なかなかいいね、iPhoneアプリ GPS-trk

GPS-trk
GPStrk2pt.jpg

山仲間に教えてもらったGPSアプリを購入して、まずは皇居ランニングに使ってみた。

坂本公園から皇居を2周して戻る。

すごい、走った距離、時間、平均時速などいろいろなデータがわかる。
距離は15.1kmだった。

地図も
IMG_4658.jpg

これは面白い。
山で使える。
でも、なかなか肝心の山に行けないんだよ・・・

8月27日(曇) 午後の桜田濠。
IMG_4657.jpg

絶滅危惧種の水草「ツツイトモ」が大繁殖していると8月11日に報道された。

何度か見に来たが、まだたくさんあった。
でもこの水草はプランクトンの発生を抑え水質にはプラスなのだそうだ。

IMG_4650.jpg

普段は濁っている濠も水が透き通っていたし、白鳥も気持ち良さそうに水面を滑っていた。

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

テーマ:iPhoneアプリ - ジャンル:携帯電話・PHS

大阪のパラディーゾ!

この記事の文章は大阪から帰る新幹線の車内でエバーノート使って書いているんやけどな、まあほんま、今日は激しくも楽しい一日やったわ。

(ブログアップは翌日やけどね)

お客さんが大阪に進出するちゅーんで、その事務所探しに付き合って急遽大阪に 行くことになったんよ。

通天閣
IMG_4626.jpg

せやから昨日のうちに新幹線の切符とってもらって、きょうの朝、東京駅に行ったの。

そしたら、なんと新幹線は今動いてません!やて。


しぞーかあたりで大雨が降って、それで止まってるんよ。

ホームにはビジネスマンとかぎょーさんおって、しかもこの日はすっごい蒸し暑かってん。
エアコンの効いた待合室もぎょーさんの人であふれとったわ。

駅員のアナウンスでは、いつになったら動くかメドがたっておりませんやて。
ほんま参ったわ。

各方面に電話して、大阪に着くのが遅れることを伝えるのに汗だくや。
しかも、ホームはうるさくて電話もよく聞こえへんしな。

待つこと1時間半、やっと乗車もできて、1時間10分ほど遅れて出発できたわ。

大阪でお客さんと落ち会い不動産屋さんの案内でいくつかのオフィスを内見。

ま、その前に昼ごはん食べとらへんさかい「明石焼きうどん」でお腹を満たしたわ。

IMG_4596.jpg

関西らしいってだけで、駅の中の立ち食いやさかい普通の味やな。

そんで中央区の本町ちゅーとこはおっきいビルが建ち並ぶ一大ビジネス街で、このあたりを中心に見たんやわ。

IMG_4601.jpgIMG_4602.jpg

なんか御堂筋と堺筋を把握することで、大阪の中心部の概念が少しつかめた気がするわ。

さて、ここでお客さんは「明日から海外なので東京に戻るから一緒に帰ろう」と言わはるんやけど、わて、せっかくここまで来たのに新世界に行かんとよう帰れまへんと返したわ。

だって、せやろ。

新幹線でピューっていうても、一体何百キロも離れてるんよ!?

それに、わてのように世界や日本中を飛び回って活躍するエリートビジネスマンじゃない人間にとって、大阪ってめったに来れんとこちゃいますか!?

そんなわけで、夕方お客さんと別れてタクシーに飛び乗ったんよ。

道頓堀のグリコ過ぎ、なんば越え、日本橋(にっぽんばし)から新世界へ。

通天閣見えるやん!(なんか工事してるけど)

「2013年は新世界誕生から100周年」っておっきな垂れ幕がかかってるわ。

きょう目指すは「八重勝」

タクシーの運転手さんも優しゅうしてくれて、ジャンジャン町のすぐそばまで行ってくれはったわ。

さて、通天閣の反対側からジャンジャン町へ。

とりあえずビリケンさんに挨拶や。

IMG_4604.jpg

そしてルンルンとスキップ。
なにしろ5年?6年?7年?ぶりやしな。

よー、あったあった、八重勝。

IMG_4606.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ん?
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
うそや
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「本日臨時休業」

IMG_4607.jpg

orz

なんで今日なん?
臨時って、なんなん?
涙出るわ。


隣りの串カツ屋さんが混んでるから並んで妥協しようか・・・・
いやいや、少し新世界を探検してみるわ。

相変わらずディープな感じが漂ってるわ。

IMG_4605.jpg

そしてこの空気感、ごっつう合うわ。
浅草とも、鴬谷とも、北千住ともちゃうなぁ。

ジャンジャン町
IMG_4618.jpg

スマートボールだってあるで。
IMG_4619.jpg

カオス。

将棋でもどや。
IMG_4620.jpg

ご存知「づぼらや」
IMG_4622.jpg

ここ好きやわ~
来る度に思う。

コッテコッテやし。

IMG_4615.jpg

タイガースTシャツもあるわ。

そういや、タイガースはきょうでロード最終日や。
東京ドームで讀賣はんとや。

なんで、わしは明日には甲子園に帰ってくるタイガースの逆方向にいるんやろ?
ま、しゃーないわな。

で、結局どこに入ったかといえば
「だるま」

IMG_4617.jpg

前回の大阪日帰りの時も梅田の駅ビル内にある「だるま」で食べたんやけどな。
あの時は1時間ほど並んだけど、こっちは15分くらいやろか。

まずは生ビール。

おつかれちゃーん。

土手焼き。

IMG_4613.jpg

これは八重勝のを食べたいところだった。

キャベツは食べ放題。
でも、いくら食いしん坊のわてでも、さすがにお代りはせんよ。
だって串カツ食べたいんやもん。

エビとかレンコンとかトンカツとかキスとか・・・

IMG_4612.jpg

二度づけ禁止やで!

IMG_4611.jpg

あーやっぱり新世界で食べると全然違うわ。

めっちゃウマイやん!

コロモが薄くてサックサク。
もたれないからビールもすすむ。
2杯目・・・・
チュウハイも・・・・

ハモとアスパラ

IMG_4614.jpg

あー大満足!

やっぱり串カツ食べるなら新世界や!
おれは坂田三吉や!(意味は無い)

さあ、これで心置きなく東京にもどるでー。

これが通天閣も知ってるおいらの意気地や!

IMG_4623.jpg

というわけでタクシーで新大阪へ。
泊まりたいのはやまやまやけど、明日は朝から来客がひっきりなしなんや。

そんなわけで新幹線で帰りましたとさ。

ちなみに阪神タイガースは引き分けたわ。

高校野球も終わり、明日から甲子園や。

夏も終わりやな。

勝負は10月。
絶対に優勝や!

せやろビリケンさん。

※変な関西弁で書きましたが間違っていたらごめんね堪忍してや。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

おおきに。
ごめんくさい。

テーマ:関西の美味しいお店 - ジャンル:グルメ

荻窪 春木屋

仕事帰り。
でも車だから飲めない。

荻窪通るから久しぶりに春木屋へ。



チャーシュー麺 1300円

昔の方が、もっと美味しかった気がしないでもないのだが…

四阿山(2354m)~根子岳(2207m)

四阿山との鞍部より見た根子岳

P1020242.jpg

深田久弥の「日本百名山」にも書かれている通り菅平でスキーをすれば、正面にそびえる大きな二つの山が印象に残るだろう。
それが四阿山と根子岳だ。

若き頃、四阿山で2度ほどスキーをした。

そしてすぐそばの、滑りに滑った菅平は今でもラグビーとスキーのメッカだ。

8月5日の夜から9日までの予定で剱岳に登る予定だったが、9日をどうしても休むことができずに断念。
それなら同じ理由で断念した仲間のO君と、二人で、1泊でどこかに登ろうということになった。
山小屋?テント?

いやいや、この前の週に私が行けなかった四阿山のことを話したら、ではそこにして山を降りたらどこかの温泉宿でメチャクチャ飲もう!という山登りが目的なのか酒が目的なのかわからないインチキくさい山旅となった。

8月7日

O君の車で関越自動車道から上信越道に入り上田菅平I.Cで降りて菅平牧場に向かう。

菅平の中心部を通過したのがちょうどラグビー合宿における朝練の時間帯だったので、多勢のラガーメンが走っていた。


菅平牧場は、とても気持ちの良い場所だ。

P1020174.jpg

広い草原に牛が草を食んでいる。
そして北アルプスがうっすらと見える。

深呼吸!

駐車場には既に5台ほどの車があり、山支度をしているグループもいる。
我々も早速、登山靴に履き替えて出発。

牛を見ながら

P1020176.jpg

これぞまさに牧歌的。
後ろに見えるのが右・四阿山で左・根子岳

高原の朝
風が気持ち良い。

P1020177.jpg

爽やかだー

しばらくは白樺など広葉樹林帯を登り進む。

P1020180.jpg

天気は悪くないが、少し雲が出てきた。
頂上からの大パノラマが見れるだろうか・・・

この辺りでさえ登山道の両脇にはたくさんの高山植物が咲いている。

尾根にとりつけばカラマツやダケカンバの林に景観が変わる。

P1020195.jpg

しばらく登ると標高1917mの小四阿。
私も知っているマツムシソウがたくさん咲いていた。

P1020207.jpg

次第に視界が開けて根子岳がその姿を見せるようになれば標高2106mの中四阿。

P1020225.jpg

ここで行動食を摂る。

それにしても本当に花が多い。

P1020212.jpg

その先はササの繁る斜面を登る。

根子岳が大きい。

P1020230.jpg

緑が眩しい。

針葉樹林帯を抜ければ

やったぜ!

四阿山の頂上。

P1020235.jpg

しかし大パノラマが広がるはずの頂上からはガスで何も見えない。

ああ~なんてこった。
残念無念。
天気はどうにもできない。

頂上で少しだけ休憩し行動食を食べる。
そうしたら西に連なる根子岳に向けて出発。

まずは鞍部へ針葉樹林の中を急降下する。

この急坂は木の根が登山道を覆っていて、しかもその根が濡れているので滑ること滑ること・・・
泣きたくなるような非常に難儀する下りだった。

ここは積雪期に来るべきだな。

でも、鞍部の大スキマは実に伸びやかなササ原が広がっていて疲れを一気に癒してくれる。

P1020237.jpg

あーやっぱり山はいいなぁ~

登り返しは岩塊の稜線。
ここの花畑は実に見事。
高山植物のオンパレード。

P1020253.jpg
P1020256.jpg

チョウやトンボもたくさん見れる。

P1020249.jpg

と、このあたりで地響きのような音。

なんだろう?
ジェット機の飛ぶ音か?

長いインターバルの後また聞こえた。

ドーン.........

どうやらカミナリのようだ。
まだ午前11時台だというのに。
ラジオを出そうか?
常に持っているのだ。

注)AM放送は雷に反応してガリガリと音を出す

まだ遠いか?

振り向けば今までいた四阿山はもう全く雲の中で、東側に少しグレーがかった雲がある。
あまり悠長にしていられなさそうな天候だ。

花を愛でる余裕が少し削がれる。

P1020255.jpg

岩稜を超えると・・・

根子岳の頂上

P1020257.jpg

展望は全くなし。
晴れていれば北アルプスがスッキリ見渡せるはずなのだが。

見たかったな。

頂上直下ですれ違ったオジサンも挨拶したら「いやな音がしたね~」と。

山、特に樹林帯ではない場所でのカミナリの恐ろしさは経験すればわかる。
生きた心地がしないというレベルではない。
ここで死んでもおかしくないと覚悟するレベルだ。
街のカミナリなんてほとんど怖いと思わないけどな。

そんな状況だったので、ここでゆっくりランチなどしている場合じゃなかった。
山頂でお弁当を広げて、のんびりしているグループもいたけど無理。
山は、そして自然は時に牙をむく。
行動食だけ摂り、下山開始。

根子岳の南西側斜面を下る。
ここは傾斜もほぼ一定していて比較的歩きやすい。

菅平牧場が見えてくるようになれば、少しだけ遠方の景色も見える。

P1020265.jpg

いままでいた根子岳にも雲がかかっていて、その中ではポツリポツリと雨が降っていそうだ。
早く登り、早く下って正解なのだ。

実際、この日は下山後に激しいゲリラ豪雨が菅平にもあった。
恐らく遅めに登った方々は、この豪雨に山で襲われ大変な目に遭っただろう。

出発した菅平牧場に着くころには足は棒。

観光客の皆さんも結構来ていて早朝とは違って賑わいがある。

ファミリーも多く

ウサギや

P1020272.jpg

全くやる気のない仔牛

P1020274.jpg

を見る子供たちが可愛い。

で、可愛くないオジサン2名はソフトクリームなど。

P1020271.jpg

濃厚さが少し不足してたかな・・・

車に戻り、着替えもせずに温泉宿に直行。

その後は宿で翌朝まで記憶を無くすまで飲む。

アホだ。
ラガーメンたちとラグビーの話をしたこととゲリラ豪雨しか覚えてない。

翌朝は快適ドライブで帰った。

ま、なかなかどうして、楽しい夏休みだった。


深田久弥は四阿山についてこうも書いている。
ピッケル・ザイル党には向かないかもしれぬが、しみじみした情緒を持った日本的な山である・・・と。

まさにその通りの名山だった。

その景観が見えたら尚のこと良かったがなぁ・・・

またいつの日か必ず登ろう。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

茅場町 宮川 鳥のから揚げ

きょうの昼前に宮川の前を通ったら、なんといつもの行列がない!

だからこれ幸いと、から揚げ定食を食べた。



鳥スープは、座るとお茶と一緒に一杯。
そしてから揚げと一緒にもう一杯もらえる。

ほんとに旨い。

食い倒れたいけど帰らなくちゃ

ゆっくり宿泊したいけど明日の仕事の都合で帰らなくちゃならん。

阪神百貨店で名物のいか焼き買う。


発送してくれるからラクちん。

そしたら、この梅田に新しくできた串カツのだるまに急げ!
ルクア大阪っていうJR大阪駅にくっ付いたビルの10階にあると地元の工事会社社長に教えてもらった。



しかし…
すごい行列…

だが、ここまで来て食べずに帰るのか?
いや、最終の新幹線は新大阪を9時20分発だ。
大丈夫。
1時間待ちでも、気合で並ぶのだ!

あー、店内を見ながら早く食べたくて、飲みたくて、頭がおかしくなりそうだー。

そして約1時間。
やっとありついた。

まずは、どて焼きから。
もちろん生ビールも。



うーん…
ちと甘いな。
それにスープみたいだ。
ここを教えてくれた社長の言ってた通り、これは八重勝が圧勝だな。
などと言ってるけど、八重勝で食べたのはもう5年ほど前だけどね。

さて、串カツもきた。



サクサクだよ~
二ど漬け禁止ね。

旨い!

とんかつ、シイタケ、きす、えび、アスパラ、レンコン、うずら……
しこたま食べた。
生ビール3杯、ハイボール1杯、梅サワー1杯。
食べ放題のキャベツも。

しかし、この店で一人でウダウダ飲んでるのはオレだけ。
場所がら客層が上品だ。
ファミリーも多い。
新世界の店だったら、もっと旨いに違いない。

隣のニイチャンはキャベツを箸でつまみ、その箸ごとソースに漬けてるよ。
これはダメ。
新世界だったら、おっちゃんに怒られるんじゃないか?
関西弁で彼女らしき女の子と話しているから地元のニイチャンだろうけど。

あー、でも食った食った!

そりゃ東京だって高い金さえ払えば、ここに匹敵、または以上の串揚げはある。

しかし、やはり大阪で食べるからいいんだ。

次回は新世界で食い倒れたい!

まずは、たこ焼き三昧

きょうは大阪で仕事。
お客様の大阪支店立ち上げに伴う内装工事に電話、LAN配線工事。
でランチは難波まで行き、たこ焼き!



観光客相手の店かもしれないけど、それでも旨い!



あー大阪は久しぶりだ~
大阪のたこ焼きはなんでこんなに旨いんだろう?
夜は八重勝のどて焼き?だるまの串カツ?
迷う…

なぜかシラネど白根山 本白根山(草津白根山)

草津白根山のコマクサ

P1020157.jpg

7月30日は四阿山に向かうために3時起床。
早く登って夕方は行動しない。
雷はイヤだからね。
夏山の基本。

しかし…

この日の東京は朝から雨が降ったり止んだりという天気。

そして目指す菅平方面の天気予報というと朝夕は雨だが日中は曇りというビミョーなものだった。
積乱雲どころじゃない空模様。

それでもメンバーたちの前日の意見をまとめたところ
「とりあえず行こう!」ということに。

同行者3名を車でピックアップして関越道に乗る。

どういうわけか、またまた女子の中にオジサン1名.....
その経緯は面倒だから省略するが、最近ついてるんじゃないか?

夏は山だ!海だ!宝くじだ!
ちょっと強引だったですか~?

しかし高速道路を走る車の中でテンション低めの人が1名。

雨は嫌いだわ・・・
この山行は当然ながら中止だと思っていたのに・・・
こんなところに来とうはなかった!

そんな感じのテンション。
(このブログは大袈裟な表現で受けを狙う場合があります)

考えてみるとエノさんは俺を含めた他の3名に比べると思慮深く、計画的な感じがする。
だからケセラセラ~の我々とは違うのかもしれん。

そこでモナの提案が功を奏すことに。

その内容とは

嬬恋リゾートからゴンドラで一気に浦倉山まで登れば四阿山はすぐそこ!
時間を大幅に短縮して至極簡単!

すなわち長野側からではなく群馬側から登ろうというものだった。

エノさんは諸手を挙げて賛成。
他のメンバーも、やっぱり雨の中を延々と歩くのはいやだから、ほぼ賛成。

そんなわけで車は菅平方面ではなく、軽井沢を抜けて嬬恋に向かう。

これでエノさんも元気になってカーナビで喋っている女性にツッコミを入れ始めた。

観光地特有の有料道路をたくさん通り、まだ時間が早いからガラガラの鬼押出しなども通って嬬恋スキーリゾートに到着!

まだ朝早いからかなぁ~ 
空いてるよな~
でも、登山客も居ないなぁ~

少し不安・・・

ゴンドラ駅を発見。
車で前まで行ってみるが・・・
誰もいないよ?

階段を下りてくるオジサンが一人。

訊いてみた。

オレ
「ゴンドラは動いてますよね~?」

オジサン
「今シーズンは動かないよ、節電だからね~」

ん・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・?
動かないの?

ガーン!

人生はままならない。

気を取り直して後部座席で猛烈に地図を広げて行き先を考えるフミさん、モナさん。

経緯は省略するが、時間も遅くなってしまうので四阿山は諦めて草津白根山に向かうことになった。
万座温泉から本白根探勝歩道でアプローチするというハイキングコースだ。

嬬恋から40分程で万座温泉へ。
大きな駐車場から本白根山探勝歩道が始まる。

P1020165.jpg

このコースははじめから木の階段が続く。
そしてこれがクセモノ。

この日は明け方の雨で木の階段は湿っている。
そして霧も出ていたので乾くことはない。

登りはまだいい。
こんな景色も見えていた。

P1020145.jpgP1020147.jpg

だが下り、しかも前方に傾斜している階段は・・・

おお!滑る!滑る!
受験生がいたら大変だー!

滑落の危険あり!

これ大真面目に滑るのだった。

こんな風に下るしかない。

P1020148.jpg

自然保護の観点からすれば、階段の横を歩くことは決して良いことではない。
しかし、命には代えられない。

地図には「毒ガス危険」という箇所もあるけれど、こっちもかなり危険だ。
天気の悪い日にこのコースを歩くなら要注意!


そんな今にも雨が降りそうだったり、少し薄日が差したりする不安定な天気の中を登ってゆく。

DSC05300.jpg

「ツルツゲ」をツルハゲと空目して大爆笑しながら進む。
道中、だいたいずっとこんな感じ。
ポツンと置いてけぼりのオジサン1名・・・

そんなこんなしているうちに森林限界を超えてハイマツ帯になれば

本白根山

P1020155.jpg

そして遊歩道の最高地点2150m

P1020153.jpg

しかしここは山頂ではない。
山頂は有毒ガスの危険があるから立ち入り禁止なのだ。

コマクサが群生していた。

P1020151.jpg

ガスで展望は全くなし。
残念。

さて、ここで御岳山から続く恒例の山名人文字大会!

この日は

本白根=MotoShiRaNe

だから

MSRN

P1020161.jpg


・・・・・・・

恥ずかしいわ。

ここで各々が持参したランチ。
反対側のロープウェイで登ってきた新潟教育大のニイチャンたちと少し会話。
授業の一環ということで山屋の人じゃないから、話があまりかみ合わなかった。


さて、ランチの後は温泉が待っているから一気に下るよ。

予定通り、なんとか日中の天気は雨は無く曇ったままだった。
駐車場に到着して靴を脱いだりしているとポツリ、ポツリと雨が・・・

やがてそれがザー!と降り始め、そのうちザーザー降りに。

あー良かった~!
もしまだ歩いていたら、レインウェアを着る羽目だった。
日頃の行いの良さがこんなところに表れるのだろうな。

駐車場の奥からは湯気がモクモク。
凄い硫黄臭だ。

P1020168.jpg

万座の素晴らしい白濁温泉に浸かって帰途に着く。

P1020171.jpgP1020170.jpg

ここではノンアルコールビールを飲んでみたが美味しいものではなかった。

美味しかったのは高速に乗る前に食べた焼きトウモロコシ。
甘ーいあまーいトウモロコシ。


高速道は何故か渋滞なし。

当然、車を置いたら今度こそ皆でお疲れさん会のビア。

あー、なんだか目まぐるしかったけど楽しかったなぁ!

同行の皆さん、ホントありがとう!
腹の皮がよじれたわ。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

四阿山が急きょ草津白根山に変更になったという、なんだかわからないけど非常に楽しい山登りのお話しでした。


Twitter Button from twitbuttons.com
Sofortkrediten

あ、それからこの日、私はは3時に起きましたよ、フミさん。

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

勝ったぞー!虎ほー!

勝利のヒッティングマーチと六甲おろし

音が出るから再生する時は注意してね。



虎ほー!

テーマ:阪神タイガース - ジャンル:スポーツ

プロフィール

辻本孝良

Author:辻本孝良
東京都中央区で会社経営してますがビジネス関係の記事はほぼありません。
山とか酒とかB級グルメとか阪神タイガースとかの、どうにもならないような記事ばっかりです。

50歳を過ぎているというのに志の低いブログでごめんなさい。

会社のサイトは 

http://www.e-crossroad.jp

Facebookは  

facebook.com/takayoshi.tsujimoto

Twitterは  

http://twitter.com/t_tsujimoto

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク