スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本橋 お多幸 本店

こんな寒い日はおでんと熱燗だ。

というわけで日本橋お多幸本店へ。

昔は銀座5丁目にあった。
あの「鳥ぎん」の並びにあり、そのレトロな、というより古ぼけた店の頃から足繁く通っている店だ。

IMG_3773.jpg

御存知の通り江戸前のおでん。
10年前に日本橋に引っ越した。

茶飯に豆腐をドーンとのっけた「とうめし」で有名。

色は濃いが、ものすごくしょっぱいわけではない。
むしろココんちは甘め。

それが残念で、昔はキャバレー「白いばら」の前にあった銀座3丁目のお多幸に行くことが多かった。

あのお多幸もいまはもうない・・・

もう一度あのおでんを食べたいものだ・・・

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:日本料理・寿し・割烹料理 - ジャンル:グルメ

きょうの東京スカイツリー

言問橋東より、信号待ちの車中から。

やっぱり高い。

油そばは久しぶりだなぁ・・・東京油組総本店

油そばを扱っている店は少ない。
だからラーメン、つけ麺などに比べると食べる機会は非常に少ない。

しかも、専門店以外で食べると悲惨なことになる場合が多い。
以前、銀座にできた某専門店でさえ、かなり悲惨な味だった。

油そばを初めて食べたのは何年前のことだか忘れたが早稲田鶴巻町の東京麺珍亭本舗だと思う。
随分昔のハナシだ。

これが非常に美味しかったので、それ以来この店には新目白通りを車で走る時にたまにお邪魔する。
といっても年に2回か3回ってところ。

きょうは渋谷で仕事だった。
客先に近いことだし、以前から気になっていた東京油組総本店 渋谷組に行ってみた。

昼の12時30分ごろ。
店の外に3人待ち。

外で5分、内で5分ほど待って席に着く。

注文したのは油そばの大盛り。
並も、大盛りも、W盛りも680円。

これ

IMG_5471.jpg

すでに酢とラー油を器3周分かけて混ぜた状態。
本当は卓上の刻み玉ねぎを入れたかったが、その後の商談のことを考えてパス。
これが残念。

でも、久しぶりに美味しい油そばを食べた。
さっぱりしていツルッといける。
W盛りでもよかったくらいだ。

でも東京麺珍亭本舗の方が好きだな。
なんだか今日は早稲田で油そばを無性に食べたくなってしまった・・・

ラーメン、つけ麺ときて、次は油そばでも食べ歩いてみようか?

美味しい油そばの店を知っていたら教えてくれ~

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

三ツ峠山~天上山~河口湖駅 雪と陽だまりハイク

2月12日は、山の会で一緒のIさん、T君と、H山岳会の先輩方4名の計7名で合同トレーニング。
三ツ峠山を歩いた。

P1030186.jpg


H山岳会のメンバー3名の先輩とは、一昨年の冬に赤城山でご一緒させていただいたことがある。

新宿駅のバスターミナルに朝6時55分集合。

T君が企画してくれた上にチケットまで手配してくれていた。
助かるなぁ~、いつもすんません。

7時10分発、河口湖駅行きの高速バスに乗る。

一番前の席だったから

ドーン!

P1030173.jpg

こんな景色を見ることができる。

河口湖駅からはタクシー。
2台に分乗して三ツ峠の登山口へ。

実は2年前にもT君の企画でメンバーは違うけど全く同じコースを歩いている。
その時に比べると雪はかなり少なかった。

用意を整えたら出発!

と、おもいきや・・・

おおおー、滑る~滑る~

雪が踏まれて氷となり、登山道はツルッツル!

こりゃアイゼンを着けなきゃだめだね、ということで初めから装着。
4本爪~14本爪まで勢ぞろい。

私は貸していた6本爪が久しぶりに返ってきたから、それを持ってきた。
ベストチョイスだったのではないかな。

氷のような雪の上をガシガシ歩き、記録係のIさんに聞いてないけど約1時間半くらいだろうか?
三ツ峠山荘へ。

富士山が眼前に迫る

P1030178.jpg

毎度おなじみの写真だな。

三ツ峠山(開運山)の山頂へはひと登りだ。

南アルプスと八ヶ岳の白い峰々が手に取るように見える。

山頂から南アルプス

P1030179.jpg

そして年末年始に登ったばかりの八ヶ岳主峰 赤岳も大きくはっきり見えた。

P1030180.jpg

山頂で祈記念撮影

DSCN1453-a_R.jpg

さきほどまでそれほどでもなかった風だが、山頂では強い。
だからかなり寒い。

アウタージャケットを着こむが、みな寒いということでとっとと下る。

しかし、ほんの少し下っただけで風は非常に弱まった。

冬季休業の四季楽園前で食事タイム。
日なたはそこそこ快適な気温で、ゆっくり食事を楽しむことができた。

下山は天上山、ロープウェイ駅を経由して富士急河口湖駅に戻る。

木立の向こうに富士山を眺めながら下ってゆく。
行動していると暖かくてドライレイヤーとアンダーだけで充分だ。
いや、ハイペースで飛ばしていたからか?

先頭はH山岳会の会長Kさん。
実に健脚。
もちろん大先輩だが、足腰は私などの比ではない。

でも、下りはこれくらいのペースだととても歩きやすい。

2年前は長いと感じた道を「あっ!」という間に下った。

天上山から河口湖
P1030192.jpg


河口湖駅には売店と休憩所があり、そこで缶ビールを買って飲む。
帰りも高速バス。
それまで宴会。

もちろん帰りの車中は皆さん爆睡して新宿で解散。

大河ドラマ「平清盛」にはちょっと間に合わなかった。


2年前の同じコースを歩いた記事は → ここ

2年前のH山岳会様と行った赤城山は → ここ


テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

焼いてもらってます!

はつ、つなぎ、きも、ふりそで、せせり、ぼんじり、かわ、もも、砂肝、えんがわ、ふんどし、つくね、さえずり、はらみ、軟骨、ねぎま、手羽先、背肝…焼き鳥、命!

新宿 アカシアのロールキャベツ

新宿東口でランチならアカシアのロールキャベツライス。



学生時代から食べ続けている味。

『博士の愛した数式』と背番号とタイガースのはなし

とある飲み会で『博士の愛した数式』-小川洋子著 が話題になり、思い出したように昨晩読み返してみた。

そして江夏豊がつけていた背番号28(完全数)の美しさを再認識。

9db2d18a95ecca8b6e6e036c6d7ace81.jpg

あ、ちなみに完全数とは、その数自身を除く正の約数の和が、その数自身と等しい自然数のこと。

28=1+2+4+7+14

さらに28=1+2+3+4+5+6+7

こんなに美しい数字はめったに無いのだ。

100までの数の中で、もう一つの完全数は「6」。

藤田平、和田、いまはアニキ(金本)。

藤田+田淵またはアニキ+球児=江夏。

いま28を背負うのは福原。完全復活のシーズンとせよ!

そして和田新監督、優勝たのみます!

完全数、28の次は496でその次は8128だと。

暇なら計算してみ。

-------------------------------------------------------
ここまではフェイスブックにアップした内容を備忘録としてコピペ。
FBは流れて消えちゃうから。

そのフェイスブックは → こちら
--------------------------------------------------------
(つづき)

ふと見ると電卓がそばにあった。

暇に任せて496になるまで1+2+3+4+5+6+7+8+9+・・・・・・
とやってみた。

すると1から31までを足すと496になることがわかった。

そーか、31だよ!

背番号31

今年も林 威助(リン・ウェイツー)

その前は浜ちゃんもいたな。

おっと広沢を忘れてはいけない。

そして31といえばすぐに浮かぶのが掛布。

ミスターだったよ。

その掛布の前に31を背負っていたのが

カークランド!

小学生だったあの日、神宮球場でカークランドに出会っていなければ私は阪神ファンになっていなかった。

『博士の愛した数式』に出てくるルートというあだ名の小学生と同じ年頃のこと。

そう、あの日、普通に野球の試合を観戦して帰っていたら、きっとオレンジ色マークのYとかGとか書いてある帽子をかぶり続けていたのだろう。

多分1970年のことだと思う。

子供にとってカークランドは身長3メートル、体重400Kgのアフリカ系スーパー人類に見えた。

デカイ!目が白い!でも笑ってる。

目が合った。

握手した。

自分の持っているグローブより大きな手だった。

頭をポンポンとたたかれた。

なんだかわからないけど強い男を感じると同時に、大きな優しさに包まれたような気がした。

神宮球場の立ち食いうどんとアイスクリームが目当てだったのに、グランド上のカークランドに釘付けだった。

そして、そこにはとんでもない球を放っているピッチャーがいた。

江夏豊。

唸る剛球でバッタバッタと三振を奪う。

しかもカークランドも負けじと豪快なスイング!

三振・・・してたような記憶・・・

ファーストは田渕・・・藤田、後藤、遠井、辻・・・

当時はサンケイ・アトムズだかヤクルト・アトムズだか忘れたが、アウェイのチームである阪神タイガースがなんだかとても眩しかった。

そして見事に阪神ファンの私が誕生したのだった。


関東人は阪神ファンに生まれるのではない。
阪神ファンになるのだ。 byボーボワール

阪神ファンになると人によってだが人生が6%~28%くらい楽しくなる。
(オレ調べ)


最後に『博士の愛した数式』から


「ルートは中学校の教員採用試験に合格したんです。来年の春から数学の先生です」

私(ルートの母親)は誇らしく博士に報告する。博士は身を乗り出し、ルートを抱きしめようとする。

持ち上げた腕は弱々しく、震えてもいる。ルートはその腕を取り、博士の肩を抱き寄せる。胸で江夏のカードが揺れる。

背景は暗く、観客もスコアボードも闇に沈み、江夏ただ一人が光に浮かび上がっている。今まさに、左手を振り下ろした瞬間だ。右足はしっかりと土をつかみ、ひさしの奥の目は、キャッチャーミットに吸い込まれてゆくボールを見つめている。マウンドに漂う土煙りの名残りが、ボールの威力を物語っている。生涯で最も速い球を投げていた江夏だ。縦縞のユニフォームの肩越しに背番号が見える。

完全数、28。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ:阪神タイガース - ジャンル:スポーツ

減量宣言!

今朝の隅田川とスカイツリー。



散歩くらいでは運動不足も解消しないけど、しないよりはマシかな。

きょうから2月。
今月中に体重を2キロ減らす!
絶対!
プロフィール

辻本孝良

Author:辻本孝良
東京都中央区で会社経営してますがビジネス関係の記事はほぼありません。
山とか酒とかB級グルメとか阪神タイガースとかの、どうにもならないような記事ばっかりです。

50歳を過ぎているというのに志の低いブログでごめんなさい。

会社のサイトは 

http://www.e-crossroad.jp

Facebookは  

facebook.com/takayoshi.tsujimoto

Twitterは  

http://twitter.com/t_tsujimoto

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。