仕事後の花見は雨の中だった

昨日は仕事の終りが遅くなり、ちゃんと花見できなかった。そこで雨が降り出してきたが、きょうこそってわけで夕方から東西線で九段下に向かい千鳥ヶ淵~靖国神社で飲みというコースで花見を決行。
やっぱりこの景色は奇麗だなぁ
hori

shiro

水面すれすれの桜の枝ぶりが美しい。
雨でも千鳥ヶ淵の入口は行列だから、靖国神社に向かう。
大鳥居
両サイドに屋台が並ぶ。
torii

そして雨の中、まずはお参り。
yasukuni

ちなみに靖国神社とわが母校。
hosei

応援歌にも「御社」として靖国神社が歌われているほど近い。
ただ、私の時代はこんな高層ビルではなかったけどね。

例年だとものすごい人なのに、きょうは雨だし寒いということもあり屋根のある屋台の飲み屋さんにしか人がいない。
もちろん我々も焼き鳥の屋台へ。
こんな感じ。
tori


屋台のおじさんも含めて、ビール・焼酎・焼き鳥・おでんで盛り上がった。

ひとしきり飲んで、知る人ぞ知る夜景の絶景スポットへ。
これが夕方
shiro2

東京タワーが見える。
実はここ、便所の裏です。
で、これが夜。
yakei

カメラがイマイチだから、絶景感が伝わらないなぁ…ホントきれいなんです。
関西弁のお姉さんたちがキャーキャー言いながら「メッチャ奇麗」を連発していた。

千鳥ヶ淵の入口は、雨なのにこの行列。
iriguchi

日本人は桜が好きだね。テンションが上がる。
大和魂。

帰りはJR飯田橋駅までぶらぶら歩く。途中の西安料理「シーアン」で刀削麺を食べるためだ。
シメの刀削麺がこれ
tousyoumen


美味しい。
結局は「花より団子」

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

キターーーー!!開幕3連勝!!!!!!!!

昨日の岩田は良かった。初勝利おめでとう!そしてありがとう!
もちろんアニキの活躍も。
そして今日の福原のシャットアウトは尚良い。
いつもいつもJFKに頼るのではない勝利が必要だ。
新井も頑張ってくれている。大暴れだった。

開幕3連勝!2004年もそうだったが、その後のことは忘れて連勝を伸ばしていこう。
全部勝てるわけではないが、ひとつひとつの積み重ねだから。

開幕ダッシュ!そして今年はV奪取!

東京のあのチームは3連敗だって。
最下位チームから勝ち頭と4番打者を取っちゃったチーム。
いいぞ!ツバメ君。
でも、もし黒田を獲得していたら同じだったけどね…

テーマ:阪神タイガース - ジャンル:スポーツ

花見は結局…

年度末のバタバタも最高潮です。
でも花見はしたい!
まずは昼、事務所の近所の「さくら通り」
ここばっかりだけど…他に行けないんだから仕方ない。
hiru

こんなビルの谷間にも桜は咲くのだ。

日中は目一杯仕事して、本来であれば早々に千鳥ヶ淵から靖国神社あたりで花見&屋台で一杯という予定だったのだが、私をはじめスタッフのスケジュール調整がつかず、結局は9時ごろまで仕事。
千鳥ヶ淵も、上野の森でさえ遅いよー
で、結局は近場で花見ということになる。
八重洲の「さくら通り」祭り。
1249

それでも結構いいね。
1250

「雪だるま」や「雪の灯篭」もある。
1255


夜桜っていいね。
朧月もいいけど、こんなビルとの対比もね。

冬が終われば春が来る。
そして必ず桜は咲く。

う~ん、そういうことなんだ。

自分に言いきかせる。

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

球春来る。開幕戦を制す!

このところ夜の11時12時頃まで事務所にいることが多いので、きょうは少し早めに終わらせる。
八重洲のさくら通りでライトアップとお祭りが始まるし、きょうからセ・リーグも開幕だしね。
わがタイガースの初戦の相手はベイだ。

事務所を出て、東京駅の八重洲北口に向かって歩く。
丸善を過ぎたあたりから桜がライトアップされてきれいだ。

gt


そして「さくら通り」は車を通行止めにして、お花見宴会場になっていた。
会社帰りのサラリーマンやOLが桜のトンネルの下にシートを敷いて酒盛りしてる。
屋台も出ている。
hana

ハイネケンがPRを兼ねた店を出しているので、私も一杯…二杯…

しかし、ゆっくりはしていられない。試合の結果も気になる。携帯のニュースで見た情報では8回までは4対2で勝っているようだ。
帰って早速スポーツニュースをチェック!

アニキだ!そして今岡だ!
安藤が粘り、締めはもちろんJFK。
これぞタイガースのカタチ。
えっ!?昨年と変わらないって?藤川ちょっと危なかった?先発投手が不安?
いーの、いーのきょうは。お祭りなんだから。大丈夫。
大きく考えなくちゃ、大きく!
移籍の新井にもヒットが出たし、なにより今岡のタイムリーは最高。
4年ぶりの開幕戦勝利。
今年もトラに一喜一憂する季節の到来ってことだな。
春爛漫。

テーマ:阪神タイガース - ジャンル:スポーツ

花見したいね

花見をしながらのんびり散歩でもしたい・・・

kirisiki


しかし事務機屋は年度末が稼ぎ時。
毎年そうなんだけど、なかなか花見ができない。
明日は仕事の後、なんとか少しでもこの春を楽しみたいものだなぁ・・・

この写真がどこの桜だかわかる人は相当な「さいたま市中央区民」か「大宮区桜木町民」だろーなー

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

さくら通信

きょうの「さくら通り」in日本橋。
暖かかったからかな、もう満開だ。
sakuradoori3


敷島の大和心を人問はば 朝日に匂う山桜花  本居宣長

日本人の心だなぁ・・・
花は桜木 人は武士 
オフィス複合機のことならクロスロード!

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

花は桜木

昨日の夜の八重洲さくら通り。
仕事帰りの1枚。
バックはグランスタ東京ノースタワー
sakuradori1


もうすぐ満開だ
sakuradori2


願わくは 
花の下にて春死なむ
その如月の望月のころ

西行

テーマ:雑記 - ジャンル:ブログ

八重洲 日本橋 茅場町 さくら通り

事務所のすぐそばに「さくら通り」がある。
八重洲北口から日本橋の丸善、高島屋を通り、昭和通りを抜けてタケダビル(武田薬品)から茅場町まで続いている。その名のとおり、桜並木の美しい通りだ。東京のど真ん中にある桜の名所。満開のころ車で通れば桜のトンネルになっている。
その「さくら通り」の桜も咲き出した。
sakuradoori


少し癒されます。

忙中閑あり

日比谷公園は都会のオアシス

昨日23日は西新橋でパーテーション工事に立ち会う。
しかし朝のうちにスミ出しして、指示をしてしまうと後の施工は職人さんにお任せするしかない。
となると少しだけ暇ができる。
で、西新橋にほど近い日比谷公園まで内幸町経由でぶらぶら歩いてみた。桜がどんな感じか見てみようと思ったのだ。

日比谷花壇さん
hibiya1

なんだかヨーロッパみたい。
日比谷公園はやっぱりいい。
夏にはビアガーデンも素晴らしい。
蚊取り線香の匂いと夜景で飲む生ビール。

噴水の水も一様ではなく時間ごとに変化する

hibiya2
hibiya3

後ろは帝国ホテルだ。

hibiya4


この景色を見るたびに映画のテーマ曲「トゥー・ラブ・アゲイン」を口ずさんでしまう。
原曲はショパンの「ノクターン作品9の2」だ。肝心の映画名は忘れた…なんだっけ?誰か教えて。タイロン・パワーが主役だった。有名なピアニストの役。そのピアニスト名も・・・

さて桜だ。
まだまだ咲いていないだろうと思っていたら、そこそこ咲いている。
左は寒緋桜、右がソメイヨシノ

hibiya5


春だなー
花見の季節だ。

あ、でも仕事中だった。
戻って仕事しなくちゃ。
涙が出るのは花粉のせいだけじゃないわけよ。
事務機屋もつらいよ。
優雅に花見したい…

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

大宮のジレンマ

レッズのサポーターが集う居酒屋として有名な「力」(RIKI)は当然のことながら浦和にある。しかし、大宮駅西口前にも「力」がある。
20日の春分の日、仕事帰りは大宮のRIKIで飲む。
決して非常に美味しいわけではないが、B級グルメ好きな私としては「力」の「白もつ」は噛みきれないような弾力があって、これが旨い。
rikiyaki

ビールはもちろん、ホッピーとも相性抜群。

ところで、大宮にはアルディージャがある。
浦和レッズ・サポーターの店がアルディージャの本拠地 大宮にもあるわけだ。

埼玉県民ではない方にはわかりにくいかもしれないが、浦和と大宮は同じさいたま市だ。昔は浦和市と大宮市だったのだが、合併して一つになった。いまは大宮区と浦和区という区名に名を残す。
そもそも私が育った浦和は「文教都市」だと自負している人が多い。実際、東大に公立高校としては日本一の合格者を出す浦和高校をはじめ、数々の有名進学校がある。ちなみに私には全く関係ねーが…
そして大宮は「商業都市」だ。北関東の玄関として街自体が大きい。浦和が県庁所在地なのに、大宮の方が大きいし新幹線だって大宮には停車するが浦和はフル無視だ。
最近でこそ浦和にはPARCOができたが、以前は伊勢丹しかなかった。大宮には大きなそごうをはじめ、高島屋と西武(現在はLOFT)がある。
浦和は大宮をすこし野暮と見ている節もあるし、大宮は大宮で特急も停まらないようなダサい街と思ったりしている。まあ、はっきり言って大差はないのだが。
まあ、こんな風にある程度の対抗意識をもって争ってきたわけだ。

しかし大宮の「力」にはレッズファンの店であり、大宮で商いをしているというジレンマがある。
これが証拠写真
al

店内の装飾は基本的にレッズだ。しかし、一角にはちゃんとアルディージャのコーナーがある。

商売っていうのは、そういうものなのさ。

私はレッズのサポーターでもアルディージャのサポーターでもない。
どちらも応援しているが、いまは日本にいないけどジーコのファンだ。
(他にもファンの選手はたくさんいるけど…ヨハン・クライフ、ジョージ・ベスト…古いな)

ホッピーを何杯飲んだかなー
「焼きさんま」も食べた。
冷凍なのだろうけど美味しいよ。
で、私は浦和で上品に育ったので魚はこのように美しく食べます。
sanma

以前のことだが鰯の専門店で女将に「これほど奇麗に食べる人は最近少なくなった」とほめられた。


テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

こんな日はハリー・ジェームズを聴く!

雨… そして春の直前というこの季節感…

明日は一般的には休みだけど、自分は朝から仕事…
でも、きょうは仕事をちょいと放棄して早く帰り、早々に飲む…

軽妙洒脱でリッチな気分になれるのはやっぱりスウィング。
そして、こんな日はハリー・ジェームズ楽団だ!

これ。「イン・ハイファイ」
CD2枚組もあるけれど、レコードがいいのよ。
HarryJames


「スリーピー・ラグーン」なんていう代表曲も入っている。
もちろん素晴らしい。洗練されているしゴージャスな気分になる。
「クライ・フォー・ユー」「チリビリビン」もいい。
しかし好きなのは「ロング・ロング・タイム」
ビング・クロスビーも歌っているし、多くのジャズメンが演奏しているスタンダード。
ハリーのソロが凄い。もしかしたらトランペットで「突き抜ける」演奏をした最初の曲じゃないの?と思ってしまうわけ。

友人知人にハリー・ジェームズ楽団はいいよ!なんて言っても誰も知らないけれど、だまされたと思って聴いてみてよ。
シンプル・ゴージャス・メロディアス!
思索に耽るでもなく、軽く明るく飲みたいならハリー・ジェームズ・オーケストラね!
シナトラだってここにいたんだぜ。


テーマ:♪音楽に触れて幸せな時 - ジャンル:音楽

春になると 竹内まりや を聴きたくなる

春になると竹内まりやの「色ホワイトブレンド」と「不思議なピーチパイ」と「FLY AWAY」を聴きたくなる。
紅白の梅

それから竹内まりや以外だとビーチ・ボーイズの「プリーズ・レット・ミー・ワンダー」とジョン・デンバーの「ロッキー・マウンテン・ハイ」とベートーベンの交響曲6番「田園」も聴きたくなる。脈絡は無い。

そして、もうすこしして初夏になるとやっぱり竹内まりやの「ドリーム・オブ・ユー」だ。
ずっと昔からの大ファンなのだ。

テーマ:お気に入り&好きな音楽 - ジャンル:音楽

惻隠の情

さて、きょうは仕事の後、誘われるままに日本橋の焼き鳥屋さんで一杯。
その帰りの電車内の出来事。
眠っている2歳~3歳くらいの子供をだっこした若いお父さんが、重そうに顔をゆがめて立っていた。奥さんは側でたくさんの荷物を持っている。
私は少し遠い所に座っていた。そのお父さんのすぐそばには若い高校生くらいの女の子たちや、20代くらいの男女が座っている。しかし、誰も譲らないんだよね。最近、本当にみんな見事に席を譲らない。混雑する電車でも優先席に我が物顔で座っている10代20代が多い。もちろん、礼節をわきまえた普通の若者もいる。しかし、とても少なくなっているのではないだろうか?こんな風に思うのって年寄りになったってことなのかなぁ?
それで、私がそのお父さんのところまで行って「あの席にどうぞ」と譲る。
「どうもすみません」と若いお父さん。
「ありがとうございます」と若いお母さん。
その後お父さんは席に座ったが、お母さんが荷物を置いて戻って言うには
「本当に助かりました、私たちは赤羽までですがどちらまでですか?」
「ええ、もう少し先ですけど大丈夫ですよ」と私。
「では赤羽に着くときにはまた席にきてくださいね」
「いえいえ、本当に大丈夫ですよ」
「でも、赤羽で降りますから」
「ああ、じゃあその時に混んでなければ…」
まあ、そんなやりとりをしていた。
なんだか、こっぱずかしい。
そんな状況を打破するために「子育ては大変でしょう?」などと、ありきたりの質問で話をそらす。
するとそのお母さんは「お子さんはいらっしゃるんですか?」と食いついてきた。
「ええ、うちのはもう大きいですけどね。今は子育て大変でしょうけど、喜びが段々と大きくなるんですよ」などと、わかった風なことを言っている私…
「そうなんでしょうか?なんだか自信をなくすこともあったりするんですよ…」
やばい!俺はそんなカウンセリングをできるような子育てしてないし、意見なんて言えた義理じゃない。しかもほろ酔いだよー
「そうですか…でも、ゆっくりあせらないことですよ」
ほー、よく言うなオレ。
「そうなんでしょうか…」とお母さん。

まあ、とにかく話はぐるぐるまわり、紆余曲折はあったもののいつのまにか電車は赤羽に到着。
お父さんにも、もちろんお母さんにも丁重にお礼を言われ、かえって恐縮して「さよなら、おやすみなさい」とか言ってる私。
ああ、なんだかすごくこっぱずかしいけれど、悪い気はしない。すごく良いことをしたわけじゃないけど、誰かに感謝されることはうれしいことだ。

席を譲れば気持ちがいい。それは絶対に間違いない。かっこつけてるわけじゃない。人間道徳の基本だよ。若者は席を譲れ!というか混雑している電車では、そもそも優先席に平気な顔で座るなよ。考えてみてくれよ。
そして席を譲れば友達が増えるかもしれないよ。

新渡戸稲造の「武士道」がこの数年でまた脚光を浴びているけれど、私はずっと以前(20年ほど前だろうか)から学校の道徳の授業はこの本で行うべきだと思っていた。
藤原正彦さんの「国家の品格」にもあるとおり「惻隠の情」を失ってしまったら人間はおしまいだ。
そういえば「美しい国 日本」はどうなったんだっけ?元総理・・・アイム・ソーリー???

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

錦豊琳かりんとうの報告PART2

そうそう、錦豊琳のかりんとうの追伸です。

「きび砂糖」 これって普通のかりんとうじゃないの?甘くておいしいけど。
「ねぎ味噌」 おー、ねぎ味噌。けっこうハマるかも。おいしい。 

これで3種類いただきました。
「きんぴら」味も「ねぎ味噌」味もおいしいのですが、かりんとうじゃない方が好きだな。
酒の肴になる方がね。

テーマ:おいしい店紹介 - ジャンル:グルメ

こう見えて花粉症です。

きょうは暖かい一日でした。
しかし仕事だー
港区でパーテーション工事が1件、それから埼玉県川越市でビジネスホンとLAN工事が1件…かけもちだよー
しかも電車で移動。花粉がバンバン飛んでいる。涙涙…くしゃみくしゃみ…鼻水鼻水…
目がかゆい。いつまで続くのだろう。ゴールデンウィーク頃までか?毎年のことだけど、もう勘弁してくれー
飲み薬と目薬でしのいでいます。
解決方法は…高山に行けばいい。まだ冬のアルプスや残雪の山々へ!

無理だな。休めない。

テーマ:雑記 - ジャンル:ブログ

ついにゲット!日本橋錦豊琳のかりんとう

バレンタインデーのお返しには毎年けっこう悩まされる。義理チョコだからといって、あまりにもそれなりでは男もすたる。
昨年は草月の「黒松」だった。一昨年は確か浦和の銘菓「白鷺宝」だったような…
和菓子が続いたわけだ。
そして今年も和菓子で日本橋錦豊琳の「かりんとう」にしようと決めた。
なぜならばいつもいつも行列ができているし、食べたことがある人は皆「とてもおいしい」「めずらしい味でクセになる」と言っているからだ。
実を言うと数日前までは、かりんとうごときに並ぶなんてありえないと思っていたのだが…あの行列と評判に負けました。
なにしろ喜んでいただけることが大切なのです。

で、きょうの夕方グランスタ東京へ
これがお店。
nishiki1

なーんだ、たいした行列じゃないじゃん・・・と思ったら大間違いです。
行列はこちら
nishiki2

「銀の鈴」の方に行列するわけ。
近隣のお店の迷惑にならないようにしているのだろう。

既に3個入り、6個入り、9個入りという箱のセットは売り切れ。バラ売りのみ。しかも1人12袋まで。しまった!誰か連れてくるべきだったが後の祭り。
並んでいる間に何を買うか、配布された小さな写真入りお品書きで品定め。
ある人は「きんぴら」が美味しいというし、ある人は「黒糖」ある人は「野菜」が不思議においしいと…
あー わからない わからない。
そこで、行列を整理している係りのおじさんに聞いた。

まずは「きび砂糖」 これは黒糖の上に更にきび砂糖をまぶしてあるから美味しいよと教えてもらう。
次は「ねぎ味噌」とか「十穀」あたりが人気だという。
うーん、結局悩む。
最終的に自分の趣味と人の意見を総合して「きび砂糖」「ねぎ味噌」「きんぴら」を4パックづつにする。
これね。
karintou

やっと手に入れた。
評判のかりんとう。
でも全く足りません。2月14日にたくさんチョコをもらったわけではないけど一人に1袋なんてわけにもいかないし、自分でも食べたいし。
明日も並ぶか、または違うもの買わなくちゃな。

きょう「きんぴら」だけ食べてみた。
ほー、確かに美味しいです!
他の味は、また報告しますね。

テーマ:これは美味い!! - ジャンル:グルメ

中目黒 百麺(パイメンと読むらしい)

徒歩で通るにしても車で通るにしても、中目黒の山手通りにある「百麺」が気にはなっていた。本店が世田谷通りの東京農大となりにある評判の店。昼頃に通りかかるといつも混んでいた。
きょうは、たまたま遅い時間に青葉台で仕事があって7時頃に「百麺」前を通ったので夜ご飯を食べることにする。
このところの忙しさで、自宅で夕飯をたべてないな~・・・
さて、この店の看板には「旨いよ、食べて!」的な表現がおどり「これがラーメンの結論」とまで書いてある。それならば食べてみなければいけないだろう。
これが看板
paimen


さて店に入って券売機で食券を買う。
初めてなので良く分からないが、スタンダードな「太麺」650円にした。
ラーメン650円が安いとは言わないが、他のちょっとした有名店や評判の店よりは良心的かな。
で、これが太麺
hutomen

まずはスープをグビ、、、、おお、、、豚骨醤油。
わずかな獣臭はむしろいい。味は旨い。
しかし、脂がかなり多い。鶏の脂らしいが粘りが出るほどだ。
若者にはいいかも。こってり系好きにはね。しかしオジサンはもう少しさっぱりがいいな。
そして残念ながら量が少ない。650円の訳は量なのかな?
でもこれは大丈夫だった。替え玉100円はグッド。これは細麺でいただいた。満腹。
まずまず美味しかったです。
しめて750円。まあ、そんなもんかな。
とても暖かい日だったので大汗かいた。
目黒川沿いの桜が咲くのももうすぐだ。

テーマ:雑記 - ジャンル:ブログ

コピー機複合機はリースが得?買取が得?

コピー機、複合機を導入する際、リースと買取りはどちらが得(良い)ですか?」という問合せがとても多いですね。年度末ということも影響しているのかな?
答えはこのページをご覧ください。

テーマ:ビジネス - ジャンル:ビジネス

景信山の景信小屋でごはんを食べよう

週末、なんとなく仕事が片付いてきた。
時間が少し空きそうだ。
しかし、また月曜日からは忙しくなる。
よし、今だ!明日、山に行くぞ!
とはいえ帰宅も遅かったので、ゆっくり出発できる山は…

そうだ、景信山でごはんを食べよう!

というわけで、朝ゆっくり出発しJR高尾駅からバスで小仏へ。
そこから景信山へは、かなりのスローペースでも1時間だ。

そして景信小屋で「なめこうどん」と「野草山菜の天ぷら」をいただく。
景信小屋ごはん

天ぷらは必須。ご主人の青木さんが登山途中で摘んだ山菜や野草だ。この時期はあまり材料がないと言っていたが、どうしてどうして。いつも本当に美味しい天ぷらを出してくれる。
その素朴な味、本物の材料、とびきりの笑顔、素晴らしい景色で天ぷらの高級店を凌駕する。
他のメニューだって全て手作りだ。この日、残念ながら富士山は見えなかったけど…

おにぎりなんかを持ってきた時は「なめこ汁」がいい。でも持ってなければ「けんちんうどん」か「なめこうどん」だ。旨い。あったかい。そして温もる。
店主の青木さんのアルバムを見せていただき、昭和6年の開業当初の木が無い景信山頂の写真やお父さんの写真で盛り上がる。
このような「語らい」や「出会い」こそ山ごはんの醍醐味だ。
美味しかったなー、本当に素朴なごはん。また来たくなる。
おつまみ200円も買った。これはお酒を注文すると出てくる「おつまみ」
山行中は飲まないのがポリシーなので、これは買うわけ。

ご主人に「これからどっち?陣馬?」と訊かれたが、城山経由で相模湖へと答える。
その通り、城山から千良木へ。
短い行程だったけど、どこにも行かないよりはトレーニングになったかなぁ。

でも消費したカロリーより下山後に飲んで食べたカロリーの方が多いのは明らかだ。

山は…
山ごはんは…
美味しすぎるのだ…
上でも下でも…

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

プロフィール

辻本孝良

Author:辻本孝良
東京都中央区で会社経営してますがビジネス関係の記事はほぼありません。
山とか酒とかB級グルメとか阪神タイガースとかの、どうにもならないような記事ばっかりです。

50歳を過ぎているというのに志の低いブログでごめんなさい。

会社のサイトは 

http://www.e-crossroad.jp

Facebookは  

facebook.com/takayoshi.tsujimoto

Twitterは  

http://twitter.com/t_tsujimoto

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク