


御前山の山頂で小休止。

P1040408.jpg

すでに雨は止んでいた。
しかもパンツも乾いている。

やはり速乾性の衣類はエライな。
山の道具は良い物を買ったほうが絶対に快適だ。

この山頂からは富士山を始めとして、素晴らしい展望があるはずなのだがきょうは見えない。

でも倉岳山方面の紅葉を見下ろせる。

P1040411.jpg

雨上がりの紅葉は、なかなか綺麗だった。

アップダウンを繰り返しながら馬立山へ。

P1040414.jpg

そういえば、駅から歩いていて、まだ誰一人とも会っていない。
山を独り占め状態。

さらにアップ&ダウンしながら進む。

崩落寸前のザレ場をトラバースするような箇所もありスリルもある。


途中で前方のヤブがガサゴソガサゴソと音をたてている時は肝を冷やした。

クマ~!

頭をよぎった。

しかし熊ではなかった。

30代くらいの登山者だった。

「禾生(駅)から?」と尋ねたら「そうだ」と。
「猿橋から?」と訊かれたので「そうだ」と答えた。

ようするに全く逆ルート。

お互いに「気をつけて」と言って別れた。

紅葉を見ながら静かな静かなハイク。

P1040420.jpg

人がいない山はホントにいいな。

札金峠を過ぎて、また登る。

紺屋の休場と言われる尾根の上の開けた場所に出る。

P1040426.jpg

そこを過ぎると本格的な九鬼山への登り。

岩場も少しあったりする。

そして九鬼山に到着。

P1040435.jpg


秀麗富嶽十二景の一座なのだが、この日は展望なし。

山頂には他に男2名のパーティーがいた。

景色も見えないから、おにぎりを食べてさっさと下山。

急で滑りやすい道を愛宕神社まで下りれば富士急の禾生駅は近い。

P1040442.jpg P1040443.jpg


畑で作業している方に挨拶し、このあたりは鹿の害はないのですかと尋ねた。
案の定、困っているのだそうだ。

このルートの終わりには落合水路橋を見ることができる。

明治時代に建設された水路用の煉瓦アーチ。

P1040446.jpg

P1040447.jpg

P1040449.jpg


歩きごたえのある、なかなか充実感のあるルート。
晩秋を感じる実に静かで良い山行だった。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


禾生駅の手前にコンビニがあるからビールはそこで買える。
さらに大月駅でも追加で買ったのは言うまでもない。

テーマ:山登り - ジャンル:趣味・実用

プロフィール

辻本孝良

Author:辻本孝良
東京都中央区で会社経営してますがビジネス関係の記事はほぼありません。
山とか酒とかB級グルメとか阪神タイガースとかの、どうにもならないような記事ばっかりです。

50歳を過ぎているというのに志の低いブログでごめんなさい。

会社のサイトは 

http://www.e-crossroad.jp

Facebookは  

facebook.com/takayoshi.tsujimoto

Twitterは  

http://twitter.com/t_tsujimoto

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。