FC2ブログ

年賀状も書き終わり、いよいよ年末だな~

この時期、無性に干し柿が食べたくなる。

CIMG3845.jpg

しかしこの写真に特に意味はない。
ブログのアップ率が少ないというご指摘をいただいたので、そこらへんにあった干し柿の写真を撮ってアップしただけ。
でも大好物。

さて、本題。
きょうは年賀状のことをいろいろ行う。
会社関係の年賀状には一言コメント書いたり、個人の年賀状を作成したり。

で、来年は寅年だろ・・・
そう、トラ年。
ってことは、個人的な年賀状のデザインはもちろんアレだ。
88年の監督(故・村山実さん)とコーチと全選手のサイン入りの旗。
トラのマークが真ん中。
これを写真に撮って使用するのだ。

おお!素晴らしい出来栄えだ!

自画自賛。
厚顔無恥!?

その前衛的なデザインは来年早々このブログにアップするから乞うご期待。

そうそう、大晦日から丹沢の鍋割山に行って、鍋割山荘で海鮮鍋パーティーでカウントダウンすることに決定した!
山友の土金さんからのお誘いだ。
彼とは、今年の1月にも同じ鍋割山に登っている。

この記事

ああ、憧れの海鮮鍋。
そして山仲間との山上の宴会とカウントダウン!
そして初日の出を見て、それから下山するのだ。
ちなみにまだメンバー募集してっから、誰か来ない?
連絡ください。

そんなわけで、自分だけが素晴らしいと思っているそのトラの年賀状を元旦にアップすることはできないだろうな。
そして2日も3日も酔っ払いだからダメかもな。
多分4日にはアップします。

そうそう、そんなお誘いもあったし、腹の脂肪君もまたハバをきかせつつあるから、きょうは一応ジョグした。
ゆっくり15キロ。

さあ、明日から年末の処理を終わらせなくちゃ。

まあ、とにかく↓クリック

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

あー、良い休日だったな。

スポンサーサイト



テーマ:ビジネス - ジャンル:ビジネス

冒険家の宿命

片山右京氏の富士山遭難時における行動について誤解が多いと考えている。
「仲間を置き去りにした」などという一部の論調には大いに違和感がある。

そしてそのことに関してアルピニストの野口健氏が自身の公式ブログで書いてくれている。

野口健公式ブログ

よくぞ書いてくれたという思いだ。

だが今回は2名の命が失われたことも事実。
片山氏は大きな十字架を背負ったことになるだろう。

しかし野口氏の

「冒険人生は冒険から得るものもあれば、時に失うこともある。それでも、挑戦を続けなければならない時がある。冒険人生とはそういうものなのかもしれない。」

という言葉が如実に表している通り、冬の富士山を登るということは我々のレベルの登山ではないのだから、死ぬ確率が普通よりずっと高いものであること、あるいは死と隣り合わせなものであること、その他のリスクは織り込み済みなのだ。

さらに松濤明の最期と比べるなんて山、状況、位置、装備、時代が全て違うという点でナンセンスだ。
(詳しくは『風雪のビヴァーク』とか松濤明でググってください)

ラジオ番組で片山右京氏の山に対する想いなどを聴いていただけに、また立ち上がって前に進む姿をできるだけ早く見たいと思う。

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

プロフィール

辻本孝良

Author:辻本孝良
東京都中央区で会社経営してますがビジネス関係の記事はほぼありません。
山とか酒とかB級グルメとか阪神タイガースとかの、どうにもならないような記事ばっかりです。

50歳を過ぎているというのに志の低いブログでごめんなさい。

会社のサイトは 

http://www.e-crossroad.jp

Facebookは  

facebook.com/takayoshi.tsujimoto

Twitterは  

http://twitter.com/t_tsujimoto

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク