ホワイトクリスマスな赤城山 Part2

赤城山で一番高いところはここ。
P1020870.jpg

年末年始に八ヶ岳の赤岳と硫黄岳に登ることを計画している。
その足慣らしというか、久しぶりの冬靴とアイゼンに慣れるため、この週末にどこか日帰りできる雪山を考えた。
しかし強い寒波がきていて、おそらく信越に近い山は厳しそうだ。
もっとゆる~い雪山がいい。

というわけで去年のクリスマスにも登った赤城山に行くことにした。
実は一昨年の11月末にも登っている。
まあ、それ以前から何度か登っている。
勝手知ったる山だ。
特に国定忠治が好きというわけではない。
保守的になったということでもない。

山の計画を立てるのが面倒だっただけだ。

赤城ならヒョイっと行ける。

今回は単独。
早々にタイヤをスタッドレスに取り替えたから車で。

上の方はかなり凍結していた。
IMG_5274.jpg

駐車場には7時頃着。
氷点下10℃。

まずは黒檜山の登山口から入る。

雪はあるが昨年に比べると少ない。

しばらくはアイゼンなしで登るが、それでは意味が無いので装着。
岩と雪のミックスでそこそこ練習になる。

山腹の急登から尾根に出ると富士山が見えた。
P1020865.jpg

景色はすばらしい。
P1020869.jpg

写真を撮りながら、ゆっくり登る。
長い行程ではないから急ぐ必要は無い。

三脚立てて自分も撮った。
P1020867.jpg

ホワイトクリスマスだ!
一人で侘しいよね~。

駒ヶ岳と結ぶ稜線を北に行けば、ほどなく黒檜山の山頂。

すでに数名の登山者がいた。

山頂からは皇海山、日光白根、武尊山、谷川岳など名山が良く見える。

いなり寿司は凍りにくいという噂があるので1個だけ持ってきた。
凍っていなかった。
食べた。
日が出ているから冷え込みもかなり緩和されたのだ。

他ドライフルーツを口に放り込みサーモス(いつもはテルモスと書いているがブランド名のサーモスにする)のお湯を飲む。

記念撮影
P1020883.jpg

御黒檜大神の石碑を通って駒ヶ岳に向かって南下する。

去年も歩いた道だが、雪が少なかった。
日当たりが良く暖かいくらいだ。

駒ヶ岳からは、鉄製の階段などが整備された道をズンズン下る。
春や秋のファミリーハイキングなどに良いだろう。

大沼東岸の車道に出て、由緒正しき赤城神社方面へ。

凍てついてる。
P1020897.jpg

駐車した黒檜山登山口までもどる。

前橋に向かう途中の蕎麦屋へ。

「ささや」さんのきのこ汁そば。
IMG_5277.jpg

これはウマかった。

渋滞しないうちに高速に乗り、帰ってからホワイトクリスマスの締めにスパークリングワインとターキーを食べた。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


去年の赤城山→ホワイトクリスマスな赤城山

一昨年の赤城山→霧氷のトンネル 黒檜山(赤城山)

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

きょうもランチは大勝軒のもりそばだ

二日続けて池袋に用事があった。

二日続けてランチは大勝軒のもりそばを食べた。

IMG_5271.jpg

まあ、池袋ならいいね。
ウマイ。

でも、名前に大勝軒とあっても味が全然違う店もあるから気をつけよう。


ラーメンとかつけ麺には目が無いのだが、新宿の満来「ざるらあめん」が最高峰であることは揺るがない。

満来のことは → むかしむかし、ここには「小便横丁」と「満来」があった&つけめん戦争

でチェック。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Twitter Button from twitbuttons.com

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

「北アルプス 四季物語」を見逃すな!

きょうツイッターで自分のTLをなんとはなしに眺めていたら、穂高岳山荘さんが

【お知らせ】当山荘を扱った番組『北アルプス 四季物語』が、12月25日(日) 21:00~21:54(BS朝日:全国)放映されます。長野朝日放送(@abn_tv)制作。詳細はこちら→ http://t.co/ZyfcbMhI

http://twitter.com/#!/3190/status/149698255184343040

とツイートしていた。

IMG_5273.jpg

詳細にアクセスしてみたら

なんと!

10月に涸沢から奥穂高岳に行った時に取材していた番組だった。

この写真ね。

P1020521.jpg

録画しなくちゃ。

あー楽しみだ。

オレ、写っているかも。


その時の記事は こちら→ 紅葉の涸沢と奥穂高岳(3190m)


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

2011年12月11日 毎度毎度の 塔ノ岳~鍋割山

鹿と富士山

IMG_5224.jpg

塔ノ岳山頂より

P1020797.jpg


師走はなにかと慌ただしいね~

だが、そんな中で直前に思い立って塔ノ岳から鍋割山を歩いた。

大倉―(大倉尾根)―塔ノ岳―金冷し(鍋割山稜)―鍋割山―後沢乗越―大倉

もう何度登ったかわからないけれど、電車とかバスの時間も、歩くルートも何も考えずに思い立ったらすぐ行けるし、それでいてそこそこ山の醍醐味とか充実感を味わえるのが丹沢の良いところ。


今年最初の山行も塔ノ岳だった。

まずはこんな山道。

P1020773.jpg


冷え込みを覚悟してパタゴニアのアンダーウェアを着ていたが、これが大きな間違い。

この日は気温が高め。
5~7度くらいはあったのではないかな。

行動中はアンダーウェアだけでも暑いくらいだった。


見晴茶屋

P1020771.jpg

ここからの眺望。

P1020772.jpg

海が光ってる。

大倉尾根をただひたすら登る。

駒止茶屋

P1020774.jpg

更に登れば数日前に降った雪がちらほら残っている。

富士山が見えてくる。

P1020779.jpg

掘山の家

P1020780.jpg


登って登って登る。

さすが通称「バカ尾根」

振り返れば相模湾

P1020781.jpg


花立山荘には「おしるこ」ののぼり。

P1020782.jpg

夏は「かき氷」だったな。

この少し上からの富士山。

P1020787.jpg

もちろん大きな海も見えている。

プラティパスの中を 貨物船が通る・・・


もう少し登るとようやく塔ノ岳山頂が見えてくる。

P1020792.jpg

金冷しに到着

P1020794.jpg

あともう少し

この辺りから道は踏み固められた雪が凍って滑りやすくなってくる。

こんな感じ。
P1020795.jpg

滑り止めは無しでも大丈夫なレベルだが、雪とか氷に弱い人は軽アイゼンを使った方が良いかも。
実際、下りの時に滑ってスッテンコロリンしているおばちゃんがいた。

いよいよ山頂


その前に鹿を発見。

富士山をバックに写真を撮る

IMG_5221.jpg

この鹿は尊仏山荘あたりをいつもうろついてるヤツかな?

緊張感とか危機感が全くない。

日本オオカミが絶滅したせいだ。

なんとか日本オオカミに近い種を復活させられないものか!?
たしか青森県あたりでは鹿の食害が酷過ぎて、ヨーロッパからオオカミを連れてくる・・・
そんなことも研究されているらしい。

でも、日本オオカミはきっとどこかにいる・・・
そんなことを何度かこのブログにも書いた。

塔ノ岳山頂からの富士山

aP1020835a.jpg

南アルプスや八ヶ岳もはっきり見える。

大山の向こうには東京の都心も、うっすらだけど東京スカイツリーも見える。

横浜、江の島、三浦半島方面

伊豆大島、真鶴半島も良く見える。

もちろん丹沢山も。

素晴らしい景色に時間を忘れた。

山頂で証拠写真

P1020831.jpg

フリースを着れば(私には)暖かいほどの気温。
予想外。

あまりにも景色が綺麗過ぎて1時間くらい山頂にいた。


景色を堪能したら、金冷しまで戻って鍋割山に向かう。


鍋割山稜は人も少なくてなかなか良い雰囲気。


P1020840.jpg


鍋割山荘

P1020843.jpg

まだおにぎりが余っていたから鍋焼きうどんは食べない。
我慢。

ここの名物、鍋焼きうどんについてもブログでたくさん書いたから、まあ暇があったら左下のブログ内検索窓で検索してみてね。

鍋割山からの富士山

P1020850.jpg


ここでも景色を堪能したら、後沢乗越に向かって下る。

そこからは沢沿いに下って二俣から長い長い西山林道へ。


林道では所々で、まだ紅葉を見ることができた。

P1020851.jpg


大倉ではビールを我慢して靴の汚れを落とし、すぐにバスに乗った。

もちろん渋沢の駅で缶ビールを買って飲んだのは言うまでもない。


毎度おなじみの山行だったが、この日は素晴らしい景色を見ることができたし、良いトレーニングになった。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

Twitter Button from twitbuttons.com


テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

きょうはアメリカンドッ君

S.Aで昼ご飯を食べる。すると70%の確率でジャンボフランク系フード(アメリカンドッグとかさつま揚げとか)をデザートに食べてしまうから不思議だ。

プロフィール

辻本孝良

Author:辻本孝良
東京都中央区で会社経営してますがビジネス関係の記事はほぼありません。
山とか酒とかB級グルメとか阪神タイガースとかの、どうにもならないような記事ばっかりです。

50歳を過ぎているというのに志の低いブログでごめんなさい。

会社のサイトは 

http://www.e-crossroad.jp

Facebookは  

facebook.com/takayoshi.tsujimoto

Twitterは  

http://twitter.com/t_tsujimoto

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク