2009年のしめくくり

昨日の夜は納会ってことで、時間も少し遅めだったからバードランドで焼き鳥を食べようってことになる。
ミシュラン初の「星」を獲得した焼き鳥屋。
予約が必要な店だが、こんな年末だし、時間も遅いし、大丈夫だろうってことで銀座へ。

しかし!

IMG_1055.jpg

休みでした・・・

調べてからにしろよ・・・

でも、あとの祭り。

で、いつもの「鳥ぎん」というのも芸がないので、新しい店を開拓することになった。

コリドー街をうろついて雰囲気のある焼き鳥屋さんへ。

結果は、まあ・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そういうこと。
しかし、挑戦を続けている限り負けはないのだ。


そして2軒目。
ビール&餃子

締めにつけ麺・・・
しかも中盛り。
どうやらアルコールで満腹中枢を破壊されたらしい・・・
大盛りの輩もいた。

IMG_1058.jpg

アホだ。
本気でアホだ。
何度も締めのラーメンはやめると誓ったはずなのに。

そんな納会はノー!かい?


だから、今朝は運動しなければいけない。
摂りすぎたカロリーを少しは消費しなければ!
でも、明日からお山に行くのでウォーキング程度で。

というわけで、まずは事務所に出勤し、そこから隅田川テラスを歩く。

私の眼鏡を作ってくれているメガネのヨコタ店長は「大宮のかもおじさん」として有名だが、

こちらは勝鬨橋のかもめオジサン。

IMG_1062.jpg

「大宮のかもおじさん」のブログは

こちら

哀愁ただよう「かもめオジサン」

IMG_1071.jpg

自分の食べるものは大丈夫なのだろうか?


さらに進み、築地場外市場で何か食べようと思ったが、築地は大混雑。

人人人・・・・・・・・・

そして警官。

道路は車で大渋滞。

IMG_1076.jpg

進まないよー
安くて美味しい有名店は、当然のことながら長蛇の列。

場外で食べるのは諦める。
年末の築地とアメ横はヤバい。

さらに銀座方面に行くと、福家書店前にも大行列ができている。
若い男女ばかりだ。
一体何事なのか!

IMG_1087.jpg

訊いてみた。

しょこたんの握手会の整理券を配布するのだそうだ。

へ~

うちの娘もしょこたんのファンだ。
まあ、頭も良さそうだし、感じも良いし、可愛いし、いいんじゃないの。
頑張って並び給え。

オジサンは鈴木京香なら30分くらい並んでもいいけど、しょこたんじゃ並ばないな。

だがそれにしても、この大行列。
スゴイ人気だ。

娘に写メで様子を送ったら

「すぐに並んで!」

と返信あり。

でも、そんな暇じゃない。
今年最後のお仕事を終わらせなっくちゃならない。


そんなこんなで、事務所に戻ったとさ。


明日から、たった1泊ですが丹沢の鍋割山へ行ってきます。
寒波が来ていて、風も強いという予報。
初日の出が見えたら嬉しい。

というわけで、これが今年最後の記事。

1年間、このアホなブログにお付き合いいただきました皆様、ありがとうございました。

そして間違ってこの記事を読んでしまった皆様が良い年を迎えられますよう心から祈念しております。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑今年最後のクリックお願いします。

では、また来年。

テーマ:ビジネス - ジャンル:ビジネス

東京スカイツリー 2009年末

東京スカイツリーが、どんどん高くなってきた。

仕事の移動中などにも見ることができる。

首都高6号線より(12月の中旬?)
IMG_1046.jpg

きょうは、以前より大変お世話になっているY社長にご挨拶のため四つ木へ。
その途中でパチリ。
向島3丁目付近より(きょう12月29日)
IMG_1054.jpg

すでに軽く200メートルを超えているそうだ。

どんだけ高くなるんだろうなー

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

20年後、この写真を見ながら
「あの頃は、不況だ不況だなんていいながらも、いい時代だったなぁ・・・」
なーんて、しみじみ言うのだろうか?
あの映画のように・・・

テーマ:東京 - ジャンル:地域情報

不況は環境変化のひとつにすぎないってこと。

きょう読んだ本。
「不況の歩き方」IMG_1048.jpg

不況をどうやって乗り切れば良いかという精神論でも、こんなふうに儲けようぜ!といった内容でもない。
ちゃんとしたマーケティングの本。

「不況とは環境変化のひとつにすぎない」(本文より)

なるほど、不況時は消費がスライドしているわけだ。

・旅行ビジネスは縮小するがオートキャンプは大繁盛

・高級車販売は下火、エコカーは大繁盛

・美容院は来店度数が減少、セルフヘアカラー商品は大繁盛

・外食産業は客数・単価が減少、調理器具は売上倍増

などなど・・・

経済は一方が下がれば、一方は上がる。
シーソーのようなもの・・・

厳密には経済全体が縮小しているので全てが当てはまるわけではないだろうけど、この消費スライド現象を決して見逃すな!

ってこと。

実際に、上に箇条書きした前者の業種でも、売り上げを伸ばしている会社、お店はたくさんあるはずだ。

この本、とても示唆に富んだ内容が多く、環境変化にいち早く順応することの必要性、いまはヒト・モノ・カネなどの何に投資すべきなのかといったことを考えるヒントになる。

変化はチャンス。

いち早く環境の変化に適応した者が勝つ時代だ。

↓クリックすると良い正月がきます
にほんブログ村 経営ブログ 中小企業社長へ
にほんブログ村

恐竜は変化に適応できなかったんだな。

テーマ:お勧めの一冊! - ジャンル:ビジネス

年賀状も書き終わり、いよいよ年末だな~

この時期、無性に干し柿が食べたくなる。

CIMG3845.jpg

しかしこの写真に特に意味はない。
ブログのアップ率が少ないというご指摘をいただいたので、そこらへんにあった干し柿の写真を撮ってアップしただけ。
でも大好物。

さて、本題。
きょうは年賀状のことをいろいろ行う。
会社関係の年賀状には一言コメント書いたり、個人の年賀状を作成したり。

で、来年は寅年だろ・・・
そう、トラ年。
ってことは、個人的な年賀状のデザインはもちろんアレだ。
88年の監督(故・村山実さん)とコーチと全選手のサイン入りの旗。
トラのマークが真ん中。
これを写真に撮って使用するのだ。

おお!素晴らしい出来栄えだ!

自画自賛。
厚顔無恥!?

その前衛的なデザインは来年早々このブログにアップするから乞うご期待。

そうそう、大晦日から丹沢の鍋割山に行って、鍋割山荘で海鮮鍋パーティーでカウントダウンすることに決定した!
山友の土金さんからのお誘いだ。
彼とは、今年の1月にも同じ鍋割山に登っている。

この記事

ああ、憧れの海鮮鍋。
そして山仲間との山上の宴会とカウントダウン!
そして初日の出を見て、それから下山するのだ。
ちなみにまだメンバー募集してっから、誰か来ない?
連絡ください。

そんなわけで、自分だけが素晴らしいと思っているそのトラの年賀状を元旦にアップすることはできないだろうな。
そして2日も3日も酔っ払いだからダメかもな。
多分4日にはアップします。

そうそう、そんなお誘いもあったし、腹の脂肪君もまたハバをきかせつつあるから、きょうは一応ジョグした。
ゆっくり15キロ。

さあ、明日から年末の処理を終わらせなくちゃ。

まあ、とにかく↓クリック

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

あー、良い休日だったな。

テーマ:ビジネス - ジャンル:ビジネス

冒険家の宿命

片山右京氏の富士山遭難時における行動について誤解が多いと考えている。
「仲間を置き去りにした」などという一部の論調には大いに違和感がある。

そしてそのことに関してアルピニストの野口健氏が自身の公式ブログで書いてくれている。

野口健公式ブログ

よくぞ書いてくれたという思いだ。

だが今回は2名の命が失われたことも事実。
片山氏は大きな十字架を背負ったことになるだろう。

しかし野口氏の

「冒険人生は冒険から得るものもあれば、時に失うこともある。それでも、挑戦を続けなければならない時がある。冒険人生とはそういうものなのかもしれない。」

という言葉が如実に表している通り、冬の富士山を登るということは我々のレベルの登山ではないのだから、死ぬ確率が普通よりずっと高いものであること、あるいは死と隣り合わせなものであること、その他のリスクは織り込み済みなのだ。

さらに松濤明の最期と比べるなんて山、状況、位置、装備、時代が全て違うという点でナンセンスだ。
(詳しくは『風雪のビヴァーク』とか松濤明でググってください)

ラジオ番組で片山右京氏の山に対する想いなどを聴いていただけに、また立ち上がって前に進む姿をできるだけ早く見たいと思う。

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

ク~リスマスが今年もやってくる~♪

クリスマスだ。
チャイコフスキーも、ジョンも、ポールも、ワムも、まりやも、達郎も、エルビスも、マライヤもいいけど、この季節はビーチ・ボーイズのクリスマスアルバムが私のお気に入りだ。

この記事 を参照してね

中でもこれ

I'll be home for Cristmas - BeachBoys



そして

極めつけはこの曲だ。
Theを冠したクリスマスソング。

The Christmas Song - Nat King Cole



1歳から92歳の子供たちみんなにこの言葉を贈ります
何度も使い古された言葉だけど

「メリー・クリスマス・トゥー・ユー」

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

間違ってこのブログを読んじゃった皆さんに良いクリスマスと良い年が来ますように

テーマ:☆クリスマス・ソング☆ - ジャンル:音楽

来年に向けて新しい手帳のリフィルを買ったのだ。

きょうは銀座でお買い物の日。
といっても、もちろん高級ブランド品を買うとかそういうリッチな買い物ではない。

まあ、でもやっぱり銀座は華やかでいいね。

ミキモト前のツリー

CIMG3840.jpg

だが、やはり例年に比べれば人が少ない。
昨日は新橋で忘年会だったが、こちらもやっぱり昨年や一昨年に比べて人出が少なかったなぁ~
やっぱり不況なんだなぁ~

でもSL広場のSLにもイルミネーション

IMG_1043.jpg
♪ 汽笛一声新橋を~ はや我汽車は離れたりー ♪

こちらは昨日のビアライゼ'98のビール。
いよっ!ニッポンイチ!の味だ。
IMG_1042.jpg

さて、きょう一番の目的は伊東屋で来年版タイムシステムのリフィルを買うこと。

これは伊東屋さんくらいでしか売ってない。
輸入元が日本版を作成してWEB通販で販売しているのだが、もう十数年前から年末に伊東屋に買いに行っている。
丸善でも一応取り寄せできるけど、やっぱりこればかりは伊東屋で買わなくちゃダメ。
それが楽しみでもあり、マイ風物詩となっているのだ。

「手帳買う」は12月の季語となっているそうだけど、まさに自分にとってタイムシステムのリフィルを買うことが「年末」をあらわしているってわけ。

IMG_1035.jpg

これが来年版のリフィルセット。
A5サイズね。

で、これが愛用のタイムシステムバインダー。

IMG_1036.jpg

20年前に、やはり伊東屋で買った。
当時で5万円くらいした。
(今の方が少し安くなっている!)

メチャ高い買いものだったが、仕事の予定を埋め尽くし、最高の仕事をするためには最高級品を使うべきだという考えに基づき清水の舞台から飛び降りたつもりで購入。
手帳が立派でも、中身が伴わないって言われないように。

しかし、結果いまとなっては安い買い物だった。
なにしろ20年間毎日のように使っているのに全くヘタっていない。
デンマークのクラフトマンシップの賜物だ。

で、さっそく来年版をバインダーへ

IMG_1037.jpg

写真に出てるペンはロットリングの4アクション。
これもすでに15年以上愛用している。
メッキがはげて汚いが、捨てるに忍びない。

他にペンテルの0.7mmとファーバーカステルの0.5mmのシャープペンも収納している。
そしてシャープペンの芯は絶対に2Bと決めている。
一番書きやすく、消しやすい。

来年もこの手帳が真っ黒になるほど予定が詰まるといいな。

銀座4丁目
今日の月CIMG3844.jpg

まあ、とにかくクリック ↓
にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村


でも、予定の詰まり過ぎはどうよ?
休みは休めるくらい。
適度にがいいね。

テーマ:ビジネス - ジャンル:ビジネス

悲しきお父さん・・・

12月20日(日)

夜8時

娘は「M-1グランプリ」

女房殿は「JIN-仁」

じゃあ、オレはNHKの「坂の上の雲」を何で見ればいいの?

・・・・・・・・

IMG_1031.jpg

携帯のワンセグで・・・


おおおおおおおおおおおおおおおおおおおお・・・・・・・・・・・・・・・・・・

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(@_@;)


父親の威厳ゼロ!

お父さんって・・・

悲しいものですね・・・

だから、同情するならクリックしてくれ
   ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

「坂の上の雲」だけじゃないけど、この小さな国の歴史を作ってくれた熱い男たちのドラマ・・・

マジで泣ける。

M-1も大好きだけどね。

テーマ:ドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

ナイスショット!

IMG_0989.jpg

TwitterでGETした画像。

Twitter まだの方は是非。
これからはTwitterの時代か!?

フォローは このアドレス
よろしく!

クリックもね↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

世の中は変わる。
だからオレも変わる。

テーマ:ビジネス - ジャンル:ビジネス

銀座 BAR TARU 

銀座 バー TARU

CIMG3739.jpg

CIMG3742.jpg

このタイル張りの床が時代を感じさせる。

CIMG3741.jpg

今では、こんな洒落たタイルの床はできないだろう。

こんなモダンな階段を降りてゆく

CIMG3740.jpg

IMG_0906.jpg

IMG_0904.jpg


一杯目はマッカラン

IMG_0899.jpg

はじめに出てくる胡桃は揚げてある。
それに塩をまぶす。
これがものすごくウマイ。

ドライイチジクで飲むのも、この店で覚えた。

上質な時間が流れる。

IMG_0900.jpg

カウンターは巨大な一枚板だ。
一体どうやって運び込んだのだろう・・・
1953年のことなのだろう。

「このビルが壊されたら、もう運び込めないよ」
以前、マスターがボソッと言った。

名物のプレーンオムレツ。

IMG_0901.jpg

なにしろプレーンな、プレーンな、それだけのオムレツ。

他、自家製のレーズンバターは絶品。

二杯目は、樽に入ったままの「余市12年」カスク。
水を一切加える前の本チャンのウヰスキー。

IMG_0902.jpg

開発でこのビルが壊されると、この文化遺産のような店が無くなる。

「クール」も「サン・スーシー」も無くなってしまった。
先輩が後輩に、本当の酒の飲み方を教えるという習慣が無くなりつつある。


↓寂しいと思ったらクリック
にほんブログ村 経営ブログ 中小企業社長へ
にほんブログ村

だから、本物の古き良きバーで飲みたいという貴兄に。

たまには一人で。

テーマ: - ジャンル:グルメ

レッド・スター引退・・・ ありがとう!本当にありがとう!

ああ、泣ける。

突然のニュースだった。

赤星

引退

あまりにも突然だったので、まだ信じられない。

07年から頸椎椎間板ヘルニアと闘い続け、辛かったに違いない。
苦渋の決断だったであろう。

赤星のブログを読むと、彼が素晴らしい紳士であり、人格者であることが良く分かる。
しかもバカ正直に「重圧で眠れない日が続く」とか「食事が喉を通らない」などと吐露していることも。
まあ、そんなところも赤星らしかった。
盗塁の数と同じ車いすを寄付していることは有名だ。
(プロ野球の一流選手は、皆、なにかしら社会貢献してます)

あの俊足を見ることができなくなるのは悲しいなぁ。
ホントに速かった。

とにかく今は、ゆっくり休んで身体を治してほしい。

ありがとう。
レッド・スター53
その功績はタイガースの歴史に大きく刻まれた。

本当に、ありがとう!

テーマ:阪神タイガース - ジャンル:スポーツ

あのちゃんぽんを追い続けて…

ちゃんぽんが好きだ!

ちゃんぽんがタヒ好きだ。
というか、嫌いな食べ物が何もないから、食べ物は「好き」「大好き」「タヒ好き」の3種類に分類することになる。
この「タヒ好き」のタヒは、最近の若者言葉で「死」という漢字の中に存在するカタカナ2文字「タ」と「ヒ」を使用して「タヒ」=「死ぬほど」のような使い方をするものだ。
(らしい・・・)
すなわち、タヒ好きは、死ぬほど好きということになる。
用法が間違っていても気にしてはいけない。私が造った言葉だ。

先日「豚足」をバリバリ食べていたら、一緒にいたスタッフに
「よくそういうものが食べられますね」と言われた。
食べられない方がおかしいとは思うのだが、私にとって豚足は「大好き」の分類になる。
では、「好き」の分類は何かといえば野菜関係だろうか。
本来は肉だけでお腹を満たしたいが、健康のことを考えて食べているもの。
もちろん、野菜だって美味しいと思って食べているが、キャベツやピーマンは、肉と比較したらワンランクもツーランクも格下なのだ。
しかし、これがピーマン肉詰めとか、ロールキャベツになると「大好き」になるから不思議だ。

で、ちゃんぽんのハナシ。

いま八丁堀で少し豪華な弁護士事務所をプロデュースしている。
まずは、この土日と明日でパーティション工事。

IMG_0965.jpg


そして八丁堀と言えば、ちゃんぽん・皿うどんの専門店「思案橋」がある。

だから昨日、久しぶりに食べた。

ちゃんぽん

IMG_0919.jpg


美味しいし、野菜もたっぷりでボリューム満点。
しかし、ちょっとちがう…

ああ、あのちゃんぽんを食べたい…

そのちゃんぽんとは…

私が初めて本場のちゃんぽんを食べたのは、卒業して就職したばかりの頃。
三越本店との商談に行くたびに、先輩の右高さんに連れて行ってもらった日本橋の「長崎楼」だ。
長崎に行ったことは未だにないが、ここの「ちゃんぽん」と「皿うどん」は伝説である。
本当に美味しかった。
いま、二代目の長崎楼も頑張っているのだが、実際はちょっと…違う。

その味を求めて、いままで多くの店で「ちゃんぽん」と「皿うどん」を食べた。
しかし、なかなか出会うことができない。
思案橋も、もちろん本格的でかなり美味しいのだ。

だが、あの味・・・
長崎楼のちゃんぽんと皿うどん
ちょっと違うんだよ…
もう一度食べたいなぁ…

そんなことをいつも思いながら、週に一度は「長崎ちゃんぽん リンガーハット」に通い続けるのだった。
リンガーハットは、あの味であの価格。
どう考えても勲章ものだ。

余談だが、きょうも昼ごはんを食べる店を探して数人で八丁堀を歩いていたら、今日オープンというつけ麺屋さんを発見!
もちろん食べた。

IMG_0948.jpg

味はかなり濃かったが、まあまあ普通に美味しかった。
できれば、あつ盛で食べるべきだった。
あつ盛り、あるのかな?
冷たい麺に、スープが良く絡まないのよ。
その辺が良く分からないまま自販機でチケットを購入してしまった。
店名は「田多森」というのだそうだ。
何も店名が分かるものがなかったので、店員さんに聞いた。
看板その他全てが間に合わなかったのだそうだ。
準備不足でのスタートは、今後どうなるか。
テーブルの上のパチンコ屋さんをPRしたティッシューの箱は不要だろうな。
食べる気が薄れる。
パチンコ屋さんからの宣伝費ではなく、味で稼いでください。
(オーナーがパチンコ店も経営しているのか?)
それから、きょうオープンということだから敢えて苦言を呈しますが、水と食器の返却がセルフの割に金額的に高いのでは?

でもとにかく頑張ってください。
ティッシューが普通のものなったら、また行きます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

長崎楼のちゃんぽんと同じくらい、もう一度食べたいリスト

・銀座3丁目、キャバレー「白いバラ」の前にあったお多幸のおでん(特に豆腐)
・新宿南口にあった白龍のビーフン(汚い店だった)
・我が母校W高校の正門前にあった、つるやの中華丼(ここでタバコ吸ってた奴は誰だ?!)

テーマ:日記 - ジャンル:日記

師走でおわす

忘年会の季節だ。

IMG_0913.jpg

第一弾は同友会。
何かと世話になっている野田社長の「道山閣」で。

これから年末にかけて、飲み会がつづく。
ま、嫌いじゃないけどね。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

モナコ公国から勲章をいただいたのだ!

モナコ公国から勲章をいただいた。

CIMG3734.jpg

アルベール2世から、これももらった。

CIMG3736.jpg

何と書いてあるかといえば「ムッシューはモナコの文化に貢献した」とか「だからこれからもモナコのために励んでね」とか、そんな感じだろう。
しかしフランス語は「エスカルゴ」「ムニエル」「ポトフ」くらいしか知らないので詳細はわからない。

えっ?
お前が勲章をもらえる訳ないだろって?

正解!

もらったのは私ではない。
当たり前だ。
モナコに行ったこともないし、モナコも私に来てほしいと思っていない。
かの国はセレブな国だ。
そして私はただの「ちょいセデブ」だ。

勲章をいただいたのは

有限会社ビーンズのムッシュー堺社長。

「グレース・ケリー展」を企画し、日本各地の有名デパートで開催。
大きな反響を呼んだ凄腕の経営者だ。
小学校からの友人であり、経営の師でもある。
だから、堺氏がもらったということは、私がもらったも同然という三段論法が成り立つだろう。


先日、そのお祝い会を同級生とか、知り合いとかで開催した。

全員ではないけど、まあこんなメンバー。
(女性には承諾をいただいていないのでモザイクをかけさせていただきました)

CIMG3730.jpg

場所は、いつもの日本橋浜町「すし克」

これ

ああ、いつものことだけど美味い!

大間のマグロやら、カニ、カキ、アンキモ、トビウオ・・・

CIMG3732.jpg

この日は無かったが、フジツボなんかもある。
これは大間のマグロ。

CIMG3737.jpg

超~ウマイ。

堺氏とツーショット。

CIMG3729.jpg

なにしろ、おめでとう!!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

私もずっと昔、勲章をもらったことがある。
娘が幼稚園で作った父の日のための勲章・・・
ボール紙に金の折り紙が貼ってあるやつ・・・

こんなのでも、けっこう泣けた。

テーマ:ビジネス - ジャンル:ビジネス

プロフィール

辻本孝良

Author:辻本孝良
東京都中央区で会社経営してますがビジネス関係の記事はほぼありません。
山とか酒とかB級グルメとか阪神タイガースとかの、どうにもならないような記事ばっかりです。

50歳を過ぎているというのに志の低いブログでごめんなさい。

会社のサイトは 

http://www.e-crossroad.jp

Facebookは  

facebook.com/takayoshi.tsujimoto

Twitterは  

http://twitter.com/t_tsujimoto

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク